PwC(プライスウォーターハウスクーパース)
PwC(プライスウォーターハウスクーパース)

コンサルティング業界/総合・ITコンサル

【17卒採用選考】PwCのES・面接の選考体験記 コンサルティング部門

ロンドンに本拠地を置く外資系コンサルティングファーム、PwC(プライスウォーターハウスクーパース)の本採用選考の体験記です。

協力いただいた方の情報

卒業年度 17年卒
大学所在地 東京
文理 文系
性別
選考フェーズ インターン参加・内定
選考形態 特別選考
※インターンに参加したことで本選考でのES、ウェブテスト、グループディスカッションの選考が免除された

選考フロー

選考フロー インターン選考:ES→ウェブテスト→グループディスカッション→インターン参加

本選考:1次面接→2次面接→内定

インターン選考:ES、筆記試験、1次・2次面接、インターン

インターン選考の体験記はこちらから:

【17卒インターン】PwCのES・面接の選考体験記 コンサルティング部門
PwC(プライスウォーターハウスクーパース)の17年卒のインターンについて、ES、筆記試験、面接から実際のインターンの内容までの体験記をご紹介。「各個人の論理的思考力はもちろんのこと、人柄を大事にする会社なので、人の話を聞く姿勢であったり、基本的なコミュニケーション能力は見られていたと思う」との情報が集まっています。

本採用選考

1次面接

形式 個人面接
会場 汐留オフィス(本社)
日時 3月上旬
面接官人数 1名
面接官の役職 採用担当者
学生人数 1名
時間 1時間程度
面接全体の流れ 面接官自己紹介→学生自己紹介→質問→(面接終了)→学生から面接官への質問
面接の質問内容 1. 志望動機
2. ケース面接(待機児童をなくすには?)
3. 学生時代頑張ったこと
4. 自身の性格の強み弱み
どんなことを評価していたか ケース面接では、論理的思考力。他の質問では人柄。全体としてコンサルタントというサービス業に必要なコミュニケーション能力が見られていた。
選考の雰囲気 とても和やかな面接官だった。ただケース面接の際には鋭い指摘をしてきた
その他補足事項 ケース面接では、一つ要因として問題点を提示し、それに対する施策を提案したところ、その他に要因として考えられることは何か、といった指摘が入った。
結果連絡 1週間後

最終面接

形式 個人面接
会場 丸の内オフィス(本社)
日時 3月末
面接官人数 1名
面接官の役職 パートナー
学生人数 1名
時間 1時間程度
面接全体の流れ 面接官自己紹介→学生自己紹介→質問→(面接終了)→学生から面接官への質問
面接の質問内容 1. 志望動機
2. 学生時代頑張ったこと
3. コンサルタントになって何をしたいか
どんなことを評価していたか 意思確認程度の面接だった気がするが、ここで落ちる人もいるらしいので逆質問などもきちんと考えておいた方がいい
選考の雰囲気 穏やかな雰囲気だった。質問に対してはきちんと答えて下さった。
結果連絡 1週間後

内定

内定の連絡 電話
他社選考辞退の指示 なし
会社のことを知るための取り組み 社員との面談、内定者懇親会
現在のステータス 他社の内定と検討中
他社の内定と迷っている理由 社員の人柄や会社の雰囲気はとても穏やかでよいが、逆に言うと多少適当なところがあると感じているから。

同業のよりstrictな雰囲気の他社と十分検討して決めたいと思っている。

また、業務内容についてもそこまでまだ自分の中で府に落とせてないところがあるので、そのあたりを明確にしようと思っている。給料が他社の方が多少いいというのも迷う要因。

企業研究

OB訪問をしたか いいえ
参考図書 『コンサルティング業界大研究』ジョブウェブコンサルティングファーム研究会
コンサルティングという仕事の知識、業界の特徴、採用プロセスなどの情報が充実している。また、各ファームで働く人の生の声も収録されており、コンサルタントとは何かについて詳しく知ることができる。

参考図書はこちらから:

選考通過のための参考記事

「学生時代に頑張ったこと」で差をつける6ステップ
「学生時代に力を入れたこと」を伝える6ステップと他の就活生との差別化テクニックをご紹介。ポイントを踏まえて伝えることで面接官の知りたいことをわかりやすく伝えることができます。「部活・サークル」「研究・勉強」「バイト」のパターン別に注意点を徹底解説
自分探し厳禁!自分の強みを見つける方法
ESや面接で聞かれる「自身の強み」について企業・人事の立場に立ってどのようにアピールしていけばよいのか。自己分析などの自分探しの旅に出ずに自信の魅力について伝える方法をご紹介。
志望動機を考えるの2つの要素~失敗しない志望理由の書き方
面接やESで求められる志望動機。そもそも企業は何故志望動機を確認するのかといった背景から、実際に志望動機を書くためのテクニックをご紹介。ポイントは「あなたのビジョンを明確にすること」と「企業のビジョンを理解すること」の2つです。

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

同じカテゴリの記事

【16卒採用選考】丸紅のES・面接の選考体験記 総合職

総合商社の丸紅の16卒本採用選考(総合職)の体験記です。 丸紅は、伝統的に電力部門や紙・パルプ部門、食料部門に強みを持っているのが特徴ですね。 協力いただいた方の情報 卒業年度 16年卒 応募職種 …

【17卒インターン】住友電工のES通過例_インターン参加 事務系総合職

【17卒インターン】コロプラのES・面接の選考体験記 夏インターン3日間

『白猫プロジェクト』や『魔法使いと黒猫のウィズ』などのソーシャルゲームを展開するコロプラの17卒インターン選考の体験記です。 協力いただいた方の情報 卒業年度 17年卒 選考フェーズ インターン参加…

AIGグループのES対策_16卒 スプリング・インターン選考

2016年入社AIGグループ スプリング・インターンシップのエントリーシート設問についての対策について。 インターンの詳細については公式採用ページをご確認ください「AIGグループ新卒採用情報」 どの企業にも共通のES作成…

【18卒採用選考】新日鉄ソリューションズのES通過例_内定 システムエンジニア

  就活体験記記入キャンペーン