キャリアを考える人のための就職情報ナビ

福助の企業分析_売上・営利・純利益など

足袋やストッキングのメーカーとして知られている福助の決算公告です。
私は大学の部活で足袋を使っていたので福助製品を買ったことがありますが、男性で福助の製品に関わる人は今はかなり少ないのかと思います。

1882年創業の会社ではありますが2003年に倒産、その後企業再生ファンドを経て、現在は豊田通商の完全子会社となっています。

福助株式会社の業績

決算期 売上
[億円]
粗利
[億円]
営利
[億円]
経常利益
[億円]
当期純利益
[億円]
粗利率 営利率 経常
利益率
当期
純利益率
2015年1月 255.8 83.5 0.2 4.9 2.8 32.6% 0.1% 1.9% 1.1%
決算期 総資産
[億円]
株主資本
[億円]
利益剰余金
[億円]
株主資本比率 ROE ROA
2015年1月 106.0 26.8 11.1 25.3% 10.5% 2.6%

 

会社概要によると 2015年3月時点での従業員数は363名であり、一人あたり売上高は大きい印象を持ちますが、営業利益は2,000万円しかなく、営利率は0.1%とかなりギリギリの数値。

当期純利益は2.8億円(売上比1.1%)の着地ですが、これは営業外収益の5.71億円が大きくインパクトしています。

改めて大手アパレルチェーンの強さを実感しますね。(ちなみに、ユニクロ(ファーストリテイリング)、しまむらの営業利益率はそれぞれ10.7%、7.2%となっています)

 

福助株式会社_20150511

この記事を読んだ人がよく見ています

2017/08/08 企業分析

同じカテゴリの記事

東京大学エッジキャピタルの企業分析 純利益,ROEなど

YKK APの企業分析 売上,利益,ROEなど

京都大学イノベーションキャピタルの企業分析 純利益,ROEなど

ファンド概要 イノベーション京都2016投資事業有限責任組合 ファンド組成日:平成28年1月4日 ファンド総額:16,001,000千円 京都大学からの出資額合計:1,500,100千円 (京都大学イノベーションキ…

みずほ総合研究所の企業分析_売上・営利・純利益など

みずほフィナンシャルグループのシンクタンク、みずほ総合研究所の決算公告です。 みずほ総合研究所は、第一勧銀総合研究所と日本興業銀行の調査部門が統合し2002年4月に発足し、その後 2002年10月に富士総合研究所のシンクタ…

家具業界の企業分析|大塚家具低迷の原因を探る

大塚家具の経営方針を巡っての経営権争いが加熱していますが、今回は家具業界のビジネスの傾向と各企業の分析を進めていきたいと思います。 今回の騒動の経緯 大塚家具の創業者で現会長の大塚勝久氏と勝久氏の娘の大塚久美子氏の経営方針の…

  就活体験記記入キャンペーン