アマゾンジャパン(Amazon Japan)
アマゾンジャパン(Amazon Japan)

IT・通信業界/ネット

【18卒インターン】アマゾンジャパン(Amazon Japan)のES・面接の選考体験記 夏インターン2日間

アマゾンジャパン(Amazon Japan)の18卒インターン選考(文系総合職サマーインターン)について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。
「Amazonと楽天という2大ECサイトがあり、その中で何故Amazonを選ぶのかを前面に出して志望理由を書いた。普段からAmazonを利用しているので、そのサービスの魅力と志望理由を絡めて書いた。 」との情報が集まっています。

協力いただいた方の情報

卒業年度 18卒
大学所在地 東京都
大学名 慶應義塾大学
文理 文系
学部 環境情報学部
性別
TOEIC点数 850点
志望業界・企業 総合商社
選考フェーズ インターン参加

インターン概要

企業名 アマゾンジャパン(Amazon Japan)
インターン名称 文系総合職サマーインターン
インターン日数 2日
開催時期 16年の9月7~8日
インターン報酬 なし

選考フロー

選考フロー エントリーシート→ウェブテスト→インターン参加

ES

ESの設問 ◯300字以内 自身の成功体験について

◯300字以内 自身の苦労体験について

◯500字以内 Amazonを志望した理由

ES記入時に留意した点 ◯Amazonと楽天という2大ECサイトがあり、その中で何故Amazonを選ぶのかを前面に出して志望理由を書いた。普段からAmazonを利用しているので、そのサービスの魅力と志望理由を絡めて書いた。
締切日 7月上旬
結果連絡 一週間後

筆記試験・WEBテスト

筆記試験の有無 あり
形式 ウェブテスト(玉手箱、非言語・言語・性格)
試験のについて 独自のものではないので、市販のもので対策しておけばよいと思う。ウェブテで落ちた人も実際にいる。
試験日時 7月下旬
結果連絡 一週間後

対策本:

面接

形式 なし(ウェブテストとESで選考が決まる)

実際のインターン情報

インターン参加者

参加学生の人数 1回に55人ほど、これが5ターム行われていた
学生の出身大学 東大、慶應大、早稲田大、中央大、明治大、など幅広く。留学生も多い
参加社員の人数 1人の担当者+2人の補佐

インターンの内容

内容 ◯1日目 午前中 (会社の説明)→ランチ(各班に社員が回って話を聴く)→ 午後 グループワーク(メンター無、各班の机と紙は支給、パソコンはもってきたほうがいいとマイページで言われていた、Wi-Fi使用可)   ※1日目のグループワークの途中に、グループごとにグループ面接が1時間入り込みます。

◯2日目 ・午前中各自グループワーク→ランチ(昨日のように社員が回ってくることは無く、各自好きなタイミングで食べ、グループワークに没頭 )→午後  グループワーク提出締め切り(マーケティングの企画概要と、その予測できるQ&Aを提出、パワポは提出しない) →発表(パワポを使って発表、特に指定はないので自由にやってよい)→ 結果発表(9班中3位までが発表させる、あとから聞いた所1位の商品はアマゾンのマグカップだけだったらしい)→ フィードバック(人事3人が各班を回ってコメント)

社員からのフィードバック フィードバックの時間が少なく、満足したものは得られていない。各班にメンターもつかないのでただ新しい学生とグループワークをしていただけだった。
社員との接点 人事以外の社員との交流は1日目のランチタイムに2人回ってきただけである。彼の「正直忙しいよ」という言葉だけが残っている。
成果発表の有無 2日目の午後にある。最終発表は人事部3人に加えてサービスの担当者2人がきていた。

インターンを振り返って

どんな学生が活躍していたか アマゾンにきて、アマゾンのサービス提案を2日間考えただけであった。

メンターもつかない。なのに冒頭で「採用直結型」と言われ、1日目の途中で班ごとにグループ面接が入り込んでくる。メンターもつけずに、グループワークの様子はあまり把握されていないように感じた。 つまり、採用直結型と銘打ったインターンだが、見受けられる限り人事が観察できるポイントは ・グループ面接80% ・プレゼンの様子18%(発表者有利そう) ・ グループワークの様子など2% とも思える感じである(他のインターン生も同じようなことを感じている)

必要なスキルや知識 インターンをはじめたばっかりだとはいえ、このような状況が改善されない限り全く実のならないインターンにならざるを得ません。報酬も出ませんし、商品もマグカップで大した事ないみたいなので、本当に入社したいなら別として、会社のことを知りたいなら会社説明会の参加で十分でしょう。他の企業の参加をおすすめします。
感想 インターン後の志望度は格段に下がりました。一回50人以上のインターン生をおおむね人事部の1人が管理している状況で、補佐で2人ほどついていた。

ただただアマゾンのサービス提案を見知らぬ大学生としていただけなので、あまりアマゾンから学んだことはない。それなら会社説明会だけでよかったくらいである。もっと人数を絞って手厚いサポートをしてくれないと、満足できないと思います。ランチに出会った、社員の「忙しいけどやりがいがある」という言葉だけが残っている。それはその人からアマゾンの良さを熱く語られなかったからかもしれない。

企業研究

OB訪問を実施したか いいえ
参考図書 『アマゾンと物流大戦争』角井亮一著 Amazonの企業理解のために一冊だけ読んだ。この会社はAmazonのことが好きであり、楽天や他のECサイトとの比較からどんな独自のサービスをしているかを理解しておく必要があり、それをESに盛り込んだ所選考に通った。

Amazon Japanの業績

アマゾン・ジャパン株式会社

決算期 営業収益
[億円]
営利
[億円]
経常利益
[億円]
当期純利益
[億円]
営利率 経常
利益率
当期
純利益率
アマゾンジャパン 2014年12月 316.4 13.7 12.6 8.0 4% 4% 3%
アマゾンジャパン
・ロジスティクス
2014年12月 582.9 21.9 20.1 13.9 4% 3% 2%

 

決算期 流動資産
[億円]
固定資産
[億円]
総資産
[億円]
流動負債
[億円]
固定負債
[億円]
株主資本
[億円]
利益剰余金
[億円]
株主資本
比率
ROE ROA
アマゾンジャパン 2014年12月 293.6 41.1 334.7 309.4 25.3 25.2 7.6% 31.6% 2.4%
アマゾンジャパン
・ロジスティクス
2014年12月 1,522.9 228.6 381.5 330.6 38.3 12.6 12.5 3.3% 109.7% 3.6%

選考通過のための参考記事

「学生時代に頑張ったこと」で差をつける6ステップ
「学生時代に力を入れたこと」を伝える6ステップと他の就活生との差別化テクニックをご紹介。ポイントを踏まえて伝えることで面接官の知りたいことをわかりやすく伝えることができます。「部活・サークル」「研究・勉強」「バイト」のパターン別に注意点を徹底解説
自分探し厳禁!自分の強みを見つける方法
ESや面接で聞かれる「自身の強み」について企業・人事の立場に立ってどのようにアピールしていけばよいのか。自己分析などの自分探しの旅に出ずに自信の魅力について伝える方法をご紹介。
志望動機を考えるの2つの要素~失敗しない志望理由の書き方
面接やESで求められる志望動機。そもそも企業は何故志望動機を確認するのかといった背景から、実際に志望動機を書くためのテクニックをご紹介。ポイントは「あなたのビジョンを明確にすること」と「企業のビジョンを理解すること」の2つです。

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

同じカテゴリの記事

【16卒インターン】アシックスのES・面接の選考体験記 夏インターン5日間

神戸に本社を置く、競技用シューズを中心とするスポーツ用品メーカーであるアシックスのインターン選考の体験記です。 協力いただいた方の情報 卒業年度 16年卒 大学 九州大学大学院 文理 理…

【18卒採用選考】ユニアデックスのES・面接の選考体験記 エンジニア

ユニアデックスの18卒採用選考(エンジニア)について、実際に最終面接参加した方の選考体験記をご紹介。 「非常に親身になって聞いてくれるため話しやすい。リラックスをさせてくれるため落ち着いて受けることができた」との情報が集まって…

【18卒採用選考】川崎重工業のES通過例_内定 技術系総合職

【17卒インターン】小野薬品工業のES通過例_インターン参加 MR職

【17卒採用選考】日本生命保険のES通過例_内定 総合職

  就活体験記記入キャンペーン