キャリアを考える人のための就職情報ナビ

日立アプライアンス
日立アプライアンス

採用選考体験記 開発設計職

  • 18卒
  • 内定

日立アプライアンスの18卒本採用選考 (開発設計職)について、実際に内定した方のエントリーシート(ES)をご紹介。

協力いただいた方の情報

卒業年度 18卒
大学名 大阪工業大学大学院
文理 理系
学部 工学研究科
性別 男性
志望業界 メーカー
選考フェーズ 内定

選考情報

企業名 日立アプライアンス
応募職種 開発設計職

ESの設問と回答

設問1

設問 あなたの長所・セールスポイントを教えてください。
文字数 500字
回答 私は、設計プロセスの中で段階毎に小さな目標を立て、具体的に完成しなければならない日から逆算して時間を管理することで、能率的に行動するように心がけています。

プロペラファンの翼端渦の可視化装置検討の際には、文献もあまり参考にできなかったため、当初は夢中(霧中)で専門外の知識も収集しながら、一から研究にあたっていたと感じます。
しかし、短期で成果を出さなければならない研究では、場当たり的で非効率であることを実感し、段階ごとに目標を数値化して明確にし(Plan)、計画に沿って実行(Do)、計画通りに進行しているかと同時に、出来なかった原因を詳細に検討(Check)、そして、その検討結果からどのようにプロセスを改善すべきか(Act)という1つの回路を常に考え行動しました。
特に計画に沿って実行する際、実験装置がうまく動かないという予想外の出来事が起こることが多く苦労しましたが、その都度なぜ動かないのか、原因は不釣合いなどの振動現象か、それとも材料や加工方法が悪かったのかを徹底的に調べることで次に自分のやるべきことを明確化し、実現可能な対策を立てることで、最終的に実験装置を組み立てることが出来ました。

設問2

設問 学生時代に特に力を入れたことを教えてください。
文字数 500字
回答 私は、「プロペラファンの低騒音化手法」について、研究しています。
プロペラファンは、換気扇に代表される送風機で、PCなどのデジタル機器、自動車のエンジン冷却ファンなど私たちの身近なところに多く使用されているため、低騒音化が急務となっています。

そこで、効率を維持したまま騒音が低いプロペラファンが開発されれば広く社会に貢献できると考え、この専攻テーマを選びました。しかしながら、過去の文献や資料では、効率向上と騒音低減を両面からアプローチしたものはなく、設計手法も経験的な手法が用いられてきました。そこで、CFD解析を用いた設計を考案し、今までの手法にはない、新たな設計手法を開発しました。また、複数の設計パラメータにおいて実験とCFD解析により翼が騒音に与える影響を調べました。

研究成果は今までに、国内の学会や国際学会において発表しています。現在は騒音の要因を詳しく知るために独自の可視化装置を用いて研究していています。研究を通じて、加工から実験に至るまで一連のプロセスを一貫して経験することで、現物を意識した設計を行うことができ、コスト面を考慮した設計の大切さを学びました。

設問3

設問 学生時代に特に力を入れたことを教えてください。
文字数 500字
回答 私は、「プロペラファンの低騒音化手法」について、研究しています。

プロペラファンは、換気扇に代表される送風機で、PCなどのデジタル機器、自動車のエンジン冷却ファンなど私たちの身近なところに多く使用されているため、低騒音化が急務となっています。そこで、効率を維持したまま騒音が低いプロペラファンが開発されれば広く社会に貢献できると考え、この専攻テーマを選びました。
しかしながら、過去の文献や資料では、効率向上と騒音低減を両面からアプローチしたものはなく、設計手法も経験的な手法が用いられてきました。そこで、CFD解析を用いた設計を考案し、今までの手法にはない、新たな設計手法を開発しました。また、複数の設計パラメータにおいて実験とCFD解析により翼が騒音に与える影響を調べました。

研究成果は今までに、国内の学会や国際学会において発表しています。現在は騒音の要因を詳しく知るために独自の可視化装置を用いて研究していています。研究を通じて、加工から実験に至るまで一連のプロセスを一貫して経験することで、現物を意識した設計を行うことができ、コスト面を考慮した設計の大切さを学びました。

設問4

設問 当社で実現したいあなたの夢を教えてください。
文字数 500字
回答 ヒートポンプユニット全体の機器の設計開発を通して、地球環境保護に次の2点で貢献できるエンジニアに成長していきたいと考えています。

(1)地球規模でボイラからヒートポンプへの移行
(2)省エネだけではなく創エネの観点で、各家庭で気軽に有意義な電力消費を提案
していけるようなヒートポンプを開発したいと思います。

欧州では、依然として石炭焚きボイラを用いた冷暖房空調が用いられており、CO2発生量および電力量がヒートポンプと比べて多くなっています。そのため、高効率・コンパクトなヒートポンプを開発することで地球規模での省エネを目指します。

大学ではファン単体の効率や騒音といった要素技術について研究するのが主でしたが、ユニットの開発では、熱交換器や圧縮機の知識もさることながら、プロペラファンと熱交換器の相性を考え、その上でユニットとしての効率やCO2発生量抑制を最大化する必要があり、それを実現することでエンジニアとしてもユニットを統括的に見て設計開発できる技術を将来的には、養っていきたいと思います。また、創エネができるヒートポンプを開発することが出来れば、個人が気軽に地球環境保護に貢献することに繋がります。

設問5

設問 研究概要
文字数 200字
回答 可視化を利用して、ファンの空力騒音の原因となる翼端渦の発生・成長過程を詳細に調べるとともに、騒音計測することで騒音レベルと可視化から得られた非定常流れとの関係性を調査しています。ファンによる後流への乱れと翼端渦は空力騒音の大きな要因の一つとして考えられており、ファン形状と乱れ、騒音の関係性を見つけられればより低騒音なファン設計に反映できると考えています。

ES記入時に注意したこと・工夫したこと

具体例を織り交ぜて自己PR・学生時代頑張ったことを記入した。また、研究概要については専門用語を避けて出来るだけわかりやすく記入した。

日立アプライアンスの選考体験記一覧

採用選考

インターン

通過ES

業界ランキング

同じ業界の企業一覧

同じカテゴリの記事

【18卒インターン】デロイトトーマツコンサルティングのES・面接の選考体験記 冬インターン5日間

デロイトトーマツコンサルティングの18卒インターン選考について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。 「コンサルティング業界を目指す学生一般に言えることであるが、やはりロジカルシンキングは徹底的に磨いておいたほうが…

【18卒採用選考】スルガ銀行のES・面接の選考体験記 総合職

スルガ銀行の18卒採用選考(総合職)について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。 「説明会のとき、論理的に話せるか見ているといっていたので、自分なりに論理的とは何か考え、発言しました。あとは、面接官の方の質問に対して、その…

【18卒インターン】大同生命のES・面接の選考体験記 夏インターン5日間

大同生命の18卒インターン選考(夏インターン5日間)について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。 「一人の持ち時間がかなり短いので、その中でいかに端的にわかりやすく話せるかというプレゼン能力をみていたのではないか…

【18卒採用選考】川崎重工業のES・面接の選考体験記 事務職

川崎重工業の18卒採用選考(事務職)について、実際にリクルーター面接2回目まで参加した方の選考体験記をご紹介。 「リクルーター面談では人柄の評価を重視しているように感じた。また、自分の意見を分かり易く論理立てて伝えられていたこ…

【17卒採用選考】JR東日本のES通過例_面接参加 ポテンシャル採用(鉄道事務)

  就活体験記記入キャンペーン