キャリアを考える人のための就職情報ナビ

カネボウの企業分析_売上・営利・純利益など

化粧品メーカーでお馴染みのカネボウ化粧品の決算公告です。
カネボウ化粧品と合わせて、カネボウ化粧品販売、カネボウコスミリオン、エキップ、SENSAIコスメティックスについても決算公告がありました。

 

株式会社カネボウ化粧品

平成26年12月31日 第11期決算公告
売上 902億円
粗利 483億円
営利 136億円
利益剰余金 875億円
うち当期純利益 -199億円

カネボウ化粧品

カネボウ化粧品販売株式会社

平成26年12月31日 第13期決算公告
売上 1,419億円
粗利 661億円
営利 -28億円
利益剰余金 -57億円
うち当期純利益 -23億円

カネボウ化粧品販売

カネボウコスミリオン株式会社

平成26年12月31日 第23期決算公告
利益剰余金 9.8億円
うち当期純利益 1.0億円

カネボウコスミリオン

 

株式会社エキップ

平成26年12月31日 第11期決算公告
利益剰余金 13.9億円
うち当期純利益 3.1億円

エキップ

SENSAIコスメティックス株式会社

平成26年12月31日 第1期決算公告
利益剰余金 100万円
うち当期純利益 100万円

SENSAIコスメティックス

 業績サマリー

決算期 売上
[億円]
粗利
[億円]
営利
[億円]
経常利益
[億円]
当期純利益
[億円]
粗利率 営利率 経常
利益率
当期
純利益率
カネボウ
化粧品
2014年
12月
902.7 483.1 136.1 120.7 -199.0 53.51% 15.07% 13.37% -22.05%
カネボウ
化粧品販売
2014年
12月
1,418.6 757.5 -27.9 -27.0 -23.0 53.40% -1.96% -1.90% -1.62%
カネボウコ
スミリオン
2014年
12月
1.0
エキップ 2014年
12月
3.1
SENSAI
コスメ
ティックス
2014年
12月
0.01

 

総資産
[億円]
株主資本
[億円]
株主資本比率 ROE ROA
カネボウ化粧品 1,423.0 949.7 66.7% -21.0% -14.0%
カネボウ
化粧品販売
337.3 56.0 16.6% -41.0% -6.8%
カネボウ
コスミリオン
23.5 10.9 46.4% 9.4% 4.4%
エキップ 35.6 16.9 47.5% 18.5% 8.8%
SENSAI
コスメティックス
0.12 0.11 91.7% 9.1% 8.3%

カネボウ化粧品は136億円の営利を出しながらも特別損失で285億円を計上し純利益でマイナス、カネボウ化粧品販売はそもそも販管費がかさみ営業利益で-28億円の赤字となっています。

特損の背景としては2013年7月にロドデノールを使用した化粧品において白斑症状が生じ、大規模な自主回収、和解金の支払いが生じたためと推測されます。

かなり額が大きいので、カネボウ化粧品の親会社の花王の業績にも影響が出てくるかもしれません。

この記事を読んだ人がよく見ています

2017/08/08 企業分析

同じカテゴリの記事

UQコミュニケーションズの企業分析 売上,利益,ROEなど

ジョンソン・エンド・ジョンソンの企業分析_売上・営利・純利益など

外資系の製薬・医療機器、ヘルスケア商品を販売しているジョンソン・エンド・ジョンソンの決算公告です。 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の業績 決算期 売上 粗利 営利 経常利益 当期…

モルガン・スタンレー グループ会社の企業分析_売上・営利・純利益など

外資系投資銀行のモルガン・スタンレーにはいくつかのグループ会社がありますが、その中で「モルガン・スタンレー・キャピタル・グループ」「モルガン・スタンレー・グループ」「モルガン・スタンレー・ビジネス・グループ」の3社について決算公…

日本通信の企業分析 売上,利益,ROEなど

大和総研の企業分析_売上・営利・純利益など

大和証券グループのシンクタンク、大和総研の決算公告です。 今回は持株会社の大和総研ホールディングスと、大和総研、大和総研ビジネス・イノベーションの3社について業績を見て行きましょう。 大和総研は大和証券経済研究所(DSR…

  就活体験記記入キャンペーン