『グロービスMBAマネジメント・ブック』

就活をしていく上で、将来経営に携わりたいと考えている人は多いが、
どんな力が必要なのかわからない、経営者ってどんなことをする人なのかわからない、
そう思う人も少なくないのではないでしょうか。

本書は、経営戦略、マーケティング、会計、ファイナンス、人事、IT、交渉など経営に必要と思われるトピックスを網羅している。見開きページでカタログのように経営に必要なスキルが書いてあるため、全体像を掴むには便利な本。ただし詳細については書かれていないので詳しく知りたいと思ったら別の本を買う必要がある。(経営に関する簡単なことであれば本書で足りるかと)

この本の使い方としては、下記のような使い方ができます。

  • 経営について知る、経営に必要な力を知る
  • 現状の自分と将来なりたい自分とのギャップを知る

将来経営に携わりたい場合、実際にどのような力が必要とされるのかを想定しておくと、
キャリア選択においても間違いがなく、志望動機の形成にもつながります、

また、面接などでは相手がビジネスマンになるので、一定ビジネスの知識を持っておくと自分の伝えたいことが相手に伝えやすくなります。
価格が決して安いわけではないが、持っておいて損はない一冊。

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

2016/03/02 オススメ就活本レビュー

同じカテゴリの記事

ビジネスロードテスト 新規事業を成功に導く7つの条件

『ビジネスロードテスト 新規事業を成功に導く7つの条件』 ジョン・W・ムリンズ

GAPの立ち上げにも関わった著者が書いた、新規事業立案の書籍。 「市場の魅力」「業界の魅力」「魅力的なターゲットセグメント」「持続可能な競争優位性」の4点と 「使命・野心・リスク許容度」「CSFに対する実行力」「…

no image

『「創刊男」の仕事術』 くらたまなぶ

「とらばーゆ」「フロム・エー」「エイビーロード」「じゃらん」などリクルートの代表的な雑誌の創刊をしてきた、 くらたさんが執筆した本。 新規事業の開発から実行まで彼独自の手法や体験が書かれている。 新規事業開発系の…

no image

『ビジョナリーカンパニー3』 ジェームズ・C・コリンズ

衰退には5段階あり、それぞれのフェーズについての解説に重点。衰退を避ける方法は前作までの内容参照。衰退を促す要素には特に目新しいものはなかったが、どういう順を追って落ちぶれるのかといった点は面白かった。学生団体の様な組織…

no image

『仮説思考』 内田 和成

BCG出身の内田さんが書いた仮説思考という考え方についての本。 ロジカルシンキングに関する本が数多く出版されているが基礎的な部分が書かれている。 網羅的な積み上げ型の思考ではなく、コアになる部分に目星を付けてから分析…

51Cw+lMQC6L._SL500_AA300

『外資系金融のExcel作成術』 慎泰俊

モルガンスタンレーキャピタル出身の著者が書いたExcel作成のための本。 財務予測やシナリオ分析、感度分析モデルの作り方はもちろん、Excelのお作法(並び順、フォント、表記、配色、罫線、項目、タイトルのルール)など明日からビ…