キャリアを考える人のための就職情報ナビ

『「創刊男」の仕事術』 くらたまなぶ

「とらばーゆ」「フロム・エー」「エイビーロード」「じゃらん」などリクルートの代表的な雑誌の創刊をしてきた、 くらたさんが執筆した本。
新規事業の開発から実行まで彼独自の手法や体験が書かれている。

新規事業開発系のインターンが増えてきているので、どのように事業を創っていくのかを知っておくとインターンでの活躍の場も広がる。

書籍中に「誰でもできる起業マニュアル」という1ページほどのまとめがあるが、これがとても参考になるのでこのページだけでも読んでおいてほしい。

===================================
事業を実現するためには、①ロマン、②ソロバンの2つのフェーズがある。
各フェーズの内容は以下の通りであり、開発から起業をする場合は1→8へ
起業後に事業を見直す場合は8→1へと考えていく。

【ロマン】
1夢 2誰(ターゲット) 3何(サービス内容) 4カタチ
【ソロバン】
5カタチ 6時空 7ヒト 8カネ
===================================

ロマンのフェーズではカッコイイ大風呂敷を広げること、ソロバンのフェーズでは地道な一歩が大切である。

また、アイデアの種を集めるヒアリングの方法に彼の個性が溢れていて、ファクトを押さえる為の調査の定義も印象的だった。
・ 市場調査:昨日までの「人の行動」を数値で知ること
・ マーケティング:明日からの「人の気持ち」を言葉で知ること

新規事業に興味がある人、ベンチャー企業などの事業立案のインターンに参加する予定の人は読んでおいて損はない1冊。

ただし、リクルートの江副モデル(クライアントニーズを徹底的に聞き、ユーザーとのマッチングを図るもの)が原型としてあるので、すべての事業開発がこのやり方で立ち上げられるとは限らない。

また、くらたさんの実体験がベースとなっているので、マーケティングの理論が書かれた本と合わせて読み理解を深めることをおすすめする。

この記事を読んだ人がよく見ています

2016/03/02 オススメ就活本レビュー

同じカテゴリの記事

『企業が「帝国化」する アップル、マクドナルド、エクソン~新しい統治者たちの素顔』 松井博

元アップルのシニアディレクターの著者が巨大ビジネスを創った企業群について切り込む。 目次 第1章 アップルはどうやって帝国化したのか 第2章 帝国の仕組み 第3章 帝国で働く人々 第4章 食を司る帝国たち 第…

no image

『仮説思考』 内田 和成

BCG出身の内田さんが書いた仮説思考という考え方についての本。 ロジカルシンキングに関する本が数多く出版されているが基礎的な部分が書かれている。 網羅的な積み上げ型の思考ではなく、コアになる部分に目星を付けてから分析…

no image

『モチベーション3.0』 ダニエル・ピンク

今まで通りのルーチンワークをこなす際にはアメとムチの成果主義が有効であったが、ヒューリスティックな仕事で最大限力を発揮していくには自律性、熟達、そしてそれの元となる目的という3つを柱とした新しいモチベーションが必要となる。 …

『新・現代総合商社論』 三菱商事株式会社

早稲田大学での三菱商事による寄付講座を本にまとめたもの。 本書は『現代総合商社論』の続編となり、各事業部の部長クラスの責任者が講演をしており、内容としても貴重なもので、商社のビジネスについて深く知れる一冊。 【目次】 …

no image

『デフレの正体 経済は「人口の波」で動く』 藻谷浩介

90年代後半からの日本経済の減速は生産年齢人口の絶対数の動きで説明することができる。数字、特に増減率ではなく絶対数、を読むことをしない人間による根拠のない空気が日本経済の実態を不鮮明にしている。 商社に就職した友人…

  就活体験記記入キャンペーン