未上場企業の分析

ベンチャー企業を見ている方は多くの企業が上場しておらずIR情報などから企業分析ができない場合が多い、
ただし、帝国データバンクなどを利用することで各種データを取得することができるので、是非参考にしてほしい。

帝国データバンクからのデータ取得手順

  1.  帝国データバンクにアクセスする
    http://www.tdb.co.jp/index.html
  2. 右上の検索ボックスで企業名を入力して検索する。
  3. 該当の企業が表示されるので購入画面に進む。
    1企業480円でデータが取得できる。
    クレジットカードでの支払いが必須のため、クレジットカードを持っていない人は親に頼むなり、友人に頼むなりしてみよう。

 

入手できるデータとしては

「資本金」「従業員数」「得意先」「系列」「代表者」「決算期」「売上高」「利益」「自己資本」
http://www.tdb.co.jp/pdf/samp_c2p.pdf

また帝国データバンクで表示されている「利益」とは「税引後当期利益」のため、営業利益を見たい場合は0.5~0.6で割り戻して推定するとよい。

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

同じカテゴリの記事

IR情報からみるリクルートの企業分析

人材派遣、人材募集、マーケティングの事業を展開するリクルートについてIR情報から企業分析をしていきましょう。 1. リクルートの業績推移 まずはリクルートホールディングスの業績の推移を見てみましょう。10年前は売上が4,00…

IR情報からみる三菱商事の企業分析

総合商社に売上首位のの三菱商事についてIR情報から企業分析をしていきましょう。 巷では、商社は配属リスクがある、入社したら一生安泰といったイメージがありますが、それらについてホントなのか検証してきましょう。 三井物産…

三井物産の人事制度~求められる能力と昇進の条件を知る

財閥系総合商社の三井物産の人事制度についてご紹介。企業における詳細な人事制度は採用HPなどには記載されていませんが、人事の専門書などを読むと、人事制度の例としてより詳しく知ることができます。 みなさんは就活生ですので、詳細…

IR情報からみるMRIの企業分析

コンサル、シンクタンク、SIerの顔を持つMRI(三菱総合研究所)について 会社全体の情報をはじめ、セグメント別情報からビジネスモデルを推測する。 ※情報は2014年3月現在のものであり、今後変化する可能性があります。 …

IR情報からみる三井物産の企業分析

財閥系総合商社の三井物産についてIR情報から企業分析をしていきましょう。 IR情報を読み解くことで、新卒採用向けの情報には記載されていない配属の可能性やどの事業部が付加価値を生み出しているのかが見えてきます。 三井物産の…

  就活体験記記入キャンペーン