キャリアを考える人のための就職情報ナビ

タリーズコーヒージャパンの企業分析_売上・営利・純利益など

コーヒーチェーン店のタリーズコーヒージャパンの決算公告です。

本拠地はアメリカシアトルにあり、日本のタリーズコーヒーはブランドライセンスをもらい展開しています。
創業者は現国会議員の松田公太氏で1998年に設立。創業の初期段階から三井物産のベンチャーキャピタルMVCから出資を受け、2001年にヘラクレスに上場、2006年には伊藤園の連結子会社となっています。伊藤園からタリーズブランドの缶コーヒーが出ているのはそういう訳です。

創業当時のエピソードは松田氏の著書にもかかれています。

タリーズコーヒージャパン株式会社の業績

決算期 当期純利益
[億円]
流動資産
[億円]
固定資産
[億円]
総資産
[億円]
株主資本
[億円]
利益剰余金
[億円]
株主資本
比率
ROE ROA
2015年4月 21.20 52.72 73.55 126.27 59.77 58.07 47.3% 35.5% 16.8%

当期純利益は21億円となっています。

せっかくなので、他のコーヒーチェーン店と比較してみましょう。コーヒーチェーン店を展開している「タリーズコーヒー」「スターバックス」「ドトールコーヒー」「銀座ルノアール(ミヤマ珈琲など含む)」について有価証券報告書などを元に記載。

タリーズコーヒー
ジャパン
スターバックス ドトールコーヒー 銀座ルノアール
損益
計算書
決算期 2015年4月 2014年3月 2015年2月 2015年3月
売上
[億円]
260.4 1,256.7 685.0 70.3
粗利
[億円]
926.9 73.8% 338.3 49.4% 61.4 87.4%
営利
[億円]
35.7 13.7% 109.5 8.7% 42.1 6.1% 3.0 4.3%
当期純利益
[億円]
21.20 8.1% 59.98 4.8% 22.29 3.3% 2.65 3.8%
資産 流動資産
[億円]
52.72 42% 317.99 44% 336.84 54% 22.31 34%
固定資産
[億円]
73.55 58% 397.37 56% 288.52 46% 43.79 66%
総資産
[億円]
126.27 100% 715.37 100% 625.36 100% 66.10 100%
負債・
純資産
流動負債
[億円]
43.62 35% 199.17 28% 100.20 16% 9.09 14%
固定負債
[億円]
22.87 18% 48.43 7% 46.88 7% 4.22 6%
株主資本
[億円]
59.77 47% 465.48 65% 469.95 75% 52.49 79%
利益剰余金
[億円]
58.07 46% 268.76 38% 240.78 39% 35.00 53%
株主資本比率 47.3% 65.1% 75.1% 79.4%
ROE 35.5% 12.9% 4.7% 5.0%
ROA 16.8% 8.4% 3.6% 4.0%
その他指標 店舗数 587 1,034 1,108 116
(直営店) 986(95%) 180(16%) 115(99%)
(FC店) 48(5%) 928(84%) 1(1%)

※各企業とも単体の業績。
タリーズコーヒー:伊藤園 株主説明会資料より
スターバックス:スターバックスコーヒージャパン 有価証券報告書より
ドトールコーヒー:ドトールコーヒー 決算公告より
銀座ルノアール:銀座ルノアール 有価証券報告書より

売上規模では、「スターバックス」>「ドトール」>「タリーズ」>「銀座ルノアール」となっていますが、営業利益率では「タリーズ」>「スタバ」>「ドトール」>「ルノアール」と順位が変化しています。

資産に着目すると、ドトールコーヒーは他社よりも固定資産の比率が低いことがわかります。一方、店舗数を見るとドトールコーヒーは他の2社にくらべて圧倒的にFC店(フランチャイズ店:ブランド名や運営ノウハウをオーナーに提供する代わりにライセンス料をもらうモデル)の比率が圧倒的に高く、固定資産比率が低いのはFC店比率の高さ(自社で店舗を用意しなくてよいので、固定資産(土地や建物)が少なくて済む)ことがわかります。

それぞれの企業を一言で表すと、

スターバックス:ダントツの売上規模(1,256億円で2位のドトールの1.8倍)
タリーズ:高い利益率(13.7%で2位のスタバの1.6倍)
ドトール:高いフランチャイズ率(FC店が84%を占める)
ルノアール:地域特化(関東圏中心)で直営店

といったところでしょうか。

みなさんもカフェに立ち寄る機会がありましたら、これらの数字を思い出しながらコーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか?

タリーズコーヒージャパン_20150722

この記事を読んだ人がよく見ています

2017/09/08 企業分析 ,

同じカテゴリの記事

みずほ総合研究所の企業分析_売上・営利・純利益など

みずほフィナンシャルグループのシンクタンク、みずほ総合研究所の決算公告です。 みずほ総合研究所は、第一勧銀総合研究所と日本興業銀行の調査部門が統合し2002年4月に発足し、その後 2002年10月に富士総合研究所のシンクタ…

プロサッカークラブの業界分析_売上・営利・純利益など

今回はJリーグの各プロサッカークラブについて、サッカーのフィールドから離れて経営業績で比較していきましょう。 決算告示がなされているのは、ガンバ大阪、鹿島アントラーズ、横浜Fマリノス、サンフレッチェ広島、FC東京、名古屋グ…

ジョンソン・エンド・ジョンソンの企業分析_売上・営利・純利益など

外資系の製薬・医療機器、ヘルスケア商品を販売しているジョンソン・エンド・ジョンソンの決算公告です。 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の業績 決算期 売上 粗利 営利 経常利益 当期…

デロイトトーマツコンサルティング(DTC)の企業分析

会計系コンサルの「デロイトトーマツコンサルティング」の決算公告です。 あわせてデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー株式会社の決算公告もでていました。 デロイトトーマツコンサルティング株式会社 平成26年9月30日…

カルピスの企業分析 売上,利益,ROEなど

  就活体験記記入キャンペーン

まだデータがありません。

まだデータがありません。