キャリアを考える人のための就職情報ナビ

インターン選考体験記 ストラテジー部門

  • 18卒
  • インターン参加

アクセンチュアの18卒インターン選考 (ストラテジー部門)について、実際にインターン参加した方のエントリーシート(ES)をご紹介。

協力いただいた方の情報

卒業年度 18卒
大学名 慶應義塾大学
文理 理系
学部 理工学部
性別 男性
志望業界 総合商社
選考フェーズ インターン参加

選考情報

企業名 アクセンチュア
応募職種 ストラテジー部門

ESの設問と回答

設問1

設問 あなたが戦略コンサルティングのインターンシップに興味を持った理由は何ですか
文字数 全角400文字以内
回答 私はフィリピンへの短期留学中に重度の大気汚染を体験し、「大気汚染と生産の両方を担う途上国」と「それらを任せる先進国」の間に問題が存在すると感じ、将来的に日本と途上国の懸け橋になるビジネスマンになりたいと考えるようになった。
そしてこの夢を実現するためには戦略コンサルティングというフィールドが業界・業務において私にとって最適だと考えているからである。業界として、若いうちから裁量権を与えられ、海外の諸事例の分析や国際展開、事業展開の方向性予測などの業務を通じて、途上国と日本を繋ぐことができると考えている。
また理系の大学院生として日々実験を行う中で、一つの実験結果からより多くの考察を行い、考察に対する仮説の妥当性を確認する実験を組み立て、再び考察を行うというプロセスを迅速に行えるようになった。業務としてこの力を大きく活かせるかどうかに挑戦したい。

設問2

設問 大学生活での具体的体験を踏まえ、小学生の自分に伝えたいことを書いてください
文字数 400字以内
回答 研究室で学部時代に教授から与えられたテーマについて国際論文で報告した後に、次のテーマは自分自身で考えなければならなくなった。
そこで「十分に計画を練り上げずに実験に取り掛かってしまったために、4か月近くの月日を空費してしまった」という経験をした。これは、決して短所でしかないとは思わないが、私の「完璧な質にまで推敲する前に、自分なりに納得のいく点に達したら実行してしまう」という性格によるものだと考えられる。
そこで小学生の自分には、「百マス計算でミスをしながら1番に解き終わるのではなく、100点を取れるように。これだけ練習・勉強すれば、あとは本番の運次第だと手を止めずに、最後まで詰めること。」の重要性を伝えたい。
どのような課題に足しても完璧を求めることは必ずしも正しいとは思わないが、自分自身の中で設定しているボーダーを高くしたいと考えている。

ES記入時に注意したこと・工夫したこと

論理構成を明確にして、読み手となる面接官が私の姿をイメージしやすくなるように意識して、自分の言葉で書きました。

同じカテゴリの記事

  就活体験記記入キャンペーン