キャリアを考える人のための就職情報ナビ

大和総研の企業分析_売上・営利・純利益など

大和証券グループのシンクタンク、大和総研の決算公告です。
今回は持株会社の大和総研ホールディングスと、大和総研、大和総研ビジネス・イノベーションの3社について業績を見て行きましょう。

大和総研は大和証券経済研究所(DSRI)、大和コンピューターサービス(DCC)、大和システムサービス(DSS)の三社が1989年に合併して設立された会社です。さらにこれらのその起源は大和証券の調査部(リサーチ部門の前身)と機械計算部(システム部門の前身)にあります。

事業内容としてはNRI(野村総合研究所)に近く、シンクタンクとしての機能と社内外むけのシステム開発がメインとなっています。
(NRIの売上比率はシンクタンク1割、システム9割程度ですので、大和総研もおおよそ同じような配分かと思います。)

大和総研グループの業績

決算期 売上
[億円]
粗利
[億円]
営利
[億円]
経常利益
[億円]
当期純利益
[億円]
粗利率 営利率 経常
利益率
当期
純利益率
大和総研
ホールディングス
2015年3月 51.0 50.0 46.1 46.1 48.35 98.0% 90.4% 90.4% 94.8%
大和総研 2015年3月 465.8 77.1 48.7 48.8 29.42 16.5% 10.5% 10.5% 6.3%
大和総研
ビジネス・イノベーション
2015年3月 367.3 86.6 30.1 33.5 20.60 23.6% 8.2% 9.1% 5.6%
総資産
[億円]
株主資本
[億円]
利益剰余金
[億円]
株主資本
比率
ROE ROA
大和総研
ホールディングス
344.3 336.6 258.5 97.8% 14.4% 14.0%
大和総研 302.8 175.0 39.1 57.8% 16.8% 9.7%
大和総研
ビジネス・イノベーション
267.0 187.7 47.7 70.3% 11.0% 7.7%

3社を合算した場合、粗利率は24.3%、営利率は14.1%となります。NRIの連結粗利率は28.8%、営利率は12.7%ですのでビジネスの類似性が高そうです。

大和総研_20150625大和総研ビジネス・イノベーション_20150625

この記事を読んだ人がよく見ています

同じカテゴリの記事

IR情報からみる三井物産の企業分析

財閥系総合商社の三井物産についてIR情報から企業分析をしていきましょう。 IR情報を読み解くことで、新卒採用向けの情報には記載されていない配属の可能性やどの事業部が付加価値を生み出しているのかが見えてきます。  …

gloopsの企業分析_売上・営利・純利益など

ソーシャルゲームを展開しているgloopsの決算公告です。 広告代理店から始まり、システム開発を経て、2010年からDeNAの「モバゲータウン」にてソーシャルゲームをリリース、その後2012年にネクソンの完全子会社となっていま…

no image

未上場企業の分析

ベンチャー企業を見ている方は多くの企業が上場しておらずIR情報などから企業分析ができない場合が多い、 ただし、帝国データバンクなどを利用することで各種データを取得することができるので、是非参考にしてほしい。 帝国データバ…

プロサッカークラブの業界分析_売上・営利・純利益など

今回はJリーグの各プロサッカークラブについて、サッカーのフィールドから離れて経営業績で比較していきましょう。 決算告示がなされているのは、ガンバ大阪、鹿島アントラーズ、横浜Fマリノス、サンフレッチェ広島、FC東京、名古屋グ…

三井物産の人事制度~求められる能力と昇進の条件を知る

財閥系総合商社の三井物産の人事制度についてご紹介。企業における詳細な人事制度は採用HPなどには記載されていませんが、人事の専門書などを読むと、人事制度の例としてより詳しく知ることができます。 みなさんは就活生ですので、詳細…

  就活体験記記入キャンペーン