キャリアを考える人のための就職情報ナビ

みんかぶの企業分析_売上・営利・純利益など

株式投資の情報サイトを運営している「みんかぶ」の決算公告です。
7期、8期合わせての掲載がされており、本日付で減資を告示しています。

株式会社みんかぶ

平成26年3月31日 第8期決算公告
利益剰余金 -13.88億円
売上 6.15億円
営業利益 0.62億円
特別損失 5.03億円
当期純利益 -4.55億円

役職員数 40名 (2014年8月現在 会社概要より)

みんかぶ_20150225

みんかぶ_8_20150225

 

みんかぶの業績分析

損益計算書

決算期 売上
[億円]
粗利
[億円]
営利
[億円]
当期純利益
[億円]
粗利率 営利率 当期純利益率 特別損失
[億円]
従業員数
2013年3月 4.62 3.09 0.30 -0.09 67.0% 6.43% -2.0% 0.35
2014年3月 6.15 4.11 0.62 -4.55 66.9% 10.1% -74.0% 5.03 40

 

貸借対照表(負債[億円])

決算期 流動負債 (保証損失
引当金)
固定負債 負債合計
2013年3月 1.70 1.50 3.20
2014年3月 1.99 0.95 2.55 4.53

 

(純資産[億円])

決算期 株主資本 資本金 資本剰余金 資本準備金 その他
資本剰余金
利益剰余金 その他
利益剰余金
有価証券
評価差額金
純資産
合計
負債
純資産
合計
2013年
3月
2.92 6.06 6.20 2.86 3.33 -9.34 -9.34 2.92 6.12
2014年
3月
3.85 8.80 8.93 5.60 3.33 -13.89 -13.89 -0.00 3.85 8.38

 

営業利益率は6.4%→10.1%と改善しているものの、ウェブメディア系企業としては低めの数字となっています。
(ウェブメディアを運営している企業は営利率:20~30%が平均的)

また、売上、粗利、営利共に前期よりも増加しているものの、特別損失が7期で0.35億円、8期で5.03億円と膨らんでしまっています。
売上が6億の会社で特損が5億はかなり厳しい状況。
8期には保証損失引当金として9,500万円計上されているのも気になります。

この記事を読んだ人がよく見ています

2017/08/08 企業分析

同じカテゴリの記事

小宮コンサルタンツの企業分析_売上・純利益など

ビジネス書で数多くの著書のある小宮一慶氏のコンサルティング会社「小宮コンサルタンツ」の決算公告です。 株式会社小宮コンサルタンツ 事業内容:コンサルティング、企業研修、セミナー 平成26年3月31日 第19期決算公告 …

no image

定量的な企業分析の方法~IR情報から企業のビジネスを読み解く

企業を分析するにあたって皆さんは2種類の情報を得ることができる、 採用向け情報: 会社説明会、採用パンフレット、採用WEBサイト、OB訪問など 投資家向け情報: 有価証券報告書、株主説明会資料など 一般的に就活…

アニプレックスの企業分析_純利益・ROE・ROAなど

アニメ配信を行っているアニプレックスの決算公告です。 アニプレックスは1995年に株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが出資していた、株式会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメントの制作事業本部として発足し、20…

gloopsの企業分析_売上・営利・純利益など

ソーシャルゲームを展開しているgloopsの決算公告です。 広告代理店から始まり、システム開発を経て、2010年からDeNAの「モバゲータウン」にてソーシャルゲームをリリース、その後2012年にネクソンの完全子会社となっていま…

ソニーネットワークコミュニケーションズの企業分析 売上,利益,ROEなど

  就活体験記記入キャンペーン