デロイトトーマツコンサルティング(DTC)の企業分析

会計系コンサルの「デロイトトーマツコンサルティング」の決算公告です。
あわせてデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー株式会社の決算公告もでていました。

デロイトトーマツコンサルティング株式会社

平成26年9月30日 第22期決算公告
利益剰余金 38.3億円
うち当期純利益 14.2億円

従業員(2014年12月末日現在 グループ概要より)
パートナー     80名 ※2
コンサルタント  1,488名
事務職       150名
合計       1,718名
デロイトトーマツコンサルティング_20150224

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー株式会社

平成26年9月30日 第14期決算公告
利益剰余金 20.8億円
うち当期純利益 3.55億円

従業員数(2014年12月末日現在 グループ概要より)
パートナー 45名 (有限責任監査法人トーマツのパートナー)
コンサルタント 354名
事務職  39名
合計 438名

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー_20150224

この記事を読んだ人がよく見ています

同じカテゴリの記事

三省堂書店の企業分析_売上・営利・純利益など

大型書店の三省堂書店の決算公告です。 Amazonの台頭により書店は苦戦を強いられていますが、今回も三省堂書店だけでなく本屋業界全体も見て行きたいと思います。 株式会社三省堂書店 平成26年8月31日 第86期決算公告 …

IR情報からみるリクルートの企業分析

人材派遣、人材募集、マーケティングの事業を展開するリクルートについてIR情報から企業分析をしていきましょう。 1. リクルートの業績推移 まずはリクルートホールディングスの業績の推移を見てみましょう。10年前は売上が4,00…

家具業界の企業分析|大塚家具低迷の原因を探る

大塚家具の経営方針を巡っての経営権争いが加熱していますが、今回は家具業界のビジネスの傾向と各企業の分析を進めていきたいと思います。 今回の騒動の経緯 大塚家具の創業者で現会長の大塚勝久氏と勝久氏の娘の大塚久美子氏の経営方針の…

ロフトの企業分析_売上・営利・純利益など

雑貨店としておなじみのロフトの決算公告です。 現在はセブン&アイ・ホールディングスの傘下となっています。 株式会社ロフトの業績 決算期 売上 粗利 営利 経常利益 当期純利益 …

gloopsの企業分析_売上・営利・純利益など

ソーシャルゲームを展開しているgloopsの決算公告です。 広告代理店から始まり、システム開発を経て、2010年からDeNAの「モバゲータウン」にてソーシャルゲームをリリース、その後2012年にネクソンの完全子会社となっていま…

  就活体験記記入キャンペーン