伊藤ハム
伊藤ハム

メーカー/食品・飲料

【17卒採用選考】伊藤ハムのES・面接の選考体験記 生産技術職

伊藤ハムの17卒採用選考(生産技術職)について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。
「納得してもらおうと何度も粘り強く説明した点が良かったのだと思う。食品メーカーに就職する人がそんなに多くない学部なので、なぜ食品メーカーなのか何度も聞かれたが、できるだけ丁寧に食品業界に興味を持ったきっかけや他業界よりも食品業界を選んだ理由を説明した。」との情報が集まっています。

協力いただいた方の情報

卒業年度 17卒
大学所在地 大阪
大学名 大阪大学
文理 理系
性別
TOEIC点数 805
志望業界・企業 製薬、食品、化粧品
選考フェーズ 内定
特別選考の有無 特別選考

インターン参加によって、通常よりも早い時期に行われ、ES提出もなかった。また、一次面接が免除された。

選考情報

企業名 伊藤ハム
応募職種 生産技術職

選考フロー

選考フロー WEBテスト→1次面接→最終面接→内定

ES

ESの設問 なし

筆記試験・WEBテスト

筆記試験の有無 あり
形式 GAB
試験のについて GAB用の問題集で対策する必要がある。
試験日時 4月中旬
結果連絡 2日後

対策本:

面接

1次面接

形式 個人面接
会場 西宮本社
日時 4月中旬
面接官人数 2名
面接官の役職 一般社員、採用担当者
学生人数 1名
時間 20分程度
面接全体の流れ 面接官自己紹介→学生自己紹介→質問→(面接終了)
面接の質問内容 1. 志望動機を教えてください。
2. インターンシップの感想を教えてください。
3.体力はありますか。
4.ストレス解消法はありますか。
5.なぜ食品メーカーを志望していますか。
6.どんな仕事がしたいですか。
どんなことを評価していたか はきはき答えた点と、話すことに根拠があり論理的だった点が評価されたと思う。また、スポーツをしており、体力があることと、ストレス耐性があることも良かったのだと思う。
選考の雰囲気 フレンドリーな雰囲気だった。非常に和やかな面接官たちだった。
結果連絡 2日後

最終面接

形式 最終面接
会場 東京支社
日時 4月下旬
面接官人数 2名
面接官の役職 役員
学生人数 1名
時間 30分程度
面接全体の流れ 面接官自己紹介→学生自己紹介→質問→(面接終了)→学生から面接官への質問
面接の質問内容 1. 志望動機を教えてください。
2. インターンシップの感想を教えてください。
3.なぜ食品メーカーを志望していますか。
4.なぜ生産技術職を志望していますか。
5.第一志望ですか。
6.内定を出したら、就活を終えますか。
7.入社後、どんなことがしたいですか。
8.なし
逆質問で聞いたこと ・管理職になるためには、どんな経験や資質が必要ですか。
・食育に取り組んでいると伺いましたが、具体的にどんなことをしていますか。
どんなことを評価していたか 納得してもらおうと何度も粘り強く説明した点が良かったのだと思う。食品メーカーに就職する人がそんなに多くない学部なので、なぜ食品メーカーなのか何度も聞かれたが、できるだけ丁寧に食品業界に興味を持ったきっかけや他業界よりも食品業界を選んだ理由を説明した。
選考の雰囲気 やや緊張感があったが、徐々に和やかになっていった。時間超過するほど、質問して頂いた。
結果連絡 5月中旬

内定

内定通知 電話
他社選考辞退の指示 なし
会社を知るための取り組み 人事面談があった。
現在のステータス 内定辞退
内定辞退(もしくは内定承諾を迷っている)の理由 考えた結果、自分自身がやりたいことは食品業界ではなく、製薬業界にあったため、製薬企業から内定を頂き、伊藤ハムは内定辞退した。また、給与や福利厚生も製薬企業の方が良く、魅力を感じた。また、人それぞれだが、伊藤ハムインターンシップの際に工場内の原材料の臭いが苦手だったため、自分には向いていないと感じた。

企業研究

OB訪問を実施したか いいえ
参考図書 伊藤ハムのホームページ。ホームページの事業から、自分の興味のあること、やってみたいことを探した。

選考通過のための参考記事

「学生時代に頑張ったこと」で差をつける6ステップ
「学生時代に力を入れたこと」を伝える6ステップと他の就活生との差別化テクニックをご紹介。ポイントを踏まえて伝えることで面接官の知りたいことをわかりやすく伝えることができます。「部活・サークル」「研究・勉強」「バイト」のパターン別に注意点を徹底解説
自分探し厳禁!自分の強みを見つける方法
ESや面接で聞かれる「自身の強み」について企業・人事の立場に立ってどのようにアピールしていけばよいのか。自己分析などの自分探しの旅に出ずに自信の魅力について伝える方法をご紹介。
志望動機を考えるの2つの要素~失敗しない志望理由の書き方
面接やESで求められる志望動機。そもそも企業は何故志望動機を確認するのかといった背景から、実際に志望動機を書くためのテクニックをご紹介。ポイントは「あなたのビジョンを明確にすること」と「企業のビジョンを理解すること」の2つです。

この記事を読んだ人がよく見ています

同じカテゴリの記事

【17卒採用選考】JR九州のES通過例_最終面接参加 総合職事務系

【17卒採用選考】EYアドバイザリーのES・面接の選考体験記 アナリスト職

世界4大会計事務所 (Big 4) の一角を占めるアーンストアンドヤング(Ernst & Young, EY)のアドバイザリー業務を行うアーンストアンドヤングアドバイザリーの本採用選考(アナリスト職)です。 協力いただ…

【17卒採用選考】日本証券金融のES・面接の選考体験記 総合職

日本証券金融の17卒採用選考(総合職)について、実際に1次面接参加した方の選考体験記をご紹介。 「金融インフラということで、安定志向の学生が多いがそうではなく、新たなことに挑戦できるような学生であるかどうかを評価している。」と…

【17卒インターン】ソフトウェア・サービスのES・面接の選考体験記 冬インターン3日間

ソフトウェア・サービスの17卒インターン選考(冬インターン3日間)について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。 「質問に対して適切に簡潔に答えているか?自慢になっていないか?全ての内容において学校のキャリアセンタ…

【18卒採用選考】三菱商事のES・面接の選考体験記 総合職

三菱商事の18卒採用選考(総合職)について、実際に最終面接参加した方の選考体験記をご紹介。 「三菱商事は最終面接の倍率が最も高いと言われている。一次はスクリーニングの意味合いが強いと思うので、ハキハキと論理的で簡潔に答えること…

  就活体験記記入キャンペーン