シティグループ(Citi)
シティグループ(Citi)

金融(銀行・証券・保険)/外資系投資銀行

【17卒インターン】シティーグループのES・面接の選考体験記 調査部門

アメリカニューヨークに本社を置く、外資系金融機関のシティーグループの17卒インターン選考(調査部門)の体験記です。

協力いただいた方の情報

卒業年度 17年卒
文理 文系
学部 経済学部
志望業界 外資金融業界
選考フェーズ インターン参加

インターン概要

インターン日数 1日間
開催時期 8月中旬
インターン報酬 なし
遠方から参加する学生に関しても、交通費の支給はなかった

インターン選考情報

選考の全体像

選考フロー ES→Webテスト(玉手箱)→インターン参加

ES

ES設問 1.参加志望理由(日本語・400字)
2.学生生活で最も力を入れたことと、そこから得たことや学んだことについて述べてください。(日本語・400字)
注意した点 まず、文字数的にはさほどタイトではない。その場合はいかに内容を濃くできるかが大切なポイントだと考えたので、とにかく簡潔に、分かりやすい文章を書くように心がけた。先に結論を述べて、その後に理由を続け、できれば具体的な体験談が盛り込めると相手に伝わりやすい文章になる。

このインターンは先述の通り書類選考のみであった。そのため、評価の多くはESがきちんと書けていたかどうかで決まっていると考えられる。尚且つ、相手は自分がどういう人なのか全くわからず、書面だけで判断していることを考慮すると、文章だけで自分について深く理解してもらえるようなESづくりが普段以上に大切になる。

ESの締切日 7月3日
結果連絡 7月中旬

Webテスト・筆記試験

筆記試験の有無 あり
形式 玉手箱
そこまで難易度は高くない。玉手箱は他の外資系金融機関の選考でもよく使われるので、良い練習の機会と思って臨むべき。特に対策は要らないと感じた。
試験日時 ES提出後、ESの締切日(7/3)までに各自自宅で受験
結果連絡 7月中旬

対策本はこちらから:

実際のインターン情報

インターンシップの参加者

学生の参加人数 100名程度

(このインターンは優秀な学生を選抜するというよりも、より多くの学生にこの仕事について知ってほしいor興味を持ってほしいという意図が強かったと思われる)

学生の出身大学 東京大学・東京理科大学・慶応大学など
参加社員の人数 全体で10名程度

インターンシップの内容

スケジュール 一日完結型。

まず会社全体の説明と、調査部門が普段どのような仕事をしているかについてプレゼンがあり、続いて調査部門の若手社員の方によるパネルディスカッションがあった。

その後、会社側から指定されたグループ(10名程度ずつ)に分かれて、調査部門のお仕事や経済情勢に関するグループディスカッションを行い、現場の社員さんからフィードバックを受けた。

最後に社員の方との座談会があり、学生は好きな社員さんのところへ赴いて自由に質問できるスタイルであった。

内容 レクチャーの部分に関しては、普段シティグループがどのような案件を担当しているのかや、調査部門とはどのようなお仕事をするのかについて、資料を用いたプレゼンテーションがありました。

パネルディスカッションでは、若手の目線から見た調査部門の印象や、お仕事で大変なこと、あるいはそもそもなぜここに入ろうと決めたのかなどについてざっくばらんに話してくださったので、ここで働く具体的なイメージが湧きました。

グループディスカッションは『2020年までに伸びそうな業界とは?』などのテーマに関して学生でディスカッションを行い、社員の方から証券アナリストの目線でフィードバックをいただけたのでとても勉強になりました。

座談会では女性の若手アナリストの方がいらっしゃったので、女性の目線から見た印象(働きやすさ等)について生の声を伺えたので良かったです。

社員からのフィードバック グループディスカッションの時にフィードバックと証券アナリストならどのように考えるかについてお話をいただきました。
社員との接点 座談会で複数の社員さんとお話しできました。
成果の発表 今回は講義形式だったので、発表の場といえばグループディスカッションの成果報告でしょうか。

インターンシップを振り返って

どんな学生が活躍していたか 論理的思考に明るい学生・場を引っ張れる学生・周りの意見を冷静的にみて建設的に否定論を展開できる学生がグループディスカッションをリードし、そのグループの方向性を決めていました。また質問を沢山する学生も社員さんからの覚えがめでたいと感じました。
参加する上で身につけておくべきスキルや知識 講義形式なので特に事前に身に着けておくべきスキルはないかと思いますが、最低限のマナーとして「証券アナリストとはどのような仕事をしているのか」については理解しておくべきだと思います。そのうえで自分が感じた疑問などをインターンで解消するという形にすると実りの多いものになるでしょう。
感想 証券アナリストがどのような仕事をしているのか理解が深まった。女性のアナリストが結構いらっしゃったのが意外だったが、新人を大切にし、同僚を尊重する文化が根付いていたので志望度があがりました。
その他補足事項 インターン参加者には、早期選考ルートが案内されました。通常は11月ES締切で12月から面接開始となるのですが、早期選考では1~2か月ほどスケジュールが前倒しになるのと、挑戦のチャンスが2回に増えるという点で有利になると思います。

企業研究

OB訪問をしたか いいえ
参考図書 『No.1アナリストがいつも使っている 投資指標の本当の見方』吉野 貴晶

アナリストは普段どういう視点から企業分析をしているのか、事前に理解しておく必要があったので、この本でアナリストとはどのような素質が求められているのか、どのような姿勢を大事に仕事をするべきなのか分かったので参考になりました。

その他企業分析、業界分析 ・この企業で別日に行われた、投資銀行部門の説明会に参加して、どのようなビジネスをしているのか理解しようとした。
・証券アナリストとはどのような職業なのか、インターネットなどで情報を集めた。

参考図書はこちらから:

選考通過のための参考記事

「学生時代に頑張ったこと」で差をつける6ステップ
「学生時代に力を入れたこと」を伝える6ステップと他の就活生との差別化テクニックをご紹介。ポイントを踏まえて伝えることで面接官の知りたいことをわかりやすく伝えることができます。「部活・サークル」「研究・勉強」「バイト」のパターン別に注意点を徹底解説
自分探し厳禁!自分の強みを見つける方法
ESや面接で聞かれる「自身の強み」について企業・人事の立場に立ってどのようにアピールしていけばよいのか。自己分析などの自分探しの旅に出ずに自信の魅力について伝える方法をご紹介。
志望動機を考えるの2つの要素~失敗しない志望理由の書き方
面接やESで求められる志望動機。そもそも企業は何故志望動機を確認するのかといった背景から、実際に志望動機を書くためのテクニックをご紹介。ポイントは「あなたのビジョンを明確にすること」と「企業のビジョンを理解すること」の2つです。

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

同じカテゴリの記事

【17卒インターン】ゴールドマンサックスのES・面接の選考体験記 オペレーションズ

世界最大級の投資銀行であるゴールドマン・サックスの17卒インターン選考(オペレーションズ)の体験記です。 協力いただいた方の情報 卒業年度 17年卒 文理 文系 学部 経済学部 …

【18卒インターン】第一生命のES・面接の選考体験記 冬インターン

第一生命の18卒インターン選考(冬インターン)について、実際にインターン選考通過した方の選考体験記をご紹介。 「ちゃんと面接官と会話ができているかというコミュニケーション能力が見られていると思った。」との情報が集まっています。…

【17卒インターン】日本政策金融公庫のES・面接の選考体験記 冬インターン 5日間

日本政策金融公庫の17卒インターン選考(冬インターン 5日間)について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。 「「理系院生の自分から見た金融業界の魅力、またそこに理系としてどのようにアプローチできるか」ということを…

【17卒採用選考】小林製薬のES・面接の選考体験記 技術開発職

小林製薬の17卒採用選考(技術開発職)について、実際に1次面接参加した方の選考体験記をご紹介。 「簡潔に答えていた点。長々と話すよりも、面接官の様子を見ながら話をすることができていたと思う。」との情報が集まっています。 協力…

【18卒インターン】アビームコンサルティングのES通過例_インターン選考通過 経営コンサルインターン

  就活体験記記入キャンペーン