キャリアを考える人のための就職情報ナビ

インターン選考体験記 ミドルオフィス・オペレーションズ部門

  • 17卒
  • インターン参加

ニューヨーク州に本社を置くJPモルガン(J.P. Morgan)の17卒インターン選考(ミドルオフィス・オペレーションズ部門)の体験記です。

協力いただいた方の情報

卒業年度 17年卒
文理 文系
学部 経済学部
志望業界 外資金融業界
選考フェーズ インターン参加

インターン概要

部門 ミドルオフィス・オペレーションズ部門
インターン日数 3日間
開催時期 8月中旬~下旬にかけて
インターン報酬 報酬はありませんが、関東圏外の学生は交通費と宿泊費が支給されます。

インターン選考情報

選考の全体像

選考フロー ES→Webテスト→一次面接→インターン参加

ES

ES設問 1.応募理由(日本語・400字)
2.自分のアピールポイントについて(日本語・400字)
3.失敗や挫折から学んだこと(英語・800字)
注意した点 一度で読んで理解できる文章を心がけました。採用チームの方は私がどういう人間なのか全く知らない方ばかりなので、このESから少しでも私の人間像を理解していただけるような分かりやすさと、面接に呼びたい!と思ってもらえるような中身の濃さやユニークさのあるESになるようにしました。
ESの締切日 7月1日
結果連絡 一週間後

Webテスト・筆記試験

筆記試験の有無 あり
形式 玉手箱
計算問題はかなり数が多く難しい。スピードに自信がない場合は事前の対策が求められる。
試験日時 6月下旬
結果連絡 ES締切後、2週間後くらい

対策本はこちらから:

1次面接

形式 個人面接(遠方にいたため電話で)
会場 自宅
日時 8月上旬
面接官人数 2名
面接官の役職 採用担当者
学生人数 1名
時間 30分
面接全体の流れ 面接官からの自己紹介→学生自己紹介→質問→逆質問
面接での質問内容 1. 志望理由について述べてください。
2. 学生生活で一番頑張ったことは何ですか?
3. ESに書いた内容についての深堀り
4. (英語で) 企業や仕事を選ぶ際に大切にしていることはなんですか?
逆質問で聞いたこと ・普段のお仕事で大切にされていること(モットーなど)は何か
・一番大変な仕事ORやりがいを感じる仕事は何か
面接で評価していたこと 全体的には質問にきちんと答えているかどうか。つまり質問に対して直球の回答をしているかどうか見られていたと思います。

また英語の質問では、どれだけうまく話せるかではなく、「どれだけ話そうとする意欲を持っていたか」を見ていたとインターンの際に社員さんが教えてくれました。

選考の雰囲気 電話だったので相手の顔や反応が分からず、雰囲気をつかみづらかったが、逆質問では丁寧に答えていただいたので、圧迫されてる雰囲気ではなかった。
結果連絡 当日中

実際のインターン情報

インターンシップの参加者

学生の参加人数 15名
学生の出身大学 東京大学、慶応義塾大学、早稲田大学、上智大学、お茶の水大学など。半数近くを慶応生が占めていました。
参加社員の人数 全日程で15名ほど

インターンシップの内容

スケジュール 全体で3日間ありました。

初日は会社説明の後アイスブレーキングや仕事内容についての講義があり、二日目はグループディスカッション・グループワークやオフィスツアーがありました。三日目は学んだことを基にプレゼンを行いました。

内容 オペレーショナルリスクを理解するというテーマで、三日間社員さんからのレクチャーやテーマに沿ったグループワーク/グループディスカッションを行いました。

会議室で行われましたが、常に室内には複数の社員さんがいらっしゃり、分からない点については質問するとその都度丁寧に教えてくださいました。昼食もご一緒させていただく機会があり、社員さんや仕事、会社への理解を深めるチャンスが沢山ありました。

最終日のプレゼンでは役員の方もいらっしゃり、社員さん十数名の前で発表を行い、質疑応答とフィードバックを受けました。

社員からのフィードバック プレゼン準備の時間にはメンターさんがついてくれました。基本的に進め方は自由だったのですが、疑問点があればすぐに教えてくださいました。
社員との接点 社員さんとランチをする機会がありました。
成果の発表 提示されたお題についてのプレゼンがありました。社員さんは十数名いらっしゃり、グループの発表が終わるたびに質疑応答やフィードバックを受けました。役職はベテランの方から若手まで様々でした。

インターンシップを振り返って

どんな学生が活躍していたか チームワークが多かったので、リーダーシップを発揮して場を引っ張ることができる学生や、積極的に自分の意見を発表したり質問する学生が全体をリードしていました。また、経済学部の学生や金融業界に関する知識を持った学生が、分からない学生をフォローしたりするなどして活躍していました。
参加する上で身につけておくべきスキルや知識 オペレーションズという部署は、投資銀行部門などのフロントオフィスに比べて仕事内容が分かりづらく、調べてもなかなか情報を得づらい部署です。

ですので身につけておくべきスキル等はないかと思いますが、最低限金融業界への知識と興味や好奇心、そして積極的に学ぶ姿勢を忘れないで参加してほしいなと思います。

感想 普段どのような仕事をしているのか、どのような人材が求められているかが分かり、勉強になった。外資系金融機関の中ではワークライフバランスが確立されている印象があり、女性やママさんの社員さんも多かったのが意外だった。

企業研究

OB訪問をしたか いいえ
参考図書 『外資系内定マニュアル―金融・コンサルティング会社への道』
外資系企業内定者グループ業界研究にも役立ちましたし、この一冊で十分就活に対応できると思います。外資系の就活についてはなかなか情報を得るのが難しいですが、体験談も載っているのでとても参考になりました。外資系に進みたい学生の皆さんにはオススメの一冊です。

参考図書はこちらから:

J.P.モルガンの選考体験記一覧

採用選考

インターン

通過ES

業界ランキング

純利益

同じ業界の企業一覧

同じカテゴリの記事

【17卒採用選考】KDDIのES通過例_内定 総合職(営業系)

【18卒インターン】東急(東京急行電鉄)のES通過例_インターン参加 総合職/冬期インターン

【17卒採用選考】アストモスエネルギーのES通過例_内定 総合職

【17卒インターン】PwCのES・面接の選考体験記 コンサルティング部門

ロンドンに本拠地を置く外資系コンサルティングファーム、PwC(プライスウォーターハウスクーパース)のインターン選考(コンサルティング部門)の体験記です。 協力いただいた方の情報 卒業年度 17年卒 大…

【18卒採用選考】商工組合中央金庫のES・面接の選考体験記 総合職

商工組合中央金庫の18卒採用選考(総合職)について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。 「ここで評価していたのは銀行に興味があるのかどうかというところだと思います。ただほかに銀行に全く興味がない人でも通っている人はいたので…

  就活体験記記入キャンペーン

まだデータがありません。

まだデータがありません。