野村総合研究所(NRI)
野村総合研究所(NRI)

コンサルティング業界/シンクタンク系コンサル

【17卒採用選考】野村総合研究所の内定者のES通過例 アプリケーションエンジニア

野村総合研究所の17卒本採用選考(アプリケーションエンジニア)について、実際に内定した方のエントリーシート(ES)をご紹介。
「文字数ぎりぎりまで使って簡潔に書いた。自分が何を一番アピールしたいのかを最初に書き出してまとめて、それを各設問に盛り込みながら書いた。」との情報が集まっています。

協力いただいた方の情報

卒業年度 17卒
選考フェーズ 内定

選考情報

企業名 野村総合研究所
応募職種 アプリケーションエンジニア
選考区分 本採用選考

ES記入時に気をつけたこと

ES記入時に気をつけたこと 文字数ぎりぎりまで使って簡潔に書いた。自分が何を一番アピールしたいのかを最初に書き出してまとめて、それを各設問に盛り込みながら書いた。

ESの設問と回答

設問1

設問 希望キャリアフィールド(第1希望)このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由を教えてください。
指定文字数 500
記入内容 ITで新たな価値を創造して社会に影響を与える仕事がしたい。その方法としてシステム開発をすることで企業がかかえる課題を解決して新たなサービスを提供したい。

その理由は、システムはインフラを支えるインフラであり、世の中に必要不可欠なものであるからだ。それに携わることで社会に及ぼすことのできる影響は大きく、得られるやりがいは大きい。また、IT業界というフィールドの可能性が未知数であるというところに魅力を感じた。私はお客様のニーズにあわせたシステムを開発し、企業の課題を解決しながら企業成長のサポートをしたい。また、留学の経験を活かして日本企業が海外進出するシステム構築や、御社の技術を海外に広める仕事もしたい。システム開発における最重要点はお客様のニーズ把握であり、そのためには様々な角度から物事を捉える力が必要である。その力を身に着けるためにも多くの経験が必要だ。

御社は幅広い事業を手掛けている点、人それぞれ違ったキャリアパスを歩める環境にある点、研修講座が多数ある点、若手から挑戦できる社風がある点、など様々なポイントから自分が十分に成長できる環境が整っていると感じた。

設問2

設問 現在の研究テーマやゼミの内容、もしくは学生時代に最も力を入れて勉強したことについて説明してください。自分ならではの創意工夫をした点、自身にとっての気付きについても、具体的にお書き下さい。
指定文字数 500
記入内容 私は英語をTOEIC850点とるという目標をたてて勉強した。

目標達成のために英語に触れる時間を少しでも増やそうと3つのことに取り組んだ。

まず1つ目に全て英語で行われる授業を積極的に受講した。これらの授業ではネイティブの先生の授業もあり、リスニング力やプレゼンテーション能力をあげることに注力した。

2つ目は2年次の夏休みに1か月アメリカに留学したことだ。他国から来た生徒とともにうける毎日授業やホームステイで会話力向上に力を入れた。

3つめに積極的に留学生と話すことに力を入れた。私の大学には多くの留学生が在籍しているのにも関わらず日本人学生と関わる場がほとんどなかった。そこで留学生の授業で日本語を教えるボランティアをして留学生との関わる機会を自ら作り出した。普段は日本語を教える立場として日本語で話したが、授業時間外に時間を決めたりなどして英会話の相手となってもらった。

これらの取り組みで885点を取得し目標を達成した。私はこの過程を通して目標を達成するための手段は多くあるということに気づいた。1つの方法にこだわらずにあらゆる方面からアプローチする効率性を学び、今後それを活かして多方面から物事を捉えることを心掛けたい。

設問3

設問 これまでにあなたが挑戦したことについて教えてください。なぜそのような挑戦に至り、どのように困難を乗り越えようとしたか、周囲にどのような影響を与えたかについても、具体的にお書きください。
指定文字数 500
記入内容 私の1番の挑戦は留学である。

留学を決意した理由は2つある。

1つめは英語力を身につけたかったから。英語力を身につけることで自分の将来の活躍のフィールドが広がると考えた。

2つめに大きなことに挑戦したかったから。今までの人生を振り返って大きなことに挑戦したことがないことに気づき、挑戦することが自身の成長に繋がると考えた。

これらの理由から1年間休学してオーストラリアの現地の高校に通った。そしてこの留学で私は目標をもって行動することと意志をはっきりと伝えることの大切さを学んだ。私は1か月たってもホストマザーと良好な関係を築けないでいたことで自身の2つの問題点に気づいた。1つは会話不足だ。今まで自分の意見をはっきり言う習慣がなく、なんとなくその場の雰囲気で伝えていたがはっきりと言わなければ伝わらないことに気づいた。2つめは日々の目標がなかったことだ。私は自分のゴールを明確にしておらずそれだけに時間を無駄に過ごしてしまっていた。これらの問題点を踏まえ、目標をたててしっかりとコミュニケーションをとることを意識して生活するようになったところホストマザーだけでなく多くの人と良好な関係を築くことができた。

の卒 について、実際にした方のエントリーシート(ES)をご紹介。

協力いただいた方の情報

選考情報

企業名
応募職種

ESの設問と回答

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

同じカテゴリの記事

toyota-shokki

【17卒採用選考】豊田自動織機のES・面接の選考体験記 事務系総合職

豊田自動織機の17卒採用選考(事務系総合職)について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。 「学生時代頑張ったことがしっかりしているか、が見られていたように思う。後は、会社のことをよく知っているか。自動車だけではないことを強…

mizuho_logo

【17卒採用選考】みずほフィナンシャルグループの内定者のES通過例 一般職

yahoo_logo

【17卒採用選考】ヤフージャパン(Yahoo!Japan)の内定者のES通過例 企画営業職

pwc_logo

【17卒採用選考】PwCのES・面接の選考体験記 コンサルティング部門

ロンドンに本拠地を置く外資系コンサルティングファーム、PwC(プライスウォーターハウスクーパース)の本採用選考の体験記です。 協力いただいた方の情報 卒業年度 17年卒 大学所在地 東京 …

mol

【17卒採用選考】商船三井の面接参加者のES通過例 陸上職

  就活体験記記入キャンペーン