ゴールドマンサックス(Goldman Sachs)
ゴールドマンサックス(Goldman Sachs)

金融(銀行・証券・保険)/外資系投資銀行

【17卒インターン】ゴールドマンサックスのES・面接の選考体験記 ファイナンス

世界最大級の投資銀行であるゴールドマン・サックスの17卒インターン選考(ファイナンス部門)の体験記です。

協力いただいた方の情報

卒業年度 17年卒
文理 文系
学部 経済学部
志望業界 外資金融業界
選考フェーズ インターン参加

インターン概要

部門 ファイナンス部門
インターン日数 5日間
開催時期 2月中旬
インターン報酬 報酬はありませんが、関東圏外の学生には交通費と宿泊費の補助があります。

インターン選考情報

選考の全体像

選考フロー ES→テストセンター→インターン参加

ES

ES設問 1.自身の長所と短所について述べてください。(日本語・200字)
注意した点 字数がテーマを考慮すると他社とは比べ物にならないくらいタイトなので、先に自分が伝えたいことについて字数を無視して書き、その後余分な部分を削ったり語句を言い換えたりして200字に収まるように調整しました。
ESの締切日 11月下旬
結果連絡 ES提出後にテストセンター受験案内が来た。

Webテスト・筆記試験

筆記試験の有無 あり
形式 テストセンター
難易度や対策の必要性 難易度は高め。さらにこの部門では面接がなく書類選考のみで決まるので、かなりの高得点(特に計数)が求められる。
試験日時 11月下旬
結果連絡 2週間後

対策本はこちらから:

実際のインターン情報

インターンシップの参加者

学生の参加人数 30名弱
学生の出身大学 東京大学、京都大学、慶応義塾大学など
参加社員の人数 全体で15名程度

インターンシップの内容

スケジュール 全体で5日間で全て午後からのスタートでした。

一日当たりの時間は4時間程度だったと思います。部門の中にいくつかの部署があったため、一日一部署のペースで毎日違う仕事をしている社員さんが日替わりでいらっしゃいました。最初にご自身のお仕事について講義があった後、理解を深めるためにグループワークが設けられていました。

最終日には与えられたテーマについてのプレゼンがありました。

内容 アメリカ式の財務諸表を分析してみたり、会社が保有する資産の時価評価をディスカッションを通じて設定したり、会社が運営するファンドで投資ゲームをしたりと、色々な角度からこの部門を理解できる機会がたくさん用意されていました。

ディスカッションには社員の方も参加され、白熱した議論が展開されてとても面白かったです。

社員からのフィードバック グループワークやディスカッションの成果を発表した時にフィードバックを受けました。また分からないことがあれば、丁寧に教えてくださいました。
社員との接点 最終日の夜に懇親会があり、直接社員さんに質問できる機会がありました。
成果の発表 与えられたテーマに沿ったプレゼンがありました。現場の社員さんが数多くいらっしゃっていました。ちなみに英語でプレゼンしたので、外国人の社員さんもいらっしゃいました。

インターンシップを振り返って

どんな学生が活躍していたか プレゼンのテーマが経済情勢に関するものだったので、そこに明るい学生がグループをまとめ、知識が少ない人をサポートしていました。

またプレゼンは英語で行われるので、海外経験のある学生が原稿添削や練習の場で重宝されていました。

参加する上で身につけておくべきスキルや知識 会計に関する基礎中の基礎くらいは押さえておくべきです。あとは会社の財務諸表を分析するのに用いられるROEなどの超代表的な指標については、求め方まで覚えろとは言いませんが、せめてそれが何を意味しているのかまでは理解しておくといいでしょう。

そして経済情勢を知るために、新聞は読んでおいたほうが良いです。

感想 会計情報ばかりを扱う部署かと思ったら、実際は違って、様々な仕事をしていた点が新たな発見であった。

また社員さんが予想以上に明るく、フレンドリーな方が多かった。

企業研究

OB訪問をしたか いいえ
参考図書 『図解入門業界研究最新金融業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第4版] (How‐nual Industry Trend Guide Book)  』 平木恭一、奥沢敦司

証券会社は銀行に比べてあまり身近でなかったので、実はよく知らなかったんだなぁということがこの本でわかりました。図解されてて分かりやすく、業界研究や初心者にはおすすめのシリーズです。

参考図書はこちらから:

選考通過のための参考記事

「学生時代に頑張ったこと」で差をつける6ステップ
ES・面接の対策を考えている方に向けて、「学生時代に頑張ったこと」を伝える6つのステップと他の就活生との差別化テクニックをご紹介。面接官の聞きたいポイントをおさえた自己PRの方法と、「部活・サークル」「研究・勉強」「バイト」のパターン別に注意点をご紹介
志望動機を考えるの2つの要素~失敗しない志望理由の書き方
面接やESで求められる志望動機。そもそも企業は何故志望動機を確認するのかといった背景から、実際に志望動機を書くためのテクニックをご紹介。ポイントは「あなたのビジョンを明確にすること」と「企業のビジョンを理解すること」の2つです。
GDで注意すべき5つのこと~グループディスカッション対策~
就活で欠かせないグループディスカッションの対策法をご紹介。全体の流れを把握しどのように答えを導き出すか、GD攻略の5つのポイントとテクニックをご紹介。

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

同じカテゴリの記事

canon_logo

【17卒インターン】キヤノンのES・面接の選考体験記 冬インターン 5日間

キャノンの17卒インターン選考について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。 「面接では自分の研究テーマを、何も知らない見ず知らずの人にわかりやすく説明できるか、論理的な回答が出来るかが評価されていたように思う」と…

hitachi-17

【17卒採用選考】日立製作所のES・面接の選考体験記 システムエンジニア

日立製作所の17卒採用選考(システムエンジニア)について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。 「システムエンジニアの業務内容をしっかりと理解できているのか、その仕事をなぜやりたいのか、その2つをしっかりと応えることができる…

nissan-techno

【17卒採用選考】株式会社日産テクノのES・面接の選考体験記 電気電子設計・開発

株式会社日産テクノの17卒採用選考(電気電子設計・開発 )について、実際に内定辞退した方の選考体験記をご紹介。 「研究内容について、かなり深堀りしてくる。日産というほぼ外資系の企業の子会社なので、留学経験があると高評価をもらえ…

NRI_logo

【18卒インターン】野村総合研究所(NRI)の面接参加者のES通過例 経営コンサルティング 夏インターン

toyota-shokki

【17卒採用選考】豊田自動織機のES・面接の選考体験記 事務系総合職

豊田自動織機の17卒採用選考(事務系総合職)について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。 「学生時代頑張ったことがしっかりしているか、が見られていたように思う。後は、会社のことをよく知っているか。自動車だけではないことを強…

  就活体験記記入キャンペーン