自分の強みを見つける:専門性

ESや面接で求められる「自分の強み」。
実際のビジネスの現場ではどのように強み(行動特性=コンピテンシー)を定義しているのかを見て行きましょう。

自分の強みの見つけ方はこちらから

自分探し厳禁!自分の強みを見つける方法
ESや面接で聞かれる「自身の強み」について企業・人事の立場に立ってどのようにアピールしていけばよいのか。自己分析などの自分探しの旅に出ずに自信の魅力について伝える方法をご紹介。

専門性の定義

自分の専門的な知識やスキルを拡大し、それを仕事に活用したり周囲の人達にも広めたりする力。
(専門的知識力+知識活用力)

 

達成レベル

企業によって設定レベルは異なりますが、一般例としては下記のように設定されます。

レベル 専門性
0 仕事で必要となる専門性が不足しているにもかかわらず、自分の専門的な知識を拡大しようとしない。
1 今の仕事に必要となる最低限の知識やスキルは身につけようとしている。ただし、それを実際に仕事に活用していない、あるいは活用できるレベルまでは身についていない。
2 今の仕事に必要となる最低限の知識は持っており、それを実際に仕事で活用し使っている。
3 自分から今必要なレベル以上の専門的な知識を拡大しようとし、身についた専門性を実際に仕事で使っている。
4 ある領域に関する専門的な知識は全て持っており、その専門的知識に基づいたあるいは専門的な仕事を行なっている。
5 自分の専門性に基づいて仕事を進め、さらにその専門領域に関して部下・後輩・他部署の関係者などの指導も行ない、社内での専門性を拡大させている。
6 社内では右に出るものがなく、その領域に関しては社内の格威であると自他ともに認められるような高いレベルの専門性を身につけ、それを実際に仕事で活用している。
7 独自の専門的な理論を作り上げ、社外からもその領域の専門家であると認められるくらいの専門性を身につけ、それを実際に仕事で活用している。

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

同じカテゴリの記事

thumbnail_logo

自分の強みを見つける:顧客指向性

ESや面接で求められる「自分の強み」。 実際のビジネスの現場ではどのように強み(行動特性=コンピテンシー)を定義しているのかを見て行きましょう。 自分の強みの見つけ方はこちらから: 顧客指向性の定義 直接的に顧客…

thumbnail_logo

自分の強みを見つける:関係構築力

ESや面接で求められる「自分の強み」。 実際のビジネスの現場ではどのように強み(行動特性=コンピテンシー)を定義しているのかを見て行きましょう。 自分の強みの見つけ方はこちらから: 関係構築力の定義 社内外の関係…

thumbnail_logo

自分の強みを見つける:組織感覚力

ESや面接で求められる「自分の強み」。 実際のビジネスの現場ではどのように強み(行動特性=コンピテンシー)を定義しているのかを見て行きましょう。 自分の強みの見つけ方はこちらから: 組織感覚力の定義 組織の中にあ…

thumbnail_logo

自分の強みを見つける:対人理解力

ESや面接で求められる「自分の強み」。 実際のビジネスの現場ではどのように強み(行動特性=コンピテンシー)を定義しているのかを見て行きましょう。 自分の強みの見つけ方はこちらから: 対人理解力の定義 相手の気持ち…

thumbnail_logo

自分の強みを見つける:自信(自己貫徹力)

ESや面接で求められる「自分の強み」。 実際のビジネスの現場ではどのように強み(行動特性=コンピテンシー)を定義しているのかを見て行きましょう。 自分の強みの見つけ方はこちらから:   自信(自己貫…

  就活体験記記入キャンペーン