デロイトトーマツコンサルティング
デロイトトーマツコンサルティング

コンサルティング業界/総合・ITコンサル

【18卒インターン】デロイトトーマツコンサルティングのES・面接の選考体験記 夏インターン 5日間

デロイトトーマツコンサルティングの18卒インターン選考(夏インターン 5日間)について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。
「文章をまとめる能力。表やフローチャートにしてわかりやすく説明する能力、解答のオリジナリティが評価されていたと思う」との情報が集まっています。

協力いただいた方の情報

卒業年度 18卒
選考フェーズ インターン参加

インターン概要

企業名 デロイトトーマツコンサルティング
インターン名称 夏インターン
インターン日数 5日間
開催時期 9月下旬
インターン報酬 なし

選考フロー

選考フロー ES→ウェブテスト→一次面接(内定者推薦があれば免除)→ケース面接→インターン参加

ES

ESの設問 あなたが弊社のインターンシップ/ワークショップに応募された理由と、このインターンシップ/ワークショップを通じて得たいことを300文字以内でお書きください。 300文字以下
ES記入時に留意した点 自身の体験をもとに、so what? why so? を意識して記入した。文章の流れを意識し簡潔に書くよう心がけた。制約が300文字以内であり、かつ設問も1つしかないので、ESでの足切りは少ないだろうと考える。
締切日 6月中旬
結果連絡 4日後

筆記試験・WEBテスト

筆記試験の有無 あり
形式 tg-web
試験のについて 難しめ。問題集などで形式を確認しておく必要がある。
結果連絡 1週間後

対策本:

面接

1次面接

形式 ケース面接(内定者から推薦をもらったため、通常の面接が免除された)
会場 新東京ビル
日時 7月上旬
面接官人数 1人
面接官の役職 現役コンサルタント
学生人数 1人
時間 90分程度
面接全体の流れ デロイトが書いた記事を4枚程度読み、設問3つに対して解答作成に50分、その後作成した解答をもとにケース面接を30分程度で行った。
面接の質問内容 1. 基本的には自信の作成した解答を説明し、それに関する論理展開などの質問。
2. 初めの5分ほどで、自身の解答を説明する。
3.その後の時間はなぜそうなるのか?他には考えられないか?の質問をされる
逆質問で聞いたこと ・面接の出来をお伺いした。
どんなことを評価していたか 文章をまとめる能力。表やフローチャートにしてわかりやすく説明する能力
解答のオリジナリティ
選考の雰囲気 終始和やかであった。一方的に質問をされ続けるのではなく、面接官も一緒に戦略を官挙げてくれた。
その他補足事項 内定者が推薦枠をいくつか持っているらしいので、先輩や友人をあたってその枠をもらうといきなりケース面接から始めることができる。
結果連絡 約2週間後

実際のインターン情報

インターン参加者

参加学生の人数 30名から40名程度 4タームあったので100人以上が参加していると思われる。
学生の出身大学 東京大学、慶応大学、東京工業大学が多かったように思う。
参加社員の人数 20人ほど

インターンの内容

スケジュール 全体で5日間あり、1日目はロジカルシンキング講座、チーム分け、ワーク、2,3,4日目はワーク、5日目は発表
内容 10個位のテーマから、自身の興味のあるテーマを第5希望まで選ぶ。それをもとに4人ほどのチーム分けが行われる。基本的にはどのチームも新規事業の立案であり、それに関して調査やディスカッションをし最終日までに発表資料を作成する。メンターはチームに2人つき、発表後にフィードバックをしてくれる。
社員からのフィードバック チームのアウトプットに対するアドバイス。個人の取り組みに対するフィードバック。
社員との接点 ランチ、座談会、懇親会がある。
成果発表の有無 最終日に20分発表、20分質疑応答があった。マネージャークラスの人が来ていた。

インターンを振り返って

どんな学生が活躍していたか 外資系コンサルティングファームでのインターンシップ経験者が活躍していた。基本的な進め方やテクニックを持っている方が活躍しやすい雰囲気であった。アイデアがポンポン出る人より、論理的思考力に優れた人が活躍していた。理系の学生が活躍していたように思う。最終日に発表があるので、プレゼン能力も重要であったように思う。
必要なスキルや知識 ロジカルシンキングに加えて、基礎的なリサーチスキルは身につけておいたほうが良いと思う。私達の場合、与えられた課題に対する予備知識はなかったので、リサーチがワーク時間の大部分を占めることになった。効率よく調べられないと、タイムオーバーになってしまう。
感想 外資系コンサルティングファームでのインターンシップ経験者が活躍していた。基本的な進め方やテクニックを持っている方が活躍しやすい雰囲気であった。アイデアがポンポン出る人より、論理的思考力に優れた人が活躍していた。理系の学生が活躍していたように思う。最終日に発表があるので、プレゼン能力も重要であったように思う。
その他補足事項 ロジカルシンキングに加えて、基礎的なリサーチスキルは身につけておいたほうが良いと思う。私達の場合、与えられた課題に対する予備知識はなかったので、リサーチがワーク時間の大部分を占めることになった。効率よく調べられないと、タイムオーバーになってしまう。

企業研究

OB訪問を実施したか いいえ
参考図書 <東大生が書いた 問題を解く力を鍛えるケース問題ノート 50の厳選フレームワークで、どんな難問もスッキリ「地図化」>
はじめてケース問題の練習をする方におすすめです。基本的な事問題及び解法が説明されているので、この本を足がかりにしてロジカルシンキングをブラッシュアップしていくと良いと思います。

選考通過のための参考記事

「学生時代に頑張ったこと」で差をつける6ステップ
「学生時代に力を入れたこと」を伝える6ステップと他の就活生との差別化テクニックをご紹介。ポイントを踏まえて伝えることで面接官の知りたいことをわかりやすく伝えることができます。「部活・サークル」「研究・勉強」「バイト」のパターン別に注意点を徹底解説
自分探し厳禁!自分の強みを見つける方法
ESや面接で聞かれる「自身の強み」について企業・人事の立場に立ってどのようにアピールしていけばよいのか。自己分析などの自分探しの旅に出ずに自信の魅力について伝える方法をご紹介。
志望動機を考えるの2つの要素~失敗しない志望理由の書き方
面接やESで求められる志望動機。そもそも企業は何故志望動機を確認するのかといった背景から、実際に志望動機を書くためのテクニックをご紹介。ポイントは「あなたのビジョンを明確にすること」と「企業のビジョンを理解すること」の2つです。

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

同じカテゴリの記事

【17卒採用選考】電通のES通過例_面接参加 総合職

【17卒インターン】JFEエンジニアリングのES・面接の選考体験記 冬インターン5日間

JFEエンジニアリングの17卒インターン選考(冬インターン5日間)について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。 「特になぜエンジなのか、なぜこの業界なのか、が明確に応えられるかどうかが大事だと感じた。(ESと共通…

【18卒インターン】東京ガスのES・面接の選考体験記 冬インターン5日間

東京ガスの18卒インターン選考(冬インターン5日間)について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。 「真面目で誠実そうな人がインターンシップの参加者に多かった印象があるので、そのような人柄は評価されやすいのかもしれ…

【17卒インターン】長瀬産業のES・面接の選考体験記 1Day/3Dayインターンシップ

長瀬産業株式会社の17卒インターン選考(1dayインターンシップ、3dayインターンシップ)について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。 「やはりバイタリティや人当たりの良さ、能動的に物事に取り組んでいるかを見ら…

三菱東京UFJ銀行のES対策_16卒 インターン選考

2016年入社 UFJ(三菱東京UFJ銀行)のインターンシップ(キャリアコース)のES(エントリーシート) 設問とその対策について。 どの企業にも共通のES作成のコツはこちらから: 三菱東京UFJ銀行…

  就活体験記記入キャンペーン