キュービーネットの企業分析_売上・営利・純利益など

10分1,000円の床屋(QB HOUSE)を展開しているキュービーネットの決算公告です。

1995年創業の会社で、リーズナブルな価格で短い時間でカットをしてもらえることもあり、テレビなどでも話題になりました。
私も会社の近くにあるので、利用したことがあります。10分程度でカット終了となりますので美容院などとクオリティの比較はできませんが、思っていたよりもまともだった記憶があります。

キュービーネットの業績

決算期 売上
[億円]
粗利
[億円]
営利
[億円]
経常利益
[億円]
当期純利益
[億円]
粗利率 営利率 経常
利益率
当期
純利益率
2015年6月 (8ヶ月) 11.5 2.6 -0.7 -2.3 -6.7 22% -6% -20% -58%
2015年6月 (12ヶ月換算) 17.3 3.9 -1.1 -3.4 -10.0 22% -6% -20% -58%
流動資産
[億円]
固定資産
[億円]
総資産
[億円]
流動負債
[億円]
固定負債
[億円]
株主資本
[億円]
利益剰余金
[億円]
株主資本
比率
ROE ROA
24.06 190.01 214.07 20.86 140.09 53.11 -6.88 24.8% -12.6% -3.1%

損益計算書については、今回8ヶ月(14年10月~15年6月)ですので、参考値として12ヶ月換算(毎月平準化したとして「1.5」掛けたもの)も記載しておきました。

また会社概要によると、年間の来客者数が1,464万人(国内 2014年6月)、店舗数が480店舗とのことです。
この数値から客単価を出そうと思ったのですが、計算すると118円となってしまって、桁が1つ違う気がします。
昨年度の中途採用のDUDAの求人票によると、売上高128億円(2013年6月期)とのことですので、一部しか記載されていないようです。

15年6月期の数値は不明確な点が多いので、13年6月期の数値を分析してみました。

2013年6月期 備考
売上[億円] 128 DUDA求人票(2014/04/30)より
店舗数[店] 463 会社概要より
店舗当たり売上[万円/年・店] 2,765
来客者数[千人] 14,064 会社概要より
客単価[円/人] 910
従業員数[人] 830 DUDA求人票より(2014年3月末時点)
従業員当たり売上[万円/人] 1,542

2年前の数値ですが、店舗当たりの売上が2,700万円、客単価910円(ここはちょっと怪しいですね)、従業員あたりの売上が1,542万円となりました。
今年の粗利率が22%ですので、2年前も同水準と考えると従業員あたりの粗利は345万円となります。
これだと、人件費だけで赤字になってしまうので、あまり現実的な数値ではなさそうです(おそらく参考値とした今年の粗利率22%が実際より低すぎるかと)

普段目にする企業の業績がわかるといろんなことを考えられるので楽しいですね!

キュービーネット_20151005

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

2016/11/05 官報_決算公告

同じカテゴリの記事

oreno_logo

俺の株式会社の企業分析_純利益・ROE・ROAなど

「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」で有名な俺の株式会社の決算公告です。 創業者の坂本孝氏はBOOK OFFの創業者でもあり、著書も発売されました。 俺の株式会社 決算期 当期純利益 [億円] …

kodansha_logo

講談社の企業分析_売上・営利・純利益など

国内大手出版社の講談社の決算公告です。 少年向けには少年マガジンやアフタヌーン、少女向けになかよしなどを出版していますね。 高校の頃にブルーバックスの本を読みあさっていたので思い入れのある出版社の中の一つです。 株式会…

ginga_logo

銀河高原ビールの企業分析_純利益・ROE・ROAなど

ビール好きの方は聞いたことがある銀河高原ビール。 決算公告が出ていたので見て行きましょう。 株式会社 銀河高原ビール 平成27年2月2日 第21期決算公告 利益剰余金 -6,191万円 うち当期純利益 6,064万円 …

radishbo-ya_logo

らでぃっしゅぼーやの企業分析_売上・営利・純利益など

有機野菜や無添加食品などの通販を行っているらでぃっしゅぼーやの決算公告です。 現在はNTTドコモが90%の株式を保有しています。 今回はらでぃっしゅぼーやの業績だけではなく、同業他社のオイシックスの業績と比較しながら見て…

tatsunoko_logo

タツノコプロの企業分析_純利益・ROE・ROAなど

アニメ制作会社のタツノコプロの決算公告です。 タツノコプロは1970~1980年代にかけて、「ガッチャマン」や「新造人間キャシャーン」などのアニメーションの製作に関わっていますが、ここ最近は目立った代表作は見当たらないよう…

  就活体験記記入キャンペーン