就活総研-キャリアを考える人のための就職情報ナビ

就活総研の厳選オススメ記事

0. 就活スタート

就職活動を初める前にすべき3つのこと~有意義な就活をするために
今、就職活動の期間が長期化しています。そして、この長い就活期間をいかに有意義に効率的に過ごせるかはスタートダッシュにかかっています。今回はこれから就職活動を初めるあなたに向けて、就活を始める前にすべきことをご紹介します。

1. 労働環境・採用マーケットを知る

これからの社会を生き抜く8つのキャリア方針
不確実性が高く、グローバルでの競争を必要とされるこれからのビジネスを勝ち抜くための8つのキャリアの方針をご紹介。それぞれの特徴と対処法をお伝えします。
女性のためのキャリアの考え方~家庭と仕事4つの方向性
女性が仕事と家庭(出産・育児)を両立させるための4つの方向性とその対処法をご紹介。働く上での男女の格差を踏まえて、賢くキャリアを選択する方法をお伝えします。
ベンチャー就活の落とし穴~事業フェーズと身につく力
ベンチャー企業の事業フェーズと身につく力の関係性について。ベンチャー志望者は「イケてそう」「みんながスゴイと言っている」といった理由で会社を選んでしまいがちですが、これらの関係性を理解した上で、志望企業を選ぶことで入社後のギャップを少なくす

2. 自身を知る(自己分析)

2-1 自身の特性を知る

・自分のモチベーションの源泉を知る
・自分の意思決定の基準を知る
・これまでに頑張ったことを振り返る

モチベーション曲線と会社選び~自身のやる気の源泉を知る~
今回はあなたのモチベーションの源泉を知るための方法(モチベーション曲線)についてご紹介します。就職活動の会社選びにおいて、あなたがパフォーマンスを発揮し充実感を感じていたいなら、どんな環境でモチベーションが上がるのかをあらかじめ理解し、それ
自分探し厳禁!自分の強みを見つける方法
ESや面接で聞かれる「自身の強み」について企業・人事の立場に立ってどのようにアピールしていけばよいのか。自己分析などの自分探しの旅に出ずに自信の魅力について伝える方法をご紹介。

2-2 将来の自分のキャリアを描く

キャリアを考える3つのステップ~Want,Can,Mustをおさえる
「将来やりたいことがみつからない」そんなあなたのために、3つのステップでキャリアを考える方法をご紹介。Want,Can,Mustの3要素を意識しながら就活をすることで、あなたの理想のキャリア・就職先を見つけることができます。

3. 企業を知る(企業分析)

キャッシュフローマトリクスの読み解き方~企業を変遷を知る
キャッシュフローマトリクスと企業分析の方法についてご紹介。PL(損益計算書)に比べてなんだかとっつきにCFですが、企業のお金の流れを直接見れる非常に便利な指標のなのです。これらを経年で可視化するCFマトリクスについてお伝えします。

4. 企業の見極め、自身をアピールする

「学生時代に頑張ったこと」で差をつける6ステップ
ESや面接で聞かれる学生時代に頑張ったこと。エピソードを伝える際の注意点・テクニックと、「部活・サークル活動」「研究・勉強」「バイト」の3つのカテゴリ毎に注意点と実際のESの記載例をご紹介。

5. スキルを高め、差別化する

就活生のためのリーダーシップ講座:入門編
リーダー・リーダーシップとは何か、そしてリーダーシップのタイプと求められる要素についてご紹介。エントリーシートや面接にて「学生時代に頑張ったこと」として聞かれることも多く、これらを理解することで効果的な自己PRに繋げることができます。
リーダー必見!組織変革のための8つのステップ
目標達成に向けた組織変革に必要な8つのステップをご紹介。このような組織変革型リーダーシップは、ビジネスだけでなく就活での学生時代に頑張った経験において必要とされることもあります。
就活生のためのマーケティング講座:入門編
就活生が知っておくべきマーケティングの基礎から応用までをご紹介。顧客にものを買ってもらう戦略・仕組みであるマーケティングはビジネスでも活用場面が広く、就活に於いてもこの知識があるとより効果的な自己PRにつなげることができます。

就職活動の全体像

就職活動をする上でのプレーヤーは3Cで考えると、Company(自身)、Consumer(志望企業)、Competitor(他の就活生)があります。
さらに、志望企業にも同じような3Cの構造があり、Company(志望企業)、Consumer(志望企業の顧客)、Competitor(競合他社)があります。

就活ではこの2つの3Cを重ねた構造の中で行われるのです。

就職活動の全体像

つまり就職活動で行うべきことは、次の5つに集約されます。

1. 私達が置かれている労働環境・採用マーケットを知る[図中 ①]

2. 自身を知る(自身の特性を知り、これからどの様なキャリアを歩みたいのかを考える)[図中 ②,③]

3. 企業を知る(志望企業のビジネスを知り、業界の中でどのようにビジネスで勝っているのかを知る)[図中 ④,⑤]

4. 企業の見極める(その企業で歩めるキャリアを知り、自身にとって最適な企業を選ぶ)自身をアピールする(企業のニーズを捉え、競合(他の就活生)との差別化しながらアピールする)[図中 ⑥,⑦,⑧]

5. 他の就活生と差別化を図る(企業側から選んでもらえるよう自分のスキルを磨く、差別化する)[図中 ⑨,⑩]

  就活体験記記入キャンペーン