IR情報からみるMRIの企業分析

コンサル、シンクタンク、SIerの顔を持つMRI(三菱総合研究所)について
会社全体の情報をはじめ、セグメント別情報からビジネスモデルを推測する。

※情報は2014年3月現在のものであり、今後変化する可能性があります。
また、情報は正確を期しておりますが、誤記載などの可能性もありますので、予めご了承ください。

企業概要

MRI(三菱総合研究所)_IR

※「1人あたり付加価値」を「粗利/従業員数」で計算しているため値は正確なものではない。

会社全体の売上は750億円、連結従業員は3,400人の大企業である。 売上高はコンスタントに700億を超えており、安定している。

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

2016/04/17 企業分析 ,

同じカテゴリの記事

プロサッカークラブの業界分析_売上・営利・純利益など

今回はJリーグの各プロサッカークラブについて、サッカーのフィールドから離れて経営業績で比較していきましょう。 決算告示がなされているのは、ガンバ大阪、鹿島アントラーズ、横浜Fマリノス、サンフレッチェ広島、FC東京、名古屋グ…

IR情報からみるDeNAの企業分析

就職活動における新御三家と呼ばれるソーシャルゲームのDeNAについて、IR情報から企業分析をする。 業績概要 DeNA業績(連結) 決算期 売上 粗利 営利 粗利率 営利率 決算対象 売上…

IR情報からみるリクルートの企業分析

人材派遣、人材募集、マーケティングの事業を展開するリクルートについてIR情報から企業分析をしていきましょう。 1. リクルートの業績推移 まずはリクルートホールディングスの業績の推移を見てみましょう。10年前は売上が4,00…

IR情報からみる三菱商事の企業分析

総合商社に売上首位のの三菱商事についてIR情報から企業分析をしていきましょう。 巷では、商社は配属リスクがある、入社したら一生安泰といったイメージがありますが、それらについてホントなのか検証してきましょう。 三井物産…

家具業界の企業分析|大塚家具低迷の原因を探る

大塚家具の経営方針を巡っての経営権争いが加熱していますが、今回は家具業界のビジネスの傾向と各企業の分析を進めていきたいと思います。 今回の騒動の経緯 大塚家具の創業者で現会長の大塚勝久氏と勝久氏の娘の大塚久美子氏の経営方針の…

  長期インターンシップ
  就活体験記記入キャンペーン