『「創刊男」の仕事術』 くらたまなぶ

「とらばーゆ」「フロム・エー」「エイビーロード」「じゃらん」などリクルートの代表的な雑誌の創刊をしてきた、 くらたさんが執筆した本。
新規事業の開発から実行まで彼独自の手法や体験が書かれている。

新規事業開発系のインターンが増えてきているので、どのように事業を創っていくのかを知っておくとインターンでの活躍の場も広がる。

書籍中に「誰でもできる起業マニュアル」という1ページほどのまとめがあるが、これがとても参考になるのでこのページだけでも読んでおいてほしい。

===================================
事業を実現するためには、①ロマン、②ソロバンの2つのフェーズがある。
各フェーズの内容は以下の通りであり、開発から起業をする場合は1→8へ
起業後に事業を見直す場合は8→1へと考えていく。

【ロマン】
1夢 2誰(ターゲット) 3何(サービス内容) 4カタチ
【ソロバン】
5カタチ 6時空 7ヒト 8カネ
===================================

ロマンのフェーズではカッコイイ大風呂敷を広げること、ソロバンのフェーズでは地道な一歩が大切である。

また、アイデアの種を集めるヒアリングの方法に彼の個性が溢れていて、ファクトを押さえる為の調査の定義も印象的だった。
・ 市場調査:昨日までの「人の行動」を数値で知ること
・ マーケティング:明日からの「人の気持ち」を言葉で知ること

新規事業に興味がある人、ベンチャー企業などの事業立案のインターンに参加する予定の人は読んでおいて損はない1冊。

ただし、リクルートの江副モデル(クライアントニーズを徹底的に聞き、ユーザーとのマッチングを図るもの)が原型としてあるので、すべての事業開発がこのやり方で立ち上げられるとは限らない。

また、くらたさんの実体験がベースとなっているので、マーケティングの理論が書かれた本と合わせて読み理解を深めることをおすすめする。

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

2016/03/02 オススメ就活本レビュー

同じカテゴリの記事

『企業が「帝国化」する アップル、マクドナルド、エクソン~新しい統治者たちの素顔』 松井博

元アップルのシニアディレクターの著者が巨大ビジネスを創った企業群について切り込む。 目次 第1章 アップルはどうやって帝国化したのか 第2章 帝国の仕組み 第3章 帝国で働く人々 第4章 食を司る帝国たち 第…

『外資系金融のExcel作成術』 慎泰俊

モルガンスタンレーキャピタル出身の著者が書いたExcel作成のための本。 財務予測やシナリオ分析、感度分析モデルの作り方はもちろん、Excelのお作法(並び順、フォント、表記、配色、罫線、項目、タイトルのルール)など明日からビ…

no image

『「超」文章法』 野口 悠紀雄

エントリーシートを書く上でわかりやすく伝えることは重要である。 エントリシートにおいて内容が8割であるが、その書き方(上記の書籍中の言葉をかりるならば「化粧の仕方」)についても注意をして欲しい 文章を書き慣れてい…

no image

『MBA組織と人材マネジメント』 グロービス

人事の思考を理解したくて読んでみた。「人的資源管理HRM」が中心。戦略を実行するための組織づくりとその運営。 …

no image

『ビジョナリーカンパニー3』 ジェームズ・C・コリンズ

衰退には5段階あり、それぞれのフェーズについての解説に重点。衰退を避ける方法は前作までの内容参照。衰退を促す要素には特に目新しいものはなかったが、どういう順を追って落ちぶれるのかといった点は面白かった。学生団体の様な組織…