ドイツ銀行
ドイツ銀行

金融(銀行・証券・保険)/外資系投資銀行

【17卒インターン】ドイツ銀行のES・面接の選考体験記 グローバル・マーケッツ統括本部

ドイツ銀行の17卒インターン選考(グローバル・マーケッツ統括本部)について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。
「何を判断基準にしていたかは分からないが、ある程度の発言数を稼ぐことと、ずれたことを言わないことが重要であると考えている。」との情報が集まっています。

協力いただいた方の情報

卒業年度 17卒
選考フェーズ インターン参加

インターン概要

企業名 ドイツ銀行
インターン名称 グローバル・マーケッツ統括本部
インターン日数 三日間
開催時期 9月上旬
インターン報酬 なし

選考フロー

選考フロー ES→WEBテスト→GD→インターン参加

ES

ESの設問 あなたという人間をワンフレーズで表現してください。またその理由やエピソードを教えてください。【和文250字以内】

あなたは残り少ない学生生活を楽しむために、世界一周旅行に出かける事にしましたが、手持ちの資金が足りません。借金をしますか?資金が貯まるまで待ちますか?理由も述べてください。【和文250字以内】

ES記入時に留意した点 ESの設問自体は少ないが内容が変わっているので、他の外銀で使ったESの使い回しができない。よって、時間をかけて考え推敲した。書いたESの内容がおかしくないか友人や先輩に見てもらいフィードバックを受けて、適宜修正した。
締切日 8月上旬
結果連絡 1週間程度

筆記試験・WEBテスト

筆記試験の有無 なし
形式 玉手箱
試験のについて 特に対策は必要無い。外資系の金融はどこも似たテストなので自然となれる
試験日時 ESと締め切りが同じ
結果連絡 1週間ほど

対策本:

面接

1次面接

形式 GD
会場 東京
日時 8月下旬
面接官人数 2人
面接官の役職 中堅社員二人
学生人数 5人
時間 50分ほど
面接全体の流れ 面接官自己紹介 → GD → 逆質問
GDのテーマ 英語の早期教育の是非
進め方や与えられた資料の有無 資料はない。お題は面接官から伝えられるが細かい設定などは教えてくれないので、あとは学生同士で定義を確認して話し合った。
最後に発表までする。
逆質問で聞いたこと ・外資系で働くやりがいは?
・新卒の定着率は?活躍しているか?
どんなことを評価していたか 何を判断基準にしていたかは分からないが、ある程度の発言数を稼ぐことと、ずれたことを言わないことが重要であると考えている。
選考の雰囲気 比較的自由な雰囲気で学生同士で話し合う感じのGDだったので、プレッシャーなどは感じなかった。
その他補足事項 選考自体が遅めのため、GD慣れしている学生が多い
結果連絡 1週間後

実際のインターン情報

インターン参加者

参加学生の人数 20名以内
学生の出身大学 東大、京大、慶応、一橋
参加社員の人数 20名ほど

インターンの内容

スケジュール ・初日はイントロ、金融の講義、デスクローテーション、FX模擬トレード。
・二日目はデスクローテーション、グループ面接、FX模擬トレード。
・三日目はFX模擬トレードの結果についての発表準備と発表。なおこの発表は英語で行う。それ以外にランチや懇親会なども設定されている。
内容 デスクローテーション、グループ面接、FX模擬トレードがメインである。
グループ面接では、社員の前で自分がやりたい職種について各自が1分間発表を行う。
FX模擬トレードでは、2000万円の予算で、仮想のポジションを持ち利益を出すことが求められる。結果よりも選んだ通貨ペアの理由や考察が重要であったと思われる。
社員からのフィードバック 特にフィードバックはないが、常に評価している様子であった。
社員との接点 デスクローテーション、ランチ、懇親会などでたくさん話す機会がある。
成果発表の有無 FX模擬トレードの結果と考察についての発表をリクルーティングチームの前で行う。

インターンを振り返って

どんな学生が活躍していたか グループ面接とFX模擬トレードの発表で目立った学生が社員から良い評価を得ていたと思う。グループ面接では、インターンで学んだことと自身の経験を織り交ぜながら自分をアピールしていた学生が良い評価を得ていた。
FX模擬トレードの発表では発表後に質疑応答も沢山あるので、積極的に答えに行った方が良いと思われる。
必要なスキルや知識 FX模擬トレードの発表と質疑応答が英語で行われるので、英語力はかなり重要であると思われる。流暢に話せる必要まではないが、最低限のリスニング力とスピーキング力が必要である。
金融に関して講義が詳しく行われるので、金融の予備知識は必要ないと思われる。
感想 ドイツ銀行の社員は穏やかで賢い社員が多いという印象を受けた。新卒で活躍している人も多かった。
インターンは学ぶことが多かったが、手持ち無沙汰の時間も多いのがやや気になった。
その他補足事項 人事の方が優しい。

企業研究

OB訪問を実施したか いいえ
参考図書 『外資系金融の終わり』藤沢和希
外資系金融の雰囲気がなんとなくわかる
その他参考にしたもの 会社主催の説明会に参加した

選考通過のための参考記事

「学生時代に頑張ったこと」で差をつける6ステップ
「学生時代に力を入れたこと」を伝える6ステップと他の就活生との差別化テクニックをご紹介。ポイントを踏まえて伝えることで面接官の知りたいことをわかりやすく伝えることができます。「部活・サークル」「研究・勉強」「バイト」のパターン別に注意点を徹底解説
自分探し厳禁!自分の強みを見つける方法
ESや面接で聞かれる「自身の強み」について企業・人事の立場に立ってどのようにアピールしていけばよいのか。自己分析などの自分探しの旅に出ずに自信の魅力について伝える方法をご紹介。
志望動機を考えるの2つの要素~失敗しない志望理由の書き方
面接やESで求められる志望動機。そもそも企業は何故志望動機を確認するのかといった背景から、実際に志望動機を書くためのテクニックをご紹介。ポイントは「あなたのビジョンを明確にすること」と「企業のビジョンを理解すること」の2つです。

この記事を読んだ人がよく見ています

同じカテゴリの記事

【17卒採用選考】キヤノンのES・面接の選考体験記 事務系総合職

キヤノンの17卒採用選考(事務系総合職)について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。 「大学で力を入れてきたことをいえるか、が重視されていたように思う。また、キャノンの事業内容について細かく知っていたことも評価されたと思う…

【18卒採用選考】TISのES・面接の選考体験記 エンジニア

TISの18卒採用選考(エンジニア)について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。 「早期選考に進める価値があるのか図られているように感じた。 経験の中でどういうことを感じた?~いう風には考えなかったの?など人間としてマチュ…

【17卒インターン】キヤノンのES通過例_インターン参加 事務系総合職

【18卒採用選考】PwCのES・面接の選考体験記 コンサルタント

PwCコンサルティングの18卒採用選考(コンサルタント)について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。 「話す際には、構成を考えてロジカルに話せたことが良かったのではないかと思います。また、なぜコンサルタントか、なぜPwCな…

【18卒インターン】三菱商事のES・面接の選考体験記 1dayインターンシップ

三菱商事の18卒インターン選考(1dayインターンシップ)について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。 「やはり基本的な論理思考と、傾聴力、議論をまとめる力だと思います。加えて三菱商事の思い描くリーダー像と考え方…

  就活体験記記入キャンペーン