キャリアを考える人のための就職情報ナビ

キヤノン(Canon)の企業分析

業績サマリ

2016年12月期 連結決算データ

売上
34,015億円
営業利益(営業利益率)
2,289億円 (6.73%)
当期純利益(当期純利益率)
1,507億円 (4.43%)
海外売上比率
79%
ROE(当期純利益/株主資本)
5.41%
ROA(当期純利益/総資産)
2.93%

業績推移

(単位:億円)

2013年 2014年 2015年 2016年
売上 37,314 37,273 38,003 34,015
営業利益 3,373 3,635 3,552 2,289
当期純利益 2,305 2,548 2,202 1,507
営業利益率 9.04% 9.75% 9.35% 6.73%
純利益率 6.18% 6.84% 5.79% 4.43%

部門別情報

2016年データ

部門別業績

(単位:億円)

その他指標

BS(貸借対照表)

2016年12月現在 (単位:百万円)

資産の部負債及び純資産の部
流動資産2,099,750流動負債983,369
 当座資産1,274,860固定負債1,160,540
固定資産3,038,780負債合計2,143,910
株主資本2,783,130
 資本金174,762
 利益剰余金2,608,368
純資産合計2,783,130
資産合計5,138,530負債・純資産合計 5,138,530

CFマトリクス

(単位:億円)

キャッシュフローマトリクスの読み解き方~企業を変遷を知る
キャッシュフローマトリクスと企業分析の方法についてご紹介。PL(損益計算書)に比べてとっつきにCFですが、企業のお金の流れを直接見れる非常に便利な指標のなのです。これらを経年で可視化するCFマトリクスについてお伝えします。

キヤノン(Canon)の企業分析記事

該当の記事はありません。

業界ランキング

同じ業界の企業一覧

  就活体験記記入キャンペーン