『グロービスMBAマネジメント・ブック』

就活をしていく上で、将来経営に携わりたいと考えている人は多いが、
どんな力が必要なのかわからない、経営者ってどんなことをする人なのかわからない、
そう思う人も少なくないのではないでしょうか。

本書は、経営戦略、マーケティング、会計、ファイナンス、人事、IT、交渉など経営に必要と思われるトピックスを網羅している。見開きページでカタログのように経営に必要なスキルが書いてあるため、全体像を掴むには便利な本。ただし詳細については書かれていないので詳しく知りたいと思ったら別の本を買う必要がある。(経営に関する簡単なことであれば本書で足りるかと)

この本の使い方としては、下記のような使い方ができます。

  • 経営について知る、経営に必要な力を知る
  • 現状の自分と将来なりたい自分とのギャップを知る

将来経営に携わりたい場合、実際にどのような力が必要とされるのかを想定しておくと、
キャリア選択においても間違いがなく、志望動機の形成にもつながります、

また、面接などでは相手がビジネスマンになるので、一定ビジネスの知識を持っておくと自分の伝えたいことが相手に伝えやすくなります。
価格が決して安いわけではないが、持っておいて損はない一冊。

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

2016/03/02 オススメ就活本レビュー

同じカテゴリの記事

no image

『日本流SPAの挑戦―ファッションビジネス成長の条件』 繊維新聞社

財閥系大手商社のアパレル部門の社員さんのデスクに置いてあったらしいので読んでみた。10年以上前に出された本で、今は絶版。Amazonのマーケットプレイスで購入。今のアパレル業界の背景が理解できる。 各SPA導入アパ…

『コンピテンシー面接マニュアル』 川上真史

本書は就活生向けの面接対策本ではなく、企業の面接官・人事担当者向けの面接マニュアル。 企業の面接官が何を考えて質問をしているのか、その面接で学生の何を見ようとしているのかが非常によく分かる。 コンピテンシーと…

no image

『MBA組織と人材マネジメント』 グロービス

人事の思考を理解したくて読んでみた。「人的資源管理HRM」が中心。戦略を実行するための組織づくりとその運営。 …

no image

『経営組織』 金井壽宏

神戸大学大学院経営学研究科教授の金井先生の著書。 内容は2/3が組織行動学、1/3が人的資源管理について書かれている。 新書なので読みやすい分量で組織についての今までの研究、考え方が書かれているため、就活生の皆さ…

no image

『「超」文章法』 野口 悠紀雄

エントリーシートを書く上でわかりやすく伝えることは重要である。 エントリシートにおいて内容が8割であるが、その書き方(上記の書籍中の言葉をかりるならば「化粧の仕方」)についても注意をして欲しい 文章を書き慣れてい…