プロサッカークラブの業界分析_売上・営利・純利益など

今回はJリーグの各プロサッカークラブについて、サッカーのフィールドから離れて経営業績で比較していきましょう。

決算告示がなされているのは、ガンバ大阪、鹿島アントラーズ、横浜Fマリノス、サンフレッチェ広島、FC東京、名古屋グランパスエイト、アルビレックス新潟、清水エスパルス、ジェフユナイテッド千葉、9チームになります。(他チームも告示されていましたらお知らせいただけると幸いです!)

プロサッカークラブの業績比較

各クラブの業績をまとめました。

2014年
順位
決算期 売上
[億円]
粗利
[億円]
営利
[億円]
経常利益
[億円]
当期純利益
[億円]
粗利率 営利率 経常
利益率
当期
純利益率
ガンバ大阪 1位(J1) 2014年12月 0.41
鹿島アントラーズ 3位(J1) 2015年1月 40.03 12.11 0.28 0.26 0.21 30.25 0.70 0.65 0.52
横浜F・マリノス 7位(J1) 2014年12月 1.78
サンフレッチェ
広島
8位(J1) 2015年1月 1.22
FC東京 9位(J1) 2014年12月 38.59 0.37 0.23 0.05 0.96% 0.60% 0.12%
名古屋
グランパスエイト
10位(J1) 2014年12月 0.23
アルビレックス
新潟
12位(J1) 2014年12月 27.47 1.31 -1.04 0.41 0.10 4.77% -3.79% 1.49% 0.36%
清水エスパルス 15位(J1) 2015年1月 32.48 6.16 0.47 0.58 0.02 18.97% 1.45% 1.79% 0.06%
ジェフ
ユナイテッド
3位(J2) 2014年12月 -0.90

 

総資産
[億円]
株主資本
[億円]
利益剰余金
[億円]
株主資本
比率
ROE ROA
ガンバ大阪 14.79 2.10 2.00 14.2% 19.4% 2.7%
鹿島アントラーズ 21.86 16.11 -1.05 73.7% 1.3% 1.0%
横浜F・マリノス 15.16 0.01 -0.98 0.0% 28381.0% 11.7%
サンフレッチェ広島 12.02 7.47 4.75 62.1% 16.3% 10.1%
FC東京 18.08 14.29 3.37 79.0% 0.3% 0.3%
名古屋グランパスエイト 4.22 0.04 -3.62 0.9% 621.6% 5.5%
アルビレックス新潟 11.21 4.65 -2.47 41.5% 2.2% 0.9%
清水エスパルス 10.15 4.99 -0.50 49.2% 0.4% 0.2%
ジェフユナイテッド 13.14 4.50 -4.30 34.3% -20.0% -6.8%

 

サッカーの試合の外でも面白い競争が繰り広げられていますね。

ジェフ以外のチームはなんとか当期純利益は黒字を保っていますが、それでも利益額はほんの微々たるものです。
FC東京においては営利率が0.96%と卸売業をしているような数値。

また、利益剰余金については、ガンバ大阪、サンフレッチェ広島、FC東京の3チーム以外は皆マイナスとなっており、とくに横浜マリノスに至っては株主資本が62.7万円と債務超過一歩手前になっています(当期純利益で1.7億円でているので、正確には債務超過から今期脱したという言い方が正しいかもしれません)

Jリーグ関連企業

Jリーグ主催側の関連企業をみてみましょう。
決算公告には、株式会社Jリーグメディアプロモーション、ジェイリーグフォト株式会社、ジェイリーグエンタープライズ株式会社の3社の決算告示が掲載されていました。

Jリーグメディアプロモーションは、Jリーグの試合映像の制作、管理、販売を
ジェイリーグフォトは、Jリーグの試合写真の撮影、管理、販売を
ジェイリーグエンタープライズは、菓子・飲料・雑貨などの商品に対するライセンスの管理を

している企業です。

決算期 当期純利益
[億円]
総資産
[億円]
株主資本
[億円]
利益剰余金
[億円]
株主資本
比率
ROE ROA
Jリーグメディア
プロモーション
2015年1月 0.95 14.85 10.77 10.47 72.5% 8.8% 6.4%
ジェイリーグフォト 2015年1月 0.23 7.12 6.64 6.34 93.3% 3.4% 3.2%
ジェイリーグ
エンタープライズ
2015年1月 1.36 24.84 17.62 17.26 70.9% 7.7% 5.5%

 

サッカーチームのROAの平均が3.1%なのに対し、これらのJリーグ関連企業は5.0%と高い数字となっています。
また、いずれも利益剰余金が異様に大きく、株主資本の大半を占めています。(ライセンス管理企業なので、コストはほとんどかからず、毎年一定の需要があるためチャリンチャリンお金が入ってくる仕組みです)

 

Appendix_各チームの業績

ガンバ大阪_20150417

横浜マリノス_20150427

東京フットボールクラブ_20150427

名古屋グランパスエイト_20150417

アルビレックス新潟_20150417

ジェフユナイテッド_20150427

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

2016/04/13 企業分析 ,

同じカテゴリの記事

IR情報からみるリクルートの企業分析

人材派遣、人材募集、マーケティングの事業を展開するリクルートについてIR情報から企業分析をしていきましょう。 1. リクルートの業績推移 まずはリクルートホールディングスの業績の推移を見てみましょう。10年前は売上が4,00…

プロ野球チームの業界分析_純利益・ROE・ROAなど

今回は各プロ野球チームについて、球場から離れて経営業績で比較していきましょう。 決算告示がなされているのは、広島東洋カープ、横浜DeNAベイスターズ、東京ヤクルトスワローズ、北海道日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズ…

IR情報からみる三井物産の企業分析

財閥系総合商社の三井物産についてIR情報から企業分析をしていきましょう。 IR情報を読み解くことで、新卒採用向けの情報には記載されていない配属の可能性やどの事業部が付加価値を生み出しているのかが見えてきます。 三井物産の…

キャッシュフローマトリクスの読み解き方~企業を変遷を知る

企業の財務3表の1つキャッシュフロー(CF)は、売上・利益といったイメージしやすいPL(損益計算書)に比べてなんだかとっつきにくいイメージがあります。 しかし、キャッシュフローは企業のお金の流れをダイレクトに見ることができる非…

リアルワールドの企業分析 _売上・営利・純利益など

新規上場ベンチャーの「リアルワールド」の業績について ※数値には万全を期しておりますが、誤記載などの可能性がありますので、投資などの意思決定をする際は元データをご参照ください。 http://www.jpx.co.jp/list…

  長期インターンシップ
  就活体験記記入キャンペーン