キャリアを考える人のための就職情報ナビ

採用選考体験記 記者

  • 18卒
  • 内定

読売新聞東京本社の18卒採用選考(記者)について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。
「終始高圧的な態度で圧迫面接。記者は大変な仕事なので、圧迫されても乗り越えられるか、頭の回転が早いかを見られていた。」との情報が集まっています。

協力いただいた方の情報

卒業年度 18卒
選考フェーズ 内定
特別選考の有無 特別選考

選考情報

企業名 読売新聞東京本社
応募職種 記者

選考フロー

選考フロー 最終面接

ES

ESの設問 ES不必要
ES記入時に留意した点 特別選考はESが必要ありません。本選考のESの設問とインターンシップの設問が同じため
締切日 なし
結果連絡 なし

筆記試験・WEBテスト

筆記試験の有無 なし

面接

1次面接

形式 個人面接
会場 本社貴賓室
日時 2月下旬
面接官人数 7人
面接官の役職 編集局長をはじめとする役員と人事2名
学生人数 1人
時間 20分
面接全体の流れ 相手からの質問のみ
面接の質問内容 1. どの部署に行きたい?
2. 新聞記者は辛いけどなんで志望した?
3.インターンシップの感想は?
4.なにを学んだ?
5.希望の部署に行けなかったらどうする?
6.最初の配属は地方だけど大丈夫?
逆質問で聞いたこと ・なし
どんなことを評価していたか 終始高圧的な態度で圧迫面接。

記者は大変な仕事なので、圧迫されても乗り越えられるか、頭の回転が早いかを見られていた。

選考の雰囲気 今まで経験したことのない圧迫する雰囲気だった。部屋のドアも重く雰囲気でやられそうだった。
その他補足事項 わからないことは素直に謝ること
結果連絡 1時間後電話連絡

内定

内定通知 電話
他社選考辞退の指示 あり
会社を知るための取り組み なし
現在のステータス 内定辞退
内定辞退の理由 オワハラが激しく、内定承諾をしたら研修を入れられ他社の選考を物理的に受けられなくなるため。
新聞社は落ち目でテレビ局の方が将来があると感じた。
あの面接で感じた圧迫感が社内でもあるとゾッとしたため。

軍隊式の会社なので、自分の意見が強くある人は合わないと思う。
同業者からの評判が一番悪い会社で、自分もその一員になることにためらいを感じたため。

企業研究

OB訪問を実施したか いいえ
参考図書 なし(新聞のみ)

読売新聞の選考体験記一覧

採用選考

インターン

通過ES

業界ランキング

同じ業界の企業一覧

同じカテゴリの記事

【18卒採用選考】JTのES通過例_面接参加 総合職

【18卒採用選考】三井住友信託銀行のES通過例_面接参加 総合職

【18卒採用選考】興和株式会社のES・面接の選考体験記 MR職

興和株式会社の18卒採用選考(MR職)について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。 「論理的に話しているかを見られていました。他社状況をかなり詳しく聞かれますので軸をしっかり持つことが大切です。入室を含めて礼儀正しく、丁寧…

【18卒採用選考】大和総研のES・面接の選考体験記 SE

大和総研の18卒採用選考(SE)について、実際に内々定した方の選考体験記をご紹介。 「システムについてだけでなく、親会社である大和証券の事業内容についてどれくらい理解しているかを見ているように感じた。」との情報が集まっています…

【18卒インターン】NTTドコモのES通過例_インターン選考通過 新ビジネス創造インターン(夏)

  就活体験記記入キャンペーン