野村総合研究所(NRI)
野村総合研究所(NRI)

コンサルティング業界/シンクタンク系コンサル

【17卒採用選考】野村総合研究所のES・面接の選考体験記 総合職(AE)

野村総合研究所の17卒採用選考(総合職(AE))について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。
「論理的に話すことができていたこと。(後から人事にそういわれた)キャリア形成についてことこまかく考えていった。逆算していつなにをしなければいけないのか、どうしてなのか、を突き詰めて考えていったこと。」との情報が集まっています。

協力いただいた方の情報

卒業年度 17卒
選考フェーズ 内定
特別選考の有無 通常選考

選考情報

企業名 野村総合研究所
応募職種 総合職(AE)

選考フロー

選考フロー ES→SPI→1次面接(個人)→2次面接(個人)→GD→最終面接(個人)

ES

ESの設問 1、希望キャリアフィールド(第1希望)このキャリアフィールドで実現したいこと、および実現する場として当社を志望する理由を教えてください。500文字

2、現在の研究テーマやゼミの内容、もしくは学生時代に最も力を入れて勉強したことについて説明してください。自分ならではの創意工夫をした点、自身にとっての気付きについても、具体的にお書き下さい。500文字

3、これまでにあなたが挑戦したことについて教えてください。なぜそのような挑戦に至り、どのように困難を乗り越えようとしたか、周囲にどのような影響を与えたかについても、具体的にお書きください。500文字

ES記入時に留意した点 簡潔に起承転結を意識して書くこと、文字数いっぱいいっぱい書くこと、何を1番アピールしたいのかを考えながら書くこと、会社に入ったら自分がどう貢献できるのか、自分ならではのポイントを考えてアピールすること
締切日 5月中旬
結果連絡 1週間後

筆記試験・WEBテスト

筆記試験の有無 あり
形式 テストセンター
試験のについて 問題集で解いておくとよいかもしれないが特に対策は必要なし
結果連絡 5月下旬

対策本:

面接

1次面接

形式 個人面接
会場 大阪支社
日時 6月上旬
面接官人数 1人
面接官の役職 人事
学生人数 1人
時間 30分
面接全体の流れ 面接官自己紹介→ESに沿っての質問→会社理解の質問→学生から面接官への質問
面接の質問内容 1. 学生時代がんばったこと
2. ゼミでなにをしているか
3.今までで一番の挑戦
4.志望理由
5.会社についてどれくらい理解しているのか
逆質問で聞いたこと ・文系でもSEとして活躍できるか
どんなことを評価していたか 会社について事前にしっかりと調べて準備していったため、会社理解をアピールすることができた。また、ESの設問についてもしっかりと簡潔に話すことができたところ。
選考の雰囲気 フレンドリーな雰囲気だった。言ったことに対して「おもしろいね!」など個人的な感想を伝えてくれたり、体験談を話してくれたりした
その他補足事項 会社についてしっかりと調べた方がよい。多くの企業を受けたがダントツで会社理解を重要視する企業だった。
結果連絡 翌日朝

2次面接

形式 個人面接
会場 大阪支社
日時 6月上旬
面接官人数 1人
面接官の役職 人事
学生人数 1人
時間 30分
面接全体の流れ 面接官自己紹介→志望理由、どんなキャリアを歩みたいか→自分について→会社理解の質問→学生から面接官への質問
面接の質問内容 1. 志望理由
2. どんなキャリアを歩みたいかを詳しく(3・5・10年後どんな役職についていて今なにをすべきか)
3.自分の強み弱み(エピソード)
4.人からなんて言われるか
5.会社について(どんなお客様がいるか)
6.どこの部署で働きたいか
逆質問で聞いたこと ・基本情報処理の資格はいつ取らなければいけないのか
どんなことを評価していたか 論理的に話すことができていたこと。(後から人事にそういわれた)キャリア形成についてことこまかく考えていった。逆算していつなにをしなければいけないのか、どうしてなのか、を突き詰めて考えていったこと。
選考の雰囲気 穏やかな雰囲気であった。しっかりと相槌をうちながら真剣に話を聞いてくれた。
その他補足事項 キャリア形成についてはしっかりと考えていった方がよい。
結果連絡 翌日朝

3次面接

形式 グループディスカッション
会場 東京(本社)
日時 6月中旬
面接官人数 2人
面接官の役職 人事
学生人数 6人
時間 30分
GDのテーマ 3つのうちから合併するのにふさわしい会社を選べ
進め方や与えられた資料の有無 とても分厚い情報量の多い資料有り。進め方は自由。
どんなことを評価していたか しっかりと論理的に情報を整理できていたか。資料が多い中、必要な情報を絞り、短い時間で話をすすめることができたかどうか
選考の雰囲気 フレンドリーな雰囲気だった。6人で和気あいあいと話し合って進めた。
結果連絡 翌日朝

最終面接

形式 個人面接
会場 東京(本社)
日時 6月中旬
面接官人数 2人
面接官の役職 人事、役員?
学生人数 1人
時間 30分
面接全体の流れ 10分間の逆質問(事前課題)→学生への質問
面接の質問内容 1. 志望理由
2. 自己PR
3.なぜ文系なのにITか
4.本当にできるのか
5.なぜそう言い切れるのか
6.ITの企業に入るために今なにをやっているのか
7.なぜ他の業界ではなくITなのか
逆質問で聞いたこと ・海外赴任の人数をこれから増やしていくのか
・尊敬できるPMの素質とは
どんなことを評価していたか 本当にできるのかやる気があるか、やる気と覚悟をみていたと思う。最後は熱意が評価されたと思う。
選考の雰囲気 緊迫した雰囲気ではなかったが、鋭い質問が続いて、決してフレンドリーとは言えない雰囲気だった。
その他補足事項 熱意をもって話すことが大事。会社に自分がどう貢献できるのかをアピールするべき。
結果連絡 翌日朝

内定

内定通知 電話
他社選考辞退の指示 なし
会社を知るための取り組み 内定者と社員の少人数懇談会、説明会など多々あり
内定者同士が知り合うイベント 内定者懇談会
内定者研修の有無 なし
現在のステータス 内定承諾
なぜ内定承諾したか 内定後のイベントが多く、内定者や社員、会社の雰囲気がわかりやすく、自分が働くイメージをもてたのが1番の理由。

他の会社に比べて内定が出た後の対応がよく、必要としてくれていると感じることができた。福利厚生もよく、女性も活躍している会社であること、安定していること、ワークライフバランスがとれること、やりたい仕事がでいるかどうか(手をあげたらできる風土、風通しが良いかどうか)などを総合的に評価した結果、この企業がよいと思った。

企業研究

OB訪問を実施したか いいえ
参考図書 なし

選考通過のための参考記事

「学生時代に頑張ったこと」で差をつける6ステップ
「学生時代に力を入れたこと」を伝える6ステップと他の就活生との差別化テクニックをご紹介。ポイントを踏まえて伝えることで面接官の知りたいことをわかりやすく伝えることができます。「部活・サークル」「研究・勉強」「バイト」のパターン別に注意点を徹底解説
自分探し厳禁!自分の強みを見つける方法
ESや面接で聞かれる「自身の強み」について企業・人事の立場に立ってどのようにアピールしていけばよいのか。自己分析などの自分探しの旅に出ずに自信の魅力について伝える方法をご紹介。
志望動機を考えるの2つの要素~失敗しない志望理由の書き方
面接やESで求められる志望動機。そもそも企業は何故志望動機を確認するのかといった背景から、実際に志望動機を書くためのテクニックをご紹介。ポイントは「あなたのビジョンを明確にすること」と「企業のビジョンを理解すること」の2つです。

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

同じカテゴリの記事

【18卒インターン】三菱電機のES・面接の選考体験記 冬インターン2週間

三菱電機の18卒インターン選考(冬インターン2週間)について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。 「時間が短めであったので、端的に自分のことを伝えられるかどうか。また、インターンを通じて学びたいことを見られている…

【18卒インターン】みずほ情報総研のES通過例_インターン参加 冬インターン

【16卒採用選考】丸紅のES・面接の選考体験記 総合職

総合商社の丸紅の16卒本採用選考(総合職)の体験記です。 丸紅は、伝統的に電力部門や紙・パルプ部門、食料部門に強みを持っているのが特徴ですね。 協力いただいた方の情報 卒業年度 16年卒 応募職種 …

【17卒採用選考】バイエル薬品のES通過例_内定 プロダクトサプライジャパン職

【16卒採用選考】SUBARU(スバル)のES・面接の選考体験記 事務系総合職

「スバル」のブランドで自動車を生産しているSUBARU(スバル)の本採用選考の体験記です。 協力いただいた方の情報 大学所在地 関西 文理  文系 応募職種 事務系総合職 選考…

  就活体験記記入キャンペーン