定量的な企業分析の方法~IR情報から企業のビジネスを読み解く

企業を分析するにあたって皆さんは2種類の情報を得ることができる、

  1. 採用向け情報: 会社説明会、採用パンフレット、採用WEBサイト、OB訪問など
  2. 投資家向け情報: 有価証券報告書、株主説明会資料など

一般的に就活生が目にするのは 1. の採用向けの情報になります。どの会社も自分の会社に魅力を感じてもらえるよう力を入れているのでわかりやすく、会社の雰囲気も伝わりやすくしてあります。

ただし、学生さんがビジネスに関する知識や理解する力が足りない場合が多く、なかなかその会社のビジネスについて書かれておらず、「会社のビジョン」や「社風」といったふわっとしたことしか伝えられない。
また、企業としても就活生はお客さんになるので、嘘は付かないまでも、会社を良く見せようとすることは当然としてありえる。

一方、2.  の投資家向け情報は一見とっつきにくい反面、投資家向けにキチンと書かれているので、ファクトを集めるには良い材料になる。

IR情報のどこを見るべきか

IR情報と言っても様々な情報が含まれる。すべて参考になる情報がたくさん含まれているが、いきなり文字ばかりで100ページ近くある有価証券報告書を見るのは、慣れていない人にとっては苦痛かもしれない。はじめは株主向け説明会資料などがとっつきやすいので見てみよう(株主へのプレゼンスライドがPDFになっています)

IRページの「IRライブラリ」から見ていくと株主向け説明会資料にたどり着くはずである。
企業の情報は四半期(3ヶ月に1度)と通年(1年間)の物がある。基本的に通年のものが詳細に記されているのでそちらを確認しよう。

IRに置いてはPL(損益計算書)、BS(貸借対照表)の2点について見ていくと良い。

損益計算書の見方(入門編)

IR情報についても様々な見方ができるが、まずは損益計算書を見てみよう
指標としては様々なものがあるが一旦下記のものを抑えておくと良い。

 

売上:企業の提供した価値の総体の大きさ
売上総利益(粗利):その企業の付加価値の大きさ
営業利益:その企業の本業での経営力

一人あたり粗利(粗利/従業員数):従業員一人がどれだけの粗利を生み出しているか(=付加価値をつけているか)
労働分配率(人件費/粗利):粗利に占める人件費の割合(付加価値を作るのにどれくらいの人件費がかかるか)

損益計算書から見る業界の分析

IRの情報をまとめると業界ごとの特色が出てくる。

例えば商社であれば粗利率が5%~10%程度である一方、ITのメディアの会社は9割を超えるところもある。

業界によっての特徴がつかめるのではないでしょうか。

IR_list_1

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

2015/06/07 企業分析

同じカテゴリの記事

新規上場ベンチャーの業績比較

新規上場ベンチャーの「フリークアウト」「みんなのウェディング」「レアジョブ」について業績などの比較 ※数値には万全を期しておりますが、誤記載などの可能性がありますので、投資などの意思決定をする際は元データをご参照ください。…

IR情報からみるリクルートの企業分析

人材派遣、人材募集、マーケティングの事業を展開するリクルートについてIR情報から企業分析をしていきましょう。 1. リクルートの業績推移 まずはリクルートホールディングスの業績の推移を見てみましょう。10年前は売上が4,00…

IR情報からみるMRIの企業分析

コンサル、シンクタンク、SIerの顔を持つMRI(三菱総合研究所)について 会社全体の情報をはじめ、セグメント別情報からビジネスモデルを推測する。 ※情報は2014年3月現在のものであり、今後変化する可能性があります。 …

IRから読み解く7大商社-業界分析

総合商社7社についてIR情報から分析していきましょう。 三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅、双日、豊田通商のIR資料のうち、売上、粗利、営利などのデータをまとめた。 各社の業績を知る 三菱商事の業績 …

IR情報からみる三菱商事の企業分析

総合商社に売上首位のの三菱商事についてIR情報から企業分析をしていきましょう。 巷では、商社は配属リスクがある、入社したら一生安泰といったイメージがありますが、それらについてホントなのか検証してきましょう。 三井物産…

  長期インターンシップ
  就活体験記記入キャンペーン