東京センチュリー
東京センチュリー

金融(銀行・証券・保険)/カード・リース・信販

【18卒インターン】東京センチュリーのES・面接の選考体験記 冬インターン1日間

東京センチュリーの18卒インターン選考(冬インターン1日間)について、実際にインターンシップ参加した方の選考体験記をご紹介。
「リースの奥深さが本当に実感できたし、もっと知りたいと思いました。」との情報が集まっています。

協力いただいた方の情報

卒業年度 18卒
選考フェーズ インターンシップ参加

インターン概要

企業名 東京センチュリー
インターン名称 冬インターン1日間
インターン日数 1日間
開催時期 2017年12月
インターン報酬 なし

選考フロー

選考フロー エントリーシート→合否連絡→インターンシップ参加

ES

ESの設問 1.自己PR (300文字以内)
2.志望動機(インターンシップの志望動機をご入力ください)(300文字以内)
ES記入時に留意した点 とにかく簡潔に書くことを心がけました。

自己PRは特に言いたいことがたくさん頭の中に思い浮かび、それを文章にしたい!という気持ちが出てきてしまいがちです。しかし、何よりも簡潔にわかりやすく書くことを意識してエントリーシートを書きました。

どんなことを評価していたか エントリーシートのみでインターンシップに参加できるかどうかが決まったため、エントリーシートをいかに説得力あるように書けるかが評価されていたのではないかと考えております。
締切日 11月上旬だったと思います。すみませんあやふやです。
結果連絡 〆切り後すぐだったと思います。

筆記試験・WEBテスト

筆記試験の有無 なし

実際のインターン情報

インターン参加者

参加学生の人数 18名とかなり少人数でした。

夏季インターンシップも実施していたらしいので全体の参加人数はもう少し多いはずです。100名くらいでしょうか。

学生の出身大学 日本大学、東洋大学、駒澤大学レベルの学生がほとんどでした。
参加社員の人数 3名

インターンの内容

スケジュール 1日間という短い時間の中でしたので、会社概要の説明や業界の仕組み等の説明が主でした。

また営業のロールプレイングと、新しいリースのスキーム作りというグループワークもありました。短い時間でしたが大変ためになるインターンシップでした。

内容 営業のロールプレイングに関しては、学生が2人1組なり、営業担当がいかに相手(社長等)から自然な流れで有益な情報(会社の経営戦略等)を聞き出すかというものでした。

いきなり「経営戦略はなんですか」と聞いても教えてくれるはずもないので、世間話から入りそれとなく聞き出すというのが基本らしいですがとても難しく感じました。

成果発表の有無 リースの新しいスキームを作ろう!というお題に対してグループで意見をまとめ、最後に全体に向けての発表がありました。

人事の方がその発表を聞いてくださいました。

インターンを振り返って

どんな学生が活躍していたか かなり積極性のある学生が活躍している印象を受けました。もともと東京センチュリー株式会社自体が体育会系っぽい印象でしたので、同じような学生が集まりやすいのではないかと思います。

ただリースは学生にとって馴染みのないものなので基礎知識を持っている学生は少なかったです。

必要なスキルや知識 私は参加する前にリースについてある程度の知識を得てから参加するようにしていました。

実際インターンシップの中で「リースとはなにか」を説明してくれる機会もありますが、自身で勉強してから臨んだ方が役に立つと思います。

感想 リースの奥深さが本当に実感できたし、もっと知りたいと思いました。

企業研究

OB訪問を実施したか いいえ
参考図書 特にありません。

軽い気持ちでインターンシップに参加しようと思っていたので、特に書籍などは読みませんでした。企業分析に関しては書籍より企業のホームページを呼んで、企業の概要や事業内容について理解を深めるようにしました。

選考通過のための参考記事

「学生時代に頑張ったこと」で差をつける6ステップ
「学生時代に力を入れたこと」を伝える6ステップと他の就活生との差別化テクニックをご紹介。ポイントを踏まえて伝えることで面接官の知りたいことをわかりやすく伝えることができます。「部活・サークル」「研究・勉強」「バイト」のパターン別に注意点を徹底解説
自分探し厳禁!自分の強みを見つける方法
ESや面接で聞かれる「自身の強み」について企業・人事の立場に立ってどのようにアピールしていけばよいのか。自己分析などの自分探しの旅に出ずに自信の魅力について伝える方法をご紹介。
志望動機を考えるの2つの要素~失敗しない志望理由の書き方
面接やESで求められる志望動機。そもそも企業は何故志望動機を確認するのかといった背景から、実際に志望動機を書くためのテクニックをご紹介。ポイントは「あなたのビジョンを明確にすること」と「企業のビジョンを理解すること」の2つです。

この記事を読んだ人がよく見ています

同じカテゴリの記事

【18卒採用選考】アクセンチュアのES通過例_内定 ビジネスコンサルタント

【18卒インターン】アクセンチュアのES・面接の選考体験記 戦略コンサルタント育成プログラム

アクセンチュアの18卒インターン選考(戦略コンサルタント育成プログラム)について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。 「グループディスカッションとしては非常に建設的な議論を行うことができ、その点は面接官の方からも…

【17卒インターン】日本総研のES・面接の選考体験記 IT戦略部門インターン

三井住友フィナンシャルグループのシンクタンク、コンサルティング、システムインテグレーターである日本総研の17卒インターン選考(IT戦略部門インターン)の体験記です。 協力いただいた方の情報 卒業年度 17年卒 …

【18卒採用選考】フューチャーアーキテクトのES・面接の選考体験記 アーキテクト

フューチャーアーキテクトの18卒採用選考(アーキテクト)について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。 「自分の考え方を評価されたと思います。面接の内容自体はほとんどアルバイトの話でしたが、その中でも考え方をしっかり見られて…

【16卒採用選考】亀田製菓のES・面接の選考体験記 総合職

「柿の種」や「ハッピーターン」などの製造を手掛ける日本国内最大手の米菓メーカーである亀田製菓の本採用選考の体験記です。 協力いただいた方の情報 卒業年度 16年卒 志望業界 メーカー 応募…

  就活体験記記入キャンペーン