ベイカレントコンサルティング
ベイカレントコンサルティング

コンサルティング業界/総合・ITコンサル

【17卒インターン】ベイカレントコンサルティングのES・面接の選考体験記 夏インターン1日間

システム開発やアウトソーシング、コンサルティング業務を行うベイカレント・コンサルティング(BayCurrent Consulting)の17卒インターン選考の体験記です。

協力いただいた方の情報

卒業年度 17年卒
選考フェーズ インターン参加

インターン概要

インターン日数 1日
開催時期 9月27日
インターン報酬 交通費支給

インターン選考情報

選考の全体像

選考フロー 筆記テスト→グループディスカッション→インターン参加

Webテスト・筆記試験

筆記試験の有無 あり
形式 言語と非言語、簡単な小論文のテストがあった。
始めて見る問題だったが、ものすごく簡単だったので対策は必要ないと感じた。小論文は時間がないので、急いでとりあえず書くことが大切と感じた。
結果連絡 1週間後くらいに電話で来る

対策本はこちらから:

1次面接

形式 グループディスカッション
会場 京都会場
日時 8月上旬
面接官人数 1人
面接官の役職 入社2年目くらいの人
学生人数 5人
時間 45分程度
GDのテーマ モスバーガーの売り上げを向上させるには
進め方や与えられた資料の有無 ファストフード店に関する数枚に資料が与えられた。
面接で評価していたこと リーダーシップといえど、うまくチームマネジメントができていない人は落ちていた。発言量は少なくても、的確でチームとしての議論をうまくまとめていく人が評価されていたと思う。
選考の雰囲気 選考の雰囲気はものすごく穏やかであった。面接官も笑顔が絶えず、雰囲気はとてもよかった。
結果連絡 1週間後くらいに電話で結果がきた。

実際のインターン情報

インターンシップの参加者

学生の参加人数 20人ほど
学生の出身大学 早慶とマーチあたりが多かった。学歴的にはそんなに高くないと思った。
参加社員の人数 主に3人

インターンシップの内容

スケジュール 1dayのインターンなのに昼から始まり、ワークの時間としてはとても少なかった。最初は会社の説明から始まり、そのあとは就活の進め方や就活の相談に乗るという時間があった。

そのあと、軽いケース問題の練習を行ったりして、最後は懇親会があった。懇親会がメインといっても過言ではないくらい内容の薄いインターンであった。

内容  

インターンシップでは、ワークの時間はとても少なかったが、主に就活の相談とケース問題の練習に時間が使われた。

価値観チェックシートみたいなものを書かされ、後日フィードバック面談において利用された。

ケース問題の練習では、ある映画館の利用者の数を推定するという問題から、利用者を増やすには?という問題まで取り組んだ。比較的簡単なものばかりであった。

社員からのフィードバック フィードバックはあったが、若手社員ということもありそこまで説得力と重みを感じなかった。
社員との接点 懇親会があった。また、後日フィードバック面談が東京であった。
成果の発表 特になし。

インターンシップを振り返って

どんな学生が活躍していたか 活躍を示す場面がそもそもあまりなかった。インターンシップというより、会社説明会と就活相談会、それにコンサルタントの仕事体験がちょっと含まれるという程度のものであった。

学生もそこまで志望度の高い人がいなかったため、インターン自体の活気はそこまでなかった。

参加する上で身につけておくべきスキルや知識 必須の知識はないと感じたが、フェルミ推定やケース問題の解き方くらいは頭に入れておくと、無難に過ごせるかもしれない。また、大手外資系コンサルティングファームや、シンクタンクとベイカレントコンサルティングの違いなどに注目して、企業研究すると自分に合うか合わないかが分かると思う。

企業研究

OB訪問をしたか いいえ
その他参考にしたもの ベイカレントコンサルティングが書いた日本企業の成長論という本を読んだ。かなり分厚い本だが、業界の分析や今後の企業の在り方がコンサルティングファームの目線で書かれている。

選考通過のための参考記事

「学生時代に頑張ったこと」で差をつける6ステップ
「学生時代に力を入れたこと」を伝える6ステップと他の就活生との差別化テクニックをご紹介。ポイントを踏まえて伝えることで面接官の知りたいことをわかりやすく伝えることができます。「部活・サークル」「研究・勉強」「バイト」のパターン別に注意点を徹底解説
自分探し厳禁!自分の強みを見つける方法
ESや面接で聞かれる「自身の強み」について企業・人事の立場に立ってどのようにアピールしていけばよいのか。自己分析などの自分探しの旅に出ずに自信の魅力について伝える方法をご紹介。
志望動機を考えるの2つの要素~失敗しない志望理由の書き方
面接やESで求められる志望動機。そもそも企業は何故志望動機を確認するのかといった背景から、実際に志望動機を書くためのテクニックをご紹介。ポイントは「あなたのビジョンを明確にすること」と「企業のビジョンを理解すること」の2つです。

ベイカレントコンサルティング(BayCurrent Consulting)の選考体験記一覧

採用選考

インターン

通過ES

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

同じカテゴリの記事

【18卒採用選考】みずほフィナンシャルグループのES・面接の選考体験記 基幹職総合

みずほフィナンシャルグループの18卒採用選考(基幹職総合)について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。 「どうして銀行か、どうしてみずほか、ということをしっかり伝えられたことが一番の評価に繋がったのではないかと思います。最…

【17卒採用選考】信越化学工業のES・面接の選考体験記 技術系総合職

信越化学工業株式会社の17卒採用選考(技術系総合職)について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。 「研究開発だけをやりたい人というよりは、技術営業であったり海外赴任など、様々なことに挑戦したいというゼネラリスト志向な部分が…

【17卒採用選考】ソフトバンクのES・面接の選考体験記 総合職

携帯電話などの通信業からプロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」の親会社でもあるソフトバンクの本採用選考の体験記です。 協力いただいた方の情報 卒業年度 17年卒 選考フェーズ 2次面接参加 …

【18卒採用選考】日立産機システムのES通過例_内定 開発設計職

【18卒採用選考】丸紅のES通過例_内定 総合職

  就活体験記記入キャンペーン