モルガン・スタンレー
モルガン・スタンレー

金融(銀行・証券・保険)/外資系投資銀行

【17卒インターン】モルガンスタンレーのES・面接の選考体験記 債券セールストレーディング部門

アメリカ・ニューヨークに本拠を置く世界的な金融機関グループであるモルガンスタンレーの17卒インターン選考(ミドルオフィス・オペレーションズ部門)の体験記です。

協力いただいた方の情報

卒業年度 17年卒
選考フェーズ インターン参加

インターン概要

部門 債券セールストレーディング部門
インターン日数 2日
開催時期 8月中旬
インターン報酬 交通費、ホテル代支給

インターン選考情報

選考の全体像

選考フロー エントリーシート→ウェブテスト→グループ面接→インターン参加

ES

ES設問 1.インターンへの参加志望理由(200文字)
2. 長所・短所について(300文字)
3. その他特記したい事項(300字)。
注意した点 文字数はそこまで多くなかったので、端的に書くことを意識した。また、金融系は体育会が評価されると噂されていたので、自分の長所を書く際には、なるべくスポーツや部活動のことを積極的にアピールできるように書いた。
ESの締切日 7月上旬
結果連絡 締め切りから10日後くらい

Webテスト・筆記試験

筆記試験の有無 あり
形式 玉手箱
初めてだと対策が必要かもしれない。問題集などを一度やってみることをおすすめする。
結果連絡 ESとセットで合格通知が来る

対策本はこちらから:

1次面接

形式 グループ面接
会場 京都会場
日時 7月末
面接官人数 2名
面接官の役職 入社5年目くらいの人
学生人数 5人
時間 30分
面接全体の流れ 自己紹介→面接官からの質問3種類→逆質問
面接での質問内容 1. 志望動機
2. 会社で活かせるあなたの強み
3. 仮に、業種の違う5社から内定をもらっているとします。あなたならどこに就職しますか。その理由も含めて答えてください。
逆質問で聞いたこと ・トレーダーとしてのスキルがつけば、独立して自分で稼ごうとは思わないのか。
面接で評価していたこと 5人で30分というタイトな面接時間であったため、自分のアピールしたいことを端的に伝えることが重要であると感じた。
選考の雰囲気 わたしたちのところは非常に穏やかであった。しかし、同じ部屋の別のブースでは面接官の非常に厳しい指摘が聞こえたので、厳しい雰囲気のところもあると思う。
結果連絡 10日後くらいにメールで。

実際のインターン情報

インターンシップの参加者

学生の参加人数 20人ほど
学生の出身大学 東大がほとんどであった。残り1割を早慶と京大といった感じであった。
参加社員の人数 主に3人

インターンシップの内容

スケジュール 全体で2日間あり、ほとんどが講義であった。

途中で頭の回転の速さを競うゲームが取り入れられていたり、チームワークを競うゲームもあった。

最終日には、自分がこの会社に貢献できることというテーマで、2分間のスピーチを行った。

内容 基本的には、金融知識の講義が中心であった。

講義の途中でワイントレーディングゲームや、ピンポン玉をより長く動かしてられる構造を、紙やコップなどで造って、そのタイムをチームごとに競うといったゲームがあった。対策していくことは特にないと感じた。

社員との接点 なし
成果の発表 最後に2分間のショートスピーチがあった。お題は、自分がこの会社に貢献できることというものであった。

インターンシップを振り返って

どんな学生が活躍していたか 理系と文系は半々で合った。その中でも東大生の頭の良さが群を抜いて際立っていた。また、社員とコネクションを持つ学生も多く、そういった人はプライベートな話でも会話が弾んでいる場面が多々あり、うらやましく思った。
参加する上で身につけておくべきスキルや知識 必須の知識はないように感じたが、金融商品についての知識はもっておくと、講義が頭に入ってきやすいと思う。セールス部門の人は、対人業務に向いている人を好む傾向があると感じた。笑顔でコミュニケーションが取れるようにしておくと必ず評価されると思う。

企業研究

OB訪問をしたか いいえ
その他参考にしたもの 書籍はないが、金融知識のまとめサイトはいくつか見た。「デリバティブ」などの単語の知識は入れとくと良い。

選考通過のための参考記事

「学生時代に頑張ったこと」で差をつける6ステップ
「学生時代に力を入れたこと」を伝える6ステップと他の就活生との差別化テクニックをご紹介。ポイントを踏まえて伝えることで面接官の知りたいことをわかりやすく伝えることができます。「部活・サークル」「研究・勉強」「バイト」のパターン別に注意点を徹底解説
自分探し厳禁!自分の強みを見つける方法
ESや面接で聞かれる「自身の強み」について企業・人事の立場に立ってどのようにアピールしていけばよいのか。自己分析などの自分探しの旅に出ずに自信の魅力について伝える方法をご紹介。
志望動機を考えるの2つの要素~失敗しない志望理由の書き方
面接やESで求められる志望動機。そもそも企業は何故志望動機を確認するのかといった背景から、実際に志望動機を書くためのテクニックをご紹介。ポイントは「あなたのビジョンを明確にすること」と「企業のビジョンを理解すること」の2つです。

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

同じカテゴリの記事

【18卒インターン】外務省のES・面接の選考体験記 夏インターン1ヶ月

外務省の18卒インターン選考(夏インターン1ヶ月)について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。 「選考プロセスがESのみであるため、自分の伝えたいことをしっかりと伝えきれるように何度も推敲を行なった。官公庁特有の…

【17卒インターン】デロイトトーマツコンサルティングのES・面接の選考体験記 コンサルタント

デロイトトーマツグループにて、経営戦略、M&AやITアドバイサリーなど多岐にわたる専門サービスを提供するデロイト トーマツ コンサルティング(DTC)のインターン選考の体験記です。 協力いただいた方の情報 …

【17卒インターン】東京海上日動火災保険のES通過例_インターン選考通過 総合職

【17卒インターン】NTT東日本のES・面接の選考体験記 冬インターン 5日間

NTT東日本の17卒インターン選考(冬インターンシップ)について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。 「設問がひとつだけなので、インパクトがあって目に止まるような内容でなければならないと考えた。私は映像制作などを…

【18卒採用選考】楽天のES通過例_最終面接参加 総合職

  就活体験記記入キャンペーン