キャリアを考える人のための就職情報ナビ

大和総研の企業分析_売上・営利・純利益など

大和証券グループのシンクタンク、大和総研の決算公告です。
今回は持株会社の大和総研ホールディングスと、大和総研、大和総研ビジネス・イノベーションの3社について業績を見て行きましょう。

大和総研は大和証券経済研究所(DSRI)、大和コンピューターサービス(DCC)、大和システムサービス(DSS)の三社が1989年に合併して設立された会社です。さらにこれらのその起源は大和証券の調査部(リサーチ部門の前身)と機械計算部(システム部門の前身)にあります。

事業内容としてはNRI(野村総合研究所)に近く、シンクタンクとしての機能と社内外むけのシステム開発がメインとなっています。
(NRIの売上比率はシンクタンク1割、システム9割程度ですので、大和総研もおおよそ同じような配分かと思います。)

大和総研グループの業績

決算期 売上
[億円]
粗利
[億円]
営利
[億円]
経常利益
[億円]
当期純利益
[億円]
粗利率 営利率 経常
利益率
当期
純利益率
大和総研
ホールディングス
2015年3月 51.0 50.0 46.1 46.1 48.35 98.0% 90.4% 90.4% 94.8%
大和総研 2015年3月 465.8 77.1 48.7 48.8 29.42 16.5% 10.5% 10.5% 6.3%
大和総研
ビジネス・イノベーション
2015年3月 367.3 86.6 30.1 33.5 20.60 23.6% 8.2% 9.1% 5.6%
総資産
[億円]
株主資本
[億円]
利益剰余金
[億円]
株主資本
比率
ROE ROA
大和総研
ホールディングス
344.3 336.6 258.5 97.8% 14.4% 14.0%
大和総研 302.8 175.0 39.1 57.8% 16.8% 9.7%
大和総研
ビジネス・イノベーション
267.0 187.7 47.7 70.3% 11.0% 7.7%

3社を合算した場合、粗利率は24.3%、営利率は14.1%となります。NRIの連結粗利率は28.8%、営利率は12.7%ですのでビジネスの類似性が高そうです。

大和総研_20150625大和総研ビジネス・イノベーション_20150625

この記事を読んだ人がよく見ています

同じカテゴリの記事

崎陽軒の企業分析_売上・営利・純利益など

横浜のシュウマイ屋さんでお馴染みの崎陽軒の決算公告になります。 みなさんも横浜土産として一度は食べたことがあるのではないでしょうか? 株式会社崎陽軒の業績 決算期 売上 当期純利益 当期 純利益…

みずほ総合研究所の企業分析_売上・営利・純利益など

みずほフィナンシャルグループのシンクタンク、みずほ総合研究所の決算公告です。 みずほ総合研究所は、第一勧銀総合研究所と日本興業銀行の調査部門が統合し2002年4月に発足し、その後 2002年10月に富士総合研究所のシンクタ…

タワーレコードの企業分析_売上・営利・純利益など

音楽ソフト販売チェーンのタワーレコードの業績公告です。 かつてはアメリカに本社を置く企業でしたが、その後MBOを行い、現在はドコモ(50.25%)とセブン&アイホールディングス(44.6%)が筆頭株主となっています。 …

秋田書店の企業分析_売上・純利益など

「少年チャンピオン」などの漫画雑誌を出版している秋田書店の決算公告です。 秋田書店といえば、侵略!イカ娘、弱虫ペダル、シグルイなどライト向けからコア向けまで(どっちかって言うとコアなのが多いですが…)さまざま掲載されていま…

新規上場ベンチャーの業績比較

新規上場ベンチャーの「フリークアウト」「みんなのウェディング」「レアジョブ」について業績などの比較 ※数値には万全を期しておりますが、誤記載などの可能性がありますので、投資などの意思決定をする際は元データをご参照ください。…

  就活体験記記入キャンペーン