これでマスター、テストセンター受験対策

CSS_keywotukau1292

テストセンターとはパソコンを使って答える形式の試験です。WEBテストと違い、テストセンターの施設に行って試験を受ける必要があります。1回に受験できる人数が限られているので早めに予約して受験するのがオススメです。

内容は能力(言語・非言語)、性格、英語。ほとんどの企業は英語は無く、能力と性格だけ。レベルはそこまで高くなく、問題形式に慣れて素早く解くことが重要。

試験結果は受験生には通知されません。しかし、試験結果は受験日から1年間使いまわせるので、早い段階でいい結果を出せた場合、春からの本選考にも使うことができます。

採用企業例
ボストンコンサルティンググループ、ゴールドマンサックス、野村総合研究所、住友商事、三井物産、リクルート、ユニクロ(ファーストリテイリング関連会社)、ジャフコ、メタルワンなど。

特に冬のBCGとGSはかなりハードルが高く、東大生や京大生など高学歴の学生でもサクっと落とされるので慢心せずに対策するように。逆にこの2つに通ったら基本どこでも通ると考えてよい。

対策は、この本を1冊こなしたくらい。

私の場合、同時期にBCGとNRIでテストセンターの選考があり、同日に2つ受けた。本で対策しても本番はパソコンに入力するので慣れが必要。

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

同じカテゴリの記事

面接で差をつける「逆質問」の3つのテクニック

面接にて自分の順番が終わって一安心していませんか? ほとんどの面接では逆質問(学生から面接官・企業への質問)が求められます。もちろん面接官から就活生に向けての質問の際に合否は決定していることがほとんどですが、この逆質問の際…

【部活・サークル編】学生時代に頑張ったことの伝え方徹底解説

どの企業においてもESや面接で問われる「学生時代に頑張ったこと」。 部活・サークルでの取り組みに力をいれ、伝えるエピソードに自信のある方も多いと思いますが、同じような似たテーマを話す人も多くなってしまいます。 今回は「部活・…

ES提出時必見!論理矛盾を発見するチェックポイント

慌ててESを提出してあとから見返すと論理矛盾が起きている…そんな経験ありませんか? コンサル業界など高い論理的思考力が問われる業界では拙いESが命取りになります。 一歩でも内定に近付きたいあなたに、今回はES提出前にロジ…

志望動機を考えるの2つの要素~失敗しない志望理由の書き方

ESや面接において聞かれるのが、会社への志望動機です。 いきなり、夢ややりたいことを聞かれてもどう書けばよいかわからない、しっかりと書いているのに読み返してみるとなんだかテンプレートのような志望動機になってしまう。 そん…

バックパック経験が面接官にウケない3つの理由

面接をしていて、学生時代に頑張ったこととして海外旅行・バックパックの経験を話される方がいらっしゃいます。 知らない土地に行き、そこで現地の人々と関わり、生活をするというのは非常にバイタリティーのある行動ですし、人格形成にも関わ…

  長期インターンシップ
  就活体験記記入キャンペーン