キャリアを考える人のための就職情報ナビ

みんかぶの企業分析_売上・営利・純利益など

株式投資の情報サイトを運営している「みんかぶ」の決算公告です。
7期、8期合わせての掲載がされており、本日付で減資を告示しています。

株式会社みんかぶ

平成26年3月31日 第8期決算公告
利益剰余金 -13.88億円
売上 6.15億円
営業利益 0.62億円
特別損失 5.03億円
当期純利益 -4.55億円

役職員数 40名 (2014年8月現在 会社概要より)

みんかぶ_20150225

みんかぶ_8_20150225

 

みんかぶの業績分析

損益計算書

決算期 売上
[億円]
粗利
[億円]
営利
[億円]
当期純利益
[億円]
粗利率 営利率 当期純利益率 特別損失
[億円]
従業員数
2013年3月 4.62 3.09 0.30 -0.09 67.0% 6.43% -2.0% 0.35
2014年3月 6.15 4.11 0.62 -4.55 66.9% 10.1% -74.0% 5.03 40

 

貸借対照表(負債[億円])

決算期 流動負債 (保証損失
引当金)
固定負債 負債合計
2013年3月 1.70 1.50 3.20
2014年3月 1.99 0.95 2.55 4.53

 

(純資産[億円])

決算期 株主資本 資本金 資本剰余金 資本準備金 その他
資本剰余金
利益剰余金 その他
利益剰余金
有価証券
評価差額金
純資産
合計
負債
純資産
合計
2013年
3月
2.92 6.06 6.20 2.86 3.33 -9.34 -9.34 2.92 6.12
2014年
3月
3.85 8.80 8.93 5.60 3.33 -13.89 -13.89 -0.00 3.85 8.38

 

営業利益率は6.4%→10.1%と改善しているものの、ウェブメディア系企業としては低めの数字となっています。
(ウェブメディアを運営している企業は営利率:20~30%が平均的)

また、売上、粗利、営利共に前期よりも増加しているものの、特別損失が7期で0.35億円、8期で5.03億円と膨らんでしまっています。
売上が6億の会社で特損が5億はかなり厳しい状況。
8期には保証損失引当金として9,500万円計上されているのも気になります。

この記事を読んだ人がよく見ています

2017/08/08 企業分析

同じカテゴリの記事

エスキュービズムの企業分析_純利益・ROE・ROAなど

就活生向けにインターンなども実施しているエスキュービズムが、本体とグループ会社との合併にともない決算公告を発表しました。 発表された決算公告は下記の3社です。 株式会社エスキュービズム・グローバルリテイリング 事業内容:家…

IR情報からみる三菱商事の企業分析

総合商社に売上首位のの三菱商事についてIR情報から企業分析をしていきましょう。 巷では、商社は配属リスクがある、入社したら一生安泰といったイメージがありますが、それらについてホントなのか検証してきましょう。 三井物産…

横浜DeNAベイスターズの企業分析_純利益・ROE・ROAなど

プロ野球団の横浜DeNAベイスターズの決算公告です。 株式会社横浜DeNAベイスターズ 平成26年12月31日 第62期決算公告 利益剰余金 -900万円 当期純利益 -3500万円   …

リアルワールドの企業分析 _売上・営利・純利益など

新規上場ベンチャーの「リアルワールド」の業績について ※数値には万全を期しておりますが、誤記載などの可能性がありますので、投資などの意思決定をする際は元データをご参照ください。 http://www.jpx.co.jp/list…

福助の企業分析_売上・営利・純利益など

足袋やストッキングのメーカーとして知られている福助の決算公告です。 私は大学の部活で足袋を使っていたので福助製品を買ったことがありますが、男性で福助の製品に関わる人は今はかなり少ないのかと思います。 1882年創業の会社…

  就活体験記記入キャンペーン