【17卒インターン】メリルリンチのES・面接の選考体験記 投資銀行部門

アメリカ・ニューヨークに本拠を置く世界的な金融機関グループであるモルガンスタンレーの17卒インターン選考(ミドルオフィス・オペレーションズ部門)の体験記です。

協力いただいた方の情報

卒業年度 17年卒
学部 経済学部
志望業界 商社、外資系
選考フェーズ インターン参加

インターン概要

部門 投資銀行部門
インターン日数 3日間
開催時期 8月上旬
インターン報酬 なし

インターン選考情報

選考の全体像

選考フロー ES→WEBテスト→1次面接(集団面接)→インターン参加

ES

ES設問 1.バンクオブアメリカ・メリルリンチおよび第1志望部門への応募理由をご記入ください。(日本語500文字)
2.バンクオブアメリカ・メリルリンチおよび第1志望部門への応募理由をご記入ください。(英語1000文字)
3.学業、ゼミやクラブ活動など学生生活での経験に基づいて得たものなどのセールスポイントをお書きください。(日本語300文字)
4.学業、ゼミやクラブ活動など学生生活での経験に基づいて得たものなどのセールスポイントをお書きください。(英語600文字)
5.あなたの性格・キャラクター(日本語500文字)
注意した点 結論から簡潔に書くこと。また、英文があるので帰国子女の友達に添削してもらって文法上のミスがないか確認してもらった。3年の夏の時期は、多くの就活性がESを書くことに慣れていないので、そこで差をつけるためにも論理的でわかりやすい文章を書くことを心がけた。
ESの締切日 7月下旬
結果連絡 1週間後

Webテスト・筆記試験

筆記試験の有無 あり
形式 玉手箱
難易度や対策の必要性 やや難しめ。対策はしなかったが問題なかった。自信がなければ対策した方がよい。
試験日時 7月下旬。ESと同時。
結果連絡 1週間後

対策本はこちらから:

1次面接

形式 集団面接
会場 東京(本社)
日時 7月下旬
面接官人数 2名
面接官の役職 一般社員
学生人数 2名
時間 30分
面接全体の流れ 面接官自己紹介→学生自己紹介→面接→学生から面接官への質問
面接での質問内容 1. 志望動機
2. なぜ投資銀行部門なのか、コンサルとの違いは?
3. 君が頑張ったことがどう投資銀行部門の業務に結びつくと思う?
4. 入社してもすぐにやめるつもりですよね?
5. 就職活動の軸は?
6. 他にどの業界を見てるの?
7. コンサルと投資銀行で内定もらったらどっちに行く?
8. そのアルバイトを始めたのはなぜですか?
逆質問で聞いたこと ・デューディリジェンスについて詳しく教えていただきたいです。
・マーケット部門と投資銀行部門の求められる能力の違い
・業務時間について
面接で評価していたこと 聞かれた質問に論理的に回答しているかどうかであると思う。3年の夏の時期で業界理解はあまり求められていないので、地頭の良さを見ているのだと思う。
選考の雰囲気 やや厳しめ。曖昧なことを言うと「なぜ?それはどういうこと?」と深堀してくる。
その他補足事項 業界理解は丹念にやる必要はないが、他の学生よりもある程度知識を持ち、それを上手くアピールできると熱意を感じてもらえるのではないかと思う。
結果連絡 即日

実際のインターン情報

インターンシップの参加者

学生の参加人数 30名。
学生の出身大学 東京大学が4割(院生含む)、慶応生が4割。残りは京都、筑波、一橋、早稲田など。
参加社員の人数 8名ぐらい

インターンシップの内容

スケジュール 全体で三日間あり、1日目の前半は業界や会社説明。その後、グループワークに関する説明の後グループワークを行う。最終日には、重役の前で発表を行い、厳しめの質問をいくつかされる。グループワーク後は社員さんたちを交えた交流会を行った。
内容 グループワークの内容は、某食品メーカーへのM&A提案であった。数社ある候補のうち、渡された膨大な資料の中から情報を取捨選択し、ロジックを積み上げて1社を選び提案する。1日の終わりに社員さんからフィードバックをもらうことができ、作業中も分からないことは聞けば教えてくれる。
社員からのフィードバック ロジックが通ってない。また、数字をしっかり見ろとのことでした。
社員との接点 ランチやグループワーク後の交流会で接点があった。
成果の発表 最終日にプレゼンを行った。MDやVDなど会社のトップ層が参加し、厳しい質問をぶつけてきた。

インターンシップを振り返って

どんな学生が活躍していたか 頭の切れる人でかつ、いい意味ででしゃばれる人。

このインターンに参加している人は就活生の中でもトップ層であるので、その中でも目立ち活躍するためには自分の意見を論理的に主張し周りを納得させる必要がある。また、聞かれた質問にも即座に論理的に返さなければならない。

参加する上で身につけておくべきスキルや知識 投資銀行部門の業務に関する或る程度の理解と論理的思考力、リーダーシップである。

特にその中でも重要なのは論理的思考力であり、グループワークを通じて最も求められる能力である。

論理的思考力は日々の生活の中でも、疑問を持って自分で考えることで鍛えることができるので、普段あまり頭を使う機会がない人はいまからでもそういったクセを身に付けることが重要である。

感想 投資銀行部門の仕事は華やかなものだと思っていたが、実際はかなり泥臭いものであるということが分かった。また、周囲のレベルが高く、自分の力不足を感じた。
その他補足事項 外資系の投資銀行のインターンに参加するのはたしかに難関ではありますが、応募しないと参加することはできないので、恐れずに是非受けてください。自分も受かるとは思っていませんでした。

企業研究

OB訪問をしたか いいえ
その他参考にしたもの 『外資系投資銀行の現場』西村信勝
就活生には分かりくい、外資系投資銀行の業務内容についての理解が深められる1冊。
M&Aのフローについても詳しく解説しており、そこで抱いた疑問を面接での逆質問でぶつけてみるのも有効。

参考図書

選考通過のための参考記事

「学生時代に頑張ったこと」で差をつける6ステップ
ES・面接の対策を考えている方に向けて、「学生時代に頑張ったこと」を伝える6つのステップと他の就活生との差別化テクニックをご紹介。面接官の聞きたいポイントをおさえた自己PRの方法と、「部活・サークル」「研究・勉強」「バイト」のパターン別に注意点をご紹介
志望動機を考えるの2つの要素~失敗しない志望理由の書き方
面接やESで求められる志望動機。そもそも企業は何故志望動機を確認するのかといった背景から、実際に志望動機を書くためのテクニックをご紹介。ポイントは「あなたのビジョンを明確にすること」と「企業のビジョンを理解すること」の2つです。
GDで注意すべき5つのこと~グループディスカッション対策~
就活で欠かせないグループディスカッションの対策法をご紹介。全体の流れを把握しどのように答えを導き出すか、GD攻略の5つのポイントとテクニックをご紹介。

同じ企業の選考体験記

採用選考

    該当の体験記はありません

インターン

通過ES

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

同じカテゴリの記事

nhk_logo

【16卒インターン】NHKのES・面接の選考体験記 記者職

日本の公共放送を担うNHK(日本放送協会)のインターン選考(記者職)体験記です。 協力いただいた方の情報 卒業年度 16年卒 大学所在地 関西 文理 文系 志望業界 マスコミ…

deloitte_logo

【18卒インターン】デロイトトーマツコンサルティングのインターン参加者のES通過例 経営コンサルタント

NRI_logo

【15卒採用選考】野村総合研究所のES・面接の選考体験記

2015年入社 NRI(野村総合研究所)のエントリーシートの書き方例と対策について解説。 どの企業にも共通のES作成のコツはこちらから: NRIのエントリーシート設問 ●大学時代の学業と資格についてお答えください …

GS_logo

【17卒インターン】ゴールドマンサックスのES・面接の選考体験記 オペレーションズ

世界最大級の投資銀行であるゴールドマン・サックスの17卒インターン選考(オペレーションズ)の体験記です。 協力いただいた方の情報 卒業年度 17年卒 文理 文系 学部 経済学部 …

deloitte_logo

【17卒採用選考】デロイトトーマツコンサルティングのES・面接の選考体験記 コンサルタント職

デロイトトーマツグループにて、経営戦略、M&AやITアドバイサリーなど多岐にわたる専門サービスを提供するデロイト トーマツ コンサルティング(DTC)の本採用選考の体験記です。 協力いただいた方の情報 卒…

  就活体験記記入キャンペーン