キャリアを考える人のための就職情報ナビ

採用選考体験記 総合職(全国)

  • 18卒
  • 内定

商工中金の18卒採用選考(総合職(全国))について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。
「今回は面談らしい面談をした。こちらが手書きの履歴書を持参し、それをもとに相手が質問をしてくる。雰囲気は和やかで、がくちかや志望動機よりも所属団体(サークル)や大学の話、アルバイトの話などを聞いてきた。」との情報が集まっています。

協力いただいた方の情報

卒業年度 18卒
大学所在地 東京都
大学名 慶應義塾大学
文理 文系
性別
選考フェーズ 内定
特別選考の有無 通常選考

選考情報

企業名 商工中金
応募職種 総合職(全国)

選考フロー

選考フロー 会社説明会→大学別座談会→ES→支店でリク面4回→最終面接→内定

ES

ESの設問 1.会社を選ぶうえでのポイント(20)

2.自身の性格(100)

3.学生時代頑張ったこと・そしてそれが社会に出てどう活かされるか(200)

4.志望動機(200)

ES記入時に留意した点 全ての質問に一貫性を持たせるために、学生時代頑張ったエピソードをベースに、志望動機や会社を選ぶうえでの軸を語るようにした。また、自身の性格に関しては性格を記述するだけでなく、それがわかるエピソードや、自身の幼少期の経験などを添えることで、説得的に伝えるようにした。
締切日 4月27日
結果連絡 数日後

筆記試験・WEBテスト

筆記試験の有無 なし

面接

1次面接

形式 集団面談
会場 東京(支店)
日時 4月17日
面接官人数 1名
学生人数 2名
時間 45分
面接全体の流れ 面接官自己紹介→ひたすら学生による逆質問
面接の質問内容 なし
逆質問で聞いたこと ・商工中金は基本的に融資だけではなく、フルラインの銀行機能を備えているが、それでもやはり信託機能等はメガバンクに劣る。そこでどう差別化を図っているのか。
→そもそもメガバンクとは違うカテゴリの中にいると考えているので、ここでメガバンク化してしまったら政府系中小企業向け金融の強みや良さがなくなってしまう。・全ての中小企業に融資ができるわけではなく、当然貸したいのに貸せない時があると思う。そういった融資の際の目利きの制度はどのように整っているのか。
→本部に審査部があり、厳しいチェックが入ったりする。あとは財務諸表上の数字だけでなく、事業性の評価も行っている。・他の政府系金融は資金のほとんどを政府に依存しているが、商工中金はほとんど自己調達できていると聞く。それができるのはなぜなのか
→お客様からの長年の信頼の蓄積。
どんなことを評価していたか 45分間、学生2人がひたすら交互に質問をする。向こうから何か聞いてくることはなかったので、特に自分のことに関しては準備する必要はない。質問が間に合わなくて、相手の話から新しい質問を生み出していたのが良かったのかもしれない。
選考の雰囲気 一回目なので、入社3年目前後の若手社員が担当する。したがって、そこまで固い雰囲気ではなかった。
結果連絡 数日後

2次面接

形式 集団面談
会場 東京(支店)
日時 4月19日
面接官人数 1名
学生人数 2名
時間 30分程度
面接全体の流れ 面接官自己紹介→ひたすら学生による逆質問
逆質問で聞いたこと ・全ての中小企業に融資ができるわけではなく、組合に加入していないと融資できないと聞いたが、実際そのハードルは高いのか。
→昔からの中小企業はだいたい入っている。最近は数万円で入れる理事会もあり、新規開拓に励んでいる。・プロジェクト・ファイナンスやシンジケートローンなどの規模の大きいことのできるのか
→支店に2人、シンジケートローン担当の行員がいる。
どんなことを評価していたか 5年目社員。一回目と同じような要領で進む。ネタが足りないので一回目で聞いたことをそのまま使いまわした。あとはペアの相手がした質問もメモって自分のネタに追加して次に活かしていたのが良かったのかもしれない。
選考の雰囲気 1次面談よりもフレンドリーな雰囲気だった。今回も自分のことは一切聞かれない。
結果連絡 数日後

3次面接

形式 個人面接
会場 東京(支店)
日時 4月28日
面接官人数 1名
学生人数 1名
時間 25分程度
面接全体の流れ 学生自己紹介→面接官自己紹介→質問
面接の質問内容 1. 所属団体について
2. ゼミについて
3.学生時代頑張ったこと
4.志望理由
どんなことを評価していたか 今回は面談らしい面談をした。こちらが手書きの履歴書を持参し、それをもとに相手が質問をしてくる。雰囲気は和やかで、がくちかや志望動機よりも所属団体(サークル)や大学の話、アルバイトの話などを聞いてきた。
選考の雰囲気 がちがちの面接というわけではなく、履歴書に書いた内容で相手が気になるポイントを興味で聞いてくるような感じ。同じ大学なので大学の話で盛り上がったりした。逆質問攻めの時よりやりやすかったし、このときにはすでに何社も面接を経験していたので楽だった。
結果連絡 数日後

4次面接

形式 集団面談
会場 東京(支店)
日時 43231
面接官人数 2
学生人数 7
時間 30分程度
面接全体の流れ 面接官自己紹介→ひたすら学生による逆質問
逆質問で聞いたこと ・メガバンクと比較したメリットを教えてください→メリットは1人あたりの裁量権が大きい。メガバンクは1つの案件につき3人くらいつくこともあるが、商工中金は1人で最初から最後まで担当する。
・デメリットを教えてください→システム的に遅れてる。手作業がほとんど。半官半民だから意思決定も遅い。
どんなことを評価していたか 「この7人を人事に推薦する」という担当者の言葉から、最終面接まで行けることがわかって安心した。後悔のないように普段聞きにくいことも他の学生が質問していたので、いろいろ聞けてよかったと思う。特に注意したことはない。
選考の雰囲気 極めてざっくばらんな会。お茶も用意され、フレンドリーな雰囲気だった。
結果連絡 数日後

最終面接

形式 集団面接(最終)
会場 東京(本社)
日時 5月11日
面接官人数 1名
学生人数 4名
時間 30分程度
面接全体の流れ 面接官自己紹介→学生自己紹介→質問
面接の質問内容 1. 学生時代頑張ったこと
2. 志望理由
3.入社してこういうケースがあったらどう対処するか
4.中小企業に関するニュースで興味を持ったもの
どんなことを評価していたか あらかじめニュースなど時事に関することが聞かれると聞いていたので、主に中小企業に関するニュースだけ日経でおさえておいたら役に立った
選考の雰囲気 立派な役員室で行われたが、厳しい雰囲気ではなく、穏やかに進んだ
結果連絡 数日後

内定

内定通知 電話
他社選考辞退の指示 なし(待ってくれた)
現在のステータス 内定辞退
内定辞退の理由 もともと銀行ならば幅広い顧客を持つことができるメガバンクに行くと決めていた。就活生や社員の雰囲気も少し自分には固く感じたのも理由の1つである。また、就活の真っただ中で発覚した不祥事が最も大きい事態理由の1つ。今後は商工中金に対する風当たりも強くなると思われるし、強みの1つである制度融資もできなくなるのではないかと懸念した。

企業研究

OB訪問を実施したか はい
OB訪問はいつ実施したか 3月上旬から
何人くらい実施したか 4人
OB訪問にてどんな話を聞いたか OB訪問では若手の頃の業務内容など、お仕事のことを中心に質問した。また、ESを持参してフィードバックをいただくこともあった。
参考図書 なし

商工中金(商工組合中央金庫)の選考体験記一覧

採用選考

インターン

    該当の体験記はありません

通過ES

業界ランキング

同じ業界の企業一覧

同じカテゴリの記事

【17卒採用選考】日立システムズのES通過例_内定 総合職

【18卒採用選考】東京エレクトロンのES通過例_内定 プロセスエンジニア

【18卒採用選考】三菱UFJ信託銀行のES・面接の選考体験記 総合職 1次面接参加

三菱UFJ信託銀行の18卒採用選考(総合職)について、実際に1次面接参加した方の選考体験記をご紹介。 「面接でも志望動機は一切聞かれず、入社意欲が高い学生ではなく採用したい学生を採用すると人事の方が仰っていました。」との情報が…

【17卒インターン】ベイカレントコンサルティングのES・面接の選考体験記 夏インターン1日間

システム開発やアウトソーシング、コンサルティング業務を行うベイカレント・コンサルティング(BayCurrent Consulting)の17卒インターン選考の体験記です。 協力いただいた方の情報 卒業年度 17…

【18卒採用選考】信金中央金庫のES通過例_内定 総合職

  就活体験記記入キャンペーン