キャリアを考える人のための就職情報ナビ

採用選考体験記 ビジネスコンサルタント

  • 18卒
  • 最終面接参加

アクセンチュアの18卒採用選考(ビジネスコンサルタント)について、実際に最終面接した方の選考体験記をご紹介。
「発言の回数よりも、重要なことを指摘できている人が評価されたのではないかと感じました。そのため、しっかりと内容と自分の役割を理解したうえでディスカッションを進められたことが良かったと思います。」との情報が集まっています。

協力いただいた方の情報

卒業年度 18卒
大学所在地 関西
文理 文系
学部 経済学部
性別
TOEIC点数 810点
取得資格 簿記2級
志望業界・企業 コンサルティング業界
選考フェーズ 最終面接
特別選考の有無 通常選考

選考情報

企業名 アクセンチュア
応募職種 ビジネスコンサルタント

選考フロー

選考フロー 会社説明会→ES+WEBテスト→GD→1次面接(個人面接)→2次面接(個人面接)

ES

ESの設問 「アクセンチュアの未来に必要なDNA」のうち最も共感しているものはどれか。またその理由を教えてください。

どのような軸で就職活動を行っているか。

ビジネスコンサルタントを志望する理由を教えてください。

アクセンチュアのプラットフォームを活かして実現したいことは何か。

ES記入時に留意した点 結論をはじめに書くように心掛けて記入しました。また、読む側のことも考えて読みやすい文章になるように(結論→具体例→詳細)の順番に記入しました。ESを作成する際には論理立てて文章を書くようにすることが大切だと思います。
締切日 2月中旬
結果連絡 3日後メールで連絡

筆記試験・WEBテスト

筆記試験の有無 あり
形式 玉手箱
試験のについて 難しい、難しい上高得点を取らなければいけないためしっかりと対策をしておく必要があります。
試験日時 2月中旬
結果連絡 3日後メールで連絡

対策本:

面接

1次面接

形式 グループディスカッション
会場 大阪
日時 2月下旬
面接官人数 1人
面接官の役職 現場コンサルタント
学生人数 5人
時間 1時間ほど
GDのテーマ 出版業界の売上を上げるにはどうすればいいのか
進め方や与えられた資料の有無 はじめに面接官からお題が提示されそれについて全員でディスカッションする形
どんなことを評価していたか 発言の回数よりも、重要なことを指摘できている人が評価されたのではないかと感じました。そのため、しっかりと内容と自分の役割を理解したうえでディスカッションを進められたことが良かったと思います。
選考の雰囲気 和やかで話やすい雰囲気の中でグループディスカッションが進んでいきました。面接官も厳しい指摘などはなくディスカッションを見守っている感じでした。
その他補足事項 ケース対策はしっかりとしておくべきです。
結果連絡 1週間以内にメールで連絡

2次面接

形式 個人面接
会場 大阪
日時 3月上旬
面接官人数 1人
面接官の役職 現場コンサルタント
学生人数 1人
時間 30分
面接全体の流れ 面接官自己紹介→質問
面接の質問内容 1. なぜコンサルタントになりたいのか。

2. その中でアクセンチュアを選んだ理由はなにか。

3.ケース問題あり(デパートの売上向上のための策を考えよ)

それについて議論

4.ITについての知識も必要になるがプログラミングなどに抵抗はないか

5.学生時代頑張ったことは何か

6.なぜそれを頑張ったのか

どんなことを評価していたか コンサルタントに向いているのか人柄、考え方を見られていたのではないかと思います。

コンサルタントは相手企業に常駐して働くため人間関係をうまく作る必要があると思います。多くの人と関わりながら物事を進められる性格かどうかということを見られていたと思います。

選考の雰囲気 ある程度指摘を受けることはありましたが決して圧迫だと感じることはありませんでした。その点を面接官も注意されているのではないかと思います。
その他補足事項 ケース問題について1対1で議論するのでしっかりと対策をしておくべきです。
結果連絡 その場で合格通知

最終面接

形式 個人面接
会場 東京本社
日時 3月下旬
面接官人数 1人
面接官の役職 おそらくパートナークラス
学生人数 1人
時間 30分ほど
面接全体の流れ 面接官自己紹介→質問→逆質問
面接の質問内容 1. なぜコンサルタントになりたいのか。

2. なぜアクセンチュアがいいのか。

3.他の外資コンサルとアクセンチュアの違いは何だと思うか。

4.他にどういう企業・業界をうけているのか

5.うちが内定をだしたら来てくれるか

6.コンサルは激務だと言われるがその点についてはどう考えているか

逆質問で聞いたこと ・なぜアクセンチュアに入社されたのですか
・今までで印象に残っているプロジェクトは何か
どんなことを評価していたか 一貫性をもって話すように心掛けましたが面接官の方があまりしっくりきていないような感じでした。特に何か言ったわけでもない感じだったのですが、もしかしたらアクセンチュアに合わないと思われたのではないかと思います。
選考の雰囲気 非常にリラックスさせてくれた印象でした。面接官の方も「緊張しないで楽しく話しましょう」と言ってくれものすごく楽に面接に挑むことができました。
その他補足事項 なぜコンサルか。なぜアクセンチュアかということに加え、自分がコンサルタントに向いているということをしっかりアピールする必要があると思います。
結果連絡 メールで落選連絡

企業研究

OB訪問を実施したか いいえ
参考図書 『過去問で鍛える地頭力』大石 哲之
外資コンサルはケース問題が多くあるためこれをもとにしっかり対策をしてから選考に挑むべきです。
その他参考にしたもの 会社説明会に参加。また、OBOGが行うワークショップにも参加し実際の仕事はどのようなものなのかイメージをつかむようにしました。

同じカテゴリの記事

【17卒採用選考】明治安田生命のES・面接の選考体験記 総合職地域型

明治安田生命の17卒採用選考(総合職地域型)について、実際に最終面接に参加した方の選考体験記をご紹介。 「集中力を切らさずに議論に参加し続けることができるかと、協調性を見ていると人事の方が仰っていた。発現量や発言内容よりも、わ…

【17卒採用選考】ゴールドマンサックスのES・面接の選考体験記 投資銀行部門

世界最大級の投資銀行であるゴールドマン・サックスの17卒本採用選考(投資銀行部門)です。 協力いただいた方の情報 卒業年度 17年卒 選考フェーズ GD参加 選考フロー …

【19卒採用選考】伊藤忠テクノソリューションズのES通過例_内定 総合職

【18卒インターン】豊田合成のES・面接の選考体験記 冬インターン1週間

豊田合成の18卒インターン選考(冬インターン1週間)について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。 「私は、そこまで参加をお勧めしない。1週間あるなら、他にもいろんな会社のインターンに参加できたのではないかと、今で…

【17卒採用選考】東急のES通過例_最終面接参加 総合職事務系

  就活体験記記入キャンペーン