三菱商事の企業分析

2016年03月期 業績サマリ

売上
69,256億円
営業利益(営業利益率)
103億円 (0.15%)
当期純利益(当期純利益率)
-1,494億円 (-2.16%)
ROE(当期純利益/株主資本)
- %
ROA(当期純利益/総資産)
- %

業績推移

(単位:億円)

2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
売上 45,408 52,069 55,658 59,688 76,352 76,695 69,256
営業利益 1,823 3,141 2,711 1,339 1,985 2,121 103
当期純利益 0.00 0.00 0.00 0.00 3,614 4,006 -1,494

部門別情報 2016年データ

事業内容

地球環境・ インフラ事業 新エネルギー、電力、水、交通や、その他産業基盤となるインフラ分野における事業及び関連する取引などを行っています。
新産業金融事業 アセットマネジメント、インフラ向け投資、企業のバイアウト投資、リース、不動産開発、物流などの分野において、商社型産業金融ビジネスを展開しています。
エネルギー事業 石油・ガスの探鉱・開発・生産事業や、天然ガス液化プロジェクトへの投資、原油・石油製品・炭素製品・LNG・LPGなどの販売取引、新規エネルギー事業の企画開発などを行っています。
金属 薄板・厚板などの鉄鋼製品、石炭・鉄鉱石などの鉄鋼原料、銅・アルミなどの非鉄金属原料・製品の分野において、販売取引、事業開発、投資などを行っています。
機械 工作機械、農業機械、建設機械、鉱山機械、エレベーター、エスカレーター、船舶、宇宙航空関連機器、自動車などの幅広い分野において、販売、金融、物流、投資などを行っています。
化学品 原油、天然ガス、鉱物、植物、海洋資源などより生産されるエチレン、メタノール、塩といった基礎原料から、プラスチック、電子材料、食品素材、肥料や医農薬などの川下・川中製品まで、幅広い化学品の分野において、販売取引、事業開発、投資などを行っています。
生活産業 食料、繊維、生活物資、ヘルスケア、流通・小売など、人々の生活に身近な分野で、原料・素材の調達から、消費市場に至るまでの幅広い領域において、商品・サービスの提供、事業開発、投資などを行っています。

部門別業績

従業員数

その他指標

BS(貸借対照表)

2016年03月現在 (単位:百万円)

資産の部負債及び純資産の部
流動資産6,557,190流動負債4,433,240
 当座資産4,678,970固定負債5,465,500
固定資産8,359,060負債合計9,898,730
株主資本4,592,520
 資本金204,447
 利益剰余金4,388,073
純資産合計4,592,520
資産合計14,916,300負債・純資産合計 14,916,300

CFマトリクス

キャッシュフローマトリクスの読み解き方~企業を変遷を知る
キャッシュフローマトリクスと企業分析の方法についてご紹介。PL(損益計算書)に比べてとっつきにCFですが、企業のお金の流れを直接見れる非常に便利な指標のなのです。これらを経年で可視化するCFマトリクスについてお伝えします。

三菱商事の企業分析記事

IR情報からみる三菱商事の企業分析

総合商社に売上首位のの三菱商事についてIR情報から企業分析をしていきましょう。 巷では、商社は配属リスクがある、入社したら一生安泰といったイメージがありますが、それらについてホントなのか検証してきましょう。 三井物産の企業分析は...

  就活体験記記入キャンペーン
三菱商事

三菱商事

商社/総合商社

三菱商事の企業分析

2016年03月期 業績サマリ

売上
69,256億円
営業利益(営業利益率)
103億円 (0.15%)
当期純利益(当期純利益率)
-1,494億円 (-2.16%)
ROE(当期純利益/株主資本)
- %
ROA(当期純利益/総資産)
- %

業績推移

(単位:億円)

2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
売上 45,408 52,069 55,658 59,688 76,352 76,695 69,256
営業利益 1,823 3,141 2,711 1,339 1,985 2,121 103
当期純利益 0.00 0.00 0.00 0.00 3,614 4,006 -1,494

部門別情報 2016年データ

事業内容

地球環境・ インフラ事業 新エネルギー、電力、水、交通や、その他産業基盤となるインフラ分野における事業及び関連する取引などを行っています。
新産業金融事業 アセットマネジメント、インフラ向け投資、企業のバイアウト投資、リース、不動産開発、物流などの分野において、商社型産業金融ビジネスを展開しています。
エネルギー事業 石油・ガスの探鉱・開発・生産事業や、天然ガス液化プロジェクトへの投資、原油・石油製品・炭素製品・LNG・LPGなどの販売取引、新規エネルギー事業の企画開発などを行っています。
金属 薄板・厚板などの鉄鋼製品、石炭・鉄鉱石などの鉄鋼原料、銅・アルミなどの非鉄金属原料・製品の分野において、販売取引、事業開発、投資などを行っています。
機械 工作機械、農業機械、建設機械、鉱山機械、エレベーター、エスカレーター、船舶、宇宙航空関連機器、自動車などの幅広い分野において、販売、金融、物流、投資などを行っています。
化学品 原油、天然ガス、鉱物、植物、海洋資源などより生産されるエチレン、メタノール、塩といった基礎原料から、プラスチック、電子材料、食品素材、肥料や医農薬などの川下・川中製品まで、幅広い化学品の分野において、販売取引、事業開発、投資などを行っています。
生活産業 食料、繊維、生活物資、ヘルスケア、流通・小売など、人々の生活に身近な分野で、原料・素材の調達から、消費市場に至るまでの幅広い領域において、商品・サービスの提供、事業開発、投資などを行っています。

部門別業績

従業員数

その他指標

BS(貸借対照表)

2016年03月現在 (単位:百万円)

資産の部負債及び純資産の部
流動資産6,557,190流動負債4,433,240
 当座資産4,678,970固定負債5,465,500
固定資産8,359,060負債合計9,898,730
株主資本4,592,520
 資本金204,447
 利益剰余金4,388,073
純資産合計4,592,520
資産合計14,916,300負債・純資産合計 14,916,300

CFマトリクス

キャッシュフローマトリクスの読み解き方~企業を変遷を知る
キャッシュフローマトリクスと企業分析の方法についてご紹介。PL(損益計算書)に比べてとっつきにCFですが、企業のお金の流れを直接見れる非常に便利な指標のなのです。これらを経年で可視化するCFマトリクスについてお伝えします。

三菱商事の企業分析記事

IR情報からみる三菱商事の企業分析

総合商社に売上首位のの三菱商事についてIR情報から企業分析をしていきましょう。 巷では、商社は配属リスクがある、入社したら一生安泰といったイメージがありますが、それらについてホントなのか検証してきましょう。 三井物産の企業分析は...