キャリアを考える人のための就職情報ナビ

みんかぶの企業分析_売上・営利・純利益など

株式投資の情報サイトを運営している「みんかぶ」の決算公告です。
7期、8期合わせての掲載がされており、本日付で減資を告示しています。

株式会社みんかぶ

平成26年3月31日 第8期決算公告
利益剰余金 -13.88億円
売上 6.15億円
営業利益 0.62億円
特別損失 5.03億円
当期純利益 -4.55億円

役職員数 40名 (2014年8月現在 会社概要より)

みんかぶ_20150225

みんかぶ_8_20150225

 

みんかぶの業績分析

損益計算書

決算期 売上
[億円]
粗利
[億円]
営利
[億円]
当期純利益
[億円]
粗利率 営利率 当期純利益率 特別損失
[億円]
従業員数
2013年3月 4.62 3.09 0.30 -0.09 67.0% 6.43% -2.0% 0.35
2014年3月 6.15 4.11 0.62 -4.55 66.9% 10.1% -74.0% 5.03 40

 

貸借対照表(負債[億円])

決算期 流動負債 (保証損失
引当金)
固定負債 負債合計
2013年3月 1.70 1.50 3.20
2014年3月 1.99 0.95 2.55 4.53

 

(純資産[億円])

決算期 株主資本 資本金 資本剰余金 資本準備金 その他
資本剰余金
利益剰余金 その他
利益剰余金
有価証券
評価差額金
純資産
合計
負債
純資産
合計
2013年
3月
2.92 6.06 6.20 2.86 3.33 -9.34 -9.34 2.92 6.12
2014年
3月
3.85 8.80 8.93 5.60 3.33 -13.89 -13.89 -0.00 3.85 8.38

 

営業利益率は6.4%→10.1%と改善しているものの、ウェブメディア系企業としては低めの数字となっています。
(ウェブメディアを運営している企業は営利率:20~30%が平均的)

また、売上、粗利、営利共に前期よりも増加しているものの、特別損失が7期で0.35億円、8期で5.03億円と膨らんでしまっています。
売上が6億の会社で特損が5億はかなり厳しい状況。
8期には保証損失引当金として9,500万円計上されているのも気になります。

この記事を読んだ人がよく見ています

2017/08/08 企業分析

同じカテゴリの記事

C Channelの企業分析_純利益・ROE・ROAなど

LINEの前代表取締役社長の森川亮氏が代表を務めるC Channelの決算公告です。 森川氏は筑波大学卒→日テレ→青学MBA→ソニー→ハンゲーム(NHN)というキャリアを歩まれ、2011年にLINEの立ち上げ、2015年3…

叡山電鉄の企業分析_純利益・ROE・ROAなど

京都北部を走る叡山電鉄「叡電」の決算公告です。 叡電は京都大学の最寄り駅「出町柳駅」から貴船神社・鞍馬方面へ続いています。 2009年にヒットしたアニメ「けいおん!」は京都が舞台で、アニメの中にも度々叡電が登場しています…

株式会社ポケモンの企業分析_純利益・ROE・ROAなど

みなさんも子供の頃にポケモンのアニメを見たりゲームをした経験もあるのではないでしょうか?株式会社ポケモンの決算公告です。 株式会社ポケモンは、ゲームソフト事業(ゲームのプロデュース・販売)、カードゲーム事業(ポケモンカード…

みずほ総合研究所の企業分析_売上・営利・純利益など

みずほフィナンシャルグループのシンクタンク、みずほ総合研究所の決算公告です。 みずほ総合研究所は、第一勧銀総合研究所と日本興業銀行の調査部門が統合し2002年4月に発足し、その後 2002年10月に富士総合研究所のシンクタ…

アニプレックスの企業分析_純利益・ROE・ROAなど

アニメ配信を行っているアニプレックスの決算公告です。 アニプレックスは1995年に株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが出資していた、株式会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメントの制作事業本部として発足し、20…

  就活体験記記入キャンペーン