キャリアを考える人のための就職情報ナビ

『コンピテンシー面接マニュアル』 川上真史

本書は就活生向けの面接対策本ではなく、企業の面接官・人事担当者向けの面接マニュアル。

企業の面接官が何を考えて質問をしているのか、その面接で学生の何を見ようとしているのかが非常によく分かる。

コンピテンシーとは「ある職務や役割において優秀な成果を発揮する行動特性」のこと。
その企業で活躍する人に共通する行動特性について学生の過去の体験からその特性を持っているかどうかを判断していきます。特に学生の話をキチンとヒアリングするタイプの面接を受けたことがあるかと思いますが、それはこのコンピテンシーをみている可能性が高いでしょう。

実際の企業がどのように面接を行っているのかも事例を上げながら説明されている
(東京海上日動火災保険、AIU保険)

目次

第1章 コンピテンシー面接がなぜこれほど普及したか
第2章 コンピテンシーとは何か?
第3章 コンピテンシー面接導入のための準備
第4章 コンピテンシー面接の進め方
第5章 簡易型コンピテンシー面接
第6章 コンピテンシーの評価
第7章 面接でストレス対処力と社会性を測る方法

この記事を読んだ人がよく見ています

同じカテゴリの記事

no image

『経営組織』 金井壽宏

神戸大学大学院経営学研究科教授の金井先生の著書。 内容は2/3が組織行動学、1/3が人的資源管理について書かれている。 新書なので読みやすい分量で組織についての今までの研究、考え方が書かれているため、就活生の皆さ…

no image

『「超」文章法』 野口 悠紀雄

エントリーシートを書く上でわかりやすく伝えることは重要である。 エントリシートにおいて内容が8割であるが、その書き方(上記の書籍中の言葉をかりるならば「化粧の仕方」)についても注意をして欲しい 文章を書き慣れてい…

no image

『すべては一杯のコーヒーから』 松田公太

人間は弱いもので、安易な快楽や贅沢に流されがち。成功しても自分を見失わない強い人間になるためには、夢を持ち、目標を明確にすること。そしてその夢や目標にシンクロしている会社で働くことが人間としての成長につながる。 タ…

no image

『仮説思考』 内田 和成

BCG出身の内田さんが書いた仮説思考という考え方についての本。 ロジカルシンキングに関する本が数多く出版されているが基礎的な部分が書かれている。 網羅的な積み上げ型の思考ではなく、コアになる部分に目星を付けてから分析…

no image

『デフレの正体 経済は「人口の波」で動く』 藻谷浩介

90年代後半からの日本経済の減速は生産年齢人口の絶対数の動きで説明することができる。数字、特に増減率ではなく絶対数、を読むことをしない人間による根拠のない空気が日本経済の実態を不鮮明にしている。 商社に就職した友人…