損保ジャパン日本興亜
損保ジャパン日本興亜

金融(銀行・証券・保険)/保険(生保・損保)

【17卒インターン】損保ジャパン日本興亜のES・面接の選考体験記 5dayインターンシップ

損保ジャパン日本興亜の17卒インターン選考(5dayインターンシップ)について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。
「GDの基本的なスキルと立ち振る舞いができていれば、まず大丈夫かと思います。実際に私のグループもほとんどの人が選考を通過していました。」との情報が集まっています。

協力いただいた方の情報

卒業年度 17卒
大学所在地 東京都
大学名 法政大学
文理 文系
学部 経済学部
性別
TOEIC点数 715点
選考フェーズ インターン参加

インターン概要

企業名 損保ジャパン日本興亜
インターン名称 5dayインターンシップ
インターン日数 5日
開催時期 8月上旬
インターン報酬 なし

選考フロー

選考フロー ES提出→GD→インターン参加

ES

ESの設問 ・学生時代頑張ったこととそこから学んだこと(400文字以内)

・インターンシップ志望理由(200文字以内)

ES記入時に留意した点 就活初期な上、基本的な設問であるために文の構成に気をつけて記入しました。
締切日 7月上旬
結果連絡 1週間後

筆記試験・WEBテスト

筆記試験の有無 あり
形式 webテスティングサービス
試験のについて 自宅受験で、言語・非言語・性格検査で所用時間は60分
試験日時 7月上旬
結果連絡 1週間後

面接

1次面接

GDのテーマ 仕事と恋愛のどちらを優先すべきか
進め方や与えられた資料の有無 6~7人で30分間で議論し、終了後に代表の一人が1分程度で発表
どんなことを評価していたか GDの基本的なスキルと立ち振る舞いができていれば、まず大丈夫かと思います。実際に私のグループもほとんどの人が選考を通過していました。
選考の雰囲気 和やか
結果連絡 2週間以内でメールで

実際のインターン情報

インターン参加者

参加学生の人数 100名程度
学生の出身大学 早慶上智4割、旧帝大3割、マーチ2割、その他1割
参加社員の人数 内定者も含めると20人程度

インターンの内容

スケジュール 全体で5日間あり、1日目は保険金サービス業務体感ワーク、2,3日目はリスクコンサルティング業務体感ワーク、4,5日目で2025年以降の世の中で必要とされる損害保険を想像せよというワークを行い、最終日にプレゼンを行った。
内容 1日目は、各自でモチベーション曲線を記入し、それを含めた自己紹介をしたあとに、自動車事故の責任割合を決定するワークを行う。それを判断する情報がいくつか与えられてそれをもとに算出する。

2,3日目は取引先の海外進出に際して信頼を獲得してリスクコンサルティングを提案する。

4,5日目は注目する未来の出来事をグループごとに取り上げてそれに対する損害保険を全体に向けて最終日に発表する。

成果発表の有無 あった。評価は人事の方のみ。

インターンを振り返って

どんな学生が活躍していたか 就活初期なので、最終的には発表スキルをもった学生が目立っていたと思います。
必要なスキルや知識 ビジネスマナーの基本や、(アポイントの取り方や名刺交換の仕方)を学ぶこと、また、日頃から話し相手の意図を汲み取ってそれにあった回答を心がけることが大切であると感じました。就活初期なので学生の大半は手探りでワークに取り組んでいる印象でした。
感想 競合他社と比較して、柔らかい雰囲気の社員の方が多いように感じました。

企業研究

OB訪問を実施したか いいえ
参考図書 四季報・業界地図

選考通過のための参考記事

「学生時代に頑張ったこと」で差をつける6ステップ
「学生時代に力を入れたこと」を伝える6ステップと他の就活生との差別化テクニックをご紹介。ポイントを踏まえて伝えることで面接官の知りたいことをわかりやすく伝えることができます。「部活・サークル」「研究・勉強」「バイト」のパターン別に注意点を徹底解説
自分探し厳禁!自分の強みを見つける方法
ESや面接で聞かれる「自身の強み」について企業・人事の立場に立ってどのようにアピールしていけばよいのか。自己分析などの自分探しの旅に出ずに自信の魅力について伝える方法をご紹介。
志望動機を考えるの2つの要素~失敗しない志望理由の書き方
面接やESで求められる志望動機。そもそも企業は何故志望動機を確認するのかといった背景から、実際に志望動機を書くためのテクニックをご紹介。ポイントは「あなたのビジョンを明確にすること」と「企業のビジョンを理解すること」の2つです。

この記事を読んだ人がよく見ています

  就活体験記記入キャンペーン