キャリアを考える人のための就職情報ナビ

ドコモ・アニメストアの企業分析_売上・営利・純利益など

アニメ配信会社ドコモ・アニメストアの決算公告です。

アニメ1,300作品が月額400円で見放題というサービスを展開しており、NTTドコモが60%、角川書店が40%の出資により設立されています。角川書店はドコモ・アニメストアの他にも「ニコニコ動画」を運営するドワンゴとも経営統合を実施するなど、アニメのネット配信に力をいれています。

ドコモ・アニメストアもしょこたんを起用したTVCMも積極的に打っていましたね。アニメサンプルとして『涼宮ハルヒ』が出されていたのは角川が出資しているのが背景にあるのですね。

株式会社ドコモ・アニメストアの業績

決算期 売上
[億円]
粗利
[億円]
営利
[億円]
経常利益
[億円]
当期純利益
[億円]
粗利率 営利率 経常
利益率
当期
純利益率
2014年3月 57.8 21.1 13.6 13.6 8.81 36.6% 23.5% 23.6% 15.2%
総資産
[億円]
株主資本
[億円]
利益剰余金
[億円]
株主資本
比率
ROE ROA
49.2 33.3 13.3 67.7% 26.5% 17.9%

売上57.8億円、営業利益13.6億円。利益率は粗利率が36.6%,営利率が23.5%となっています。コンテンツ配信がメインのため経費がかかりにくく、営業利益率は高めの数値になっています。CMを積極的に打っていたイメージが有るのですが、販管費は7.54%に落ち着いています。

また、BSに目をやると、資産の大部分を流動資産が占め、固定資産は僅か10%程度にとどまっています。

1,300作品を月額400円で見放題というサービスはかなり魅力的ですが、スマートフォン端末での動画視聴はすぐにパケット通信量の上限に達してしまいそうです。

ドコモ・アニメストア_20150618

この記事を読んだ人がよく見ています

同じカテゴリの記事

GAME FREAK(ゲームフリーク)の企業分析_純利益・ROE・ROAなど

ポケモンなどのゲーム開発を手掛けるゲームフリークの決算公告です。 ゲームフリークは1989年4月創業で、ポケモンをリリースするまでは主にスーパーファミコンソフトを主に開発していたようです。 落ちゲーの「ヨッシーのたまご」…

YKK APの企業分析 売上,利益,ROEなど

カネボウの企業分析_売上・営利・純利益など

化粧品メーカーでお馴染みのカネボウ化粧品の決算公告です。 カネボウ化粧品と合わせて、カネボウ化粧品販売、カネボウコスミリオン、エキップ、SENSAIコスメティックスについても決算公告がありました。   株式会…

ブラックストーン・グループ・ジャパンの企業分析_純利益・ROE・ROAなど

世界最大の投資ファンド運用会社ブラックストーン・グループの日本支社の決算公告です。 新卒採用も募集しているようですので、力のある方は是非チャレンジしてみましょう。 ブラックストーン・グループ・ジャパン株式会社 平成26…

IR情報からみるMRIの企業分析

コンサル、シンクタンク、SIerの顔を持つMRI(三菱総合研究所)について 会社全体の情報をはじめ、セグメント別情報からビジネスモデルを推測する。 ※情報は2014年3月現在のものであり、今後変化する可能性があります。 …

  就活体験記記入キャンペーン