大日本印刷
大日本印刷

広告・マスコミ業界/出版・印刷

【17卒インターン】大日本印刷のES・面接の選考体験記 ウィンターインターンシップ総合職事務系(3Days)

世界最大規模の総合印刷会社である大日本印刷の17卒インターン選考(ウィンターインターンシップ総合職事務系)の体験記です。

協力いただいた方の情報

卒業年度 17年卒
選考フェーズ インターン参加

インターン概要

部門 ウィンターインターンシップ総合職事務系(3Days)
インターン日数 3日間
開催時期 2月
インターン報酬 あり 交通費支給(1日1000円)

インターン選考情報

選考の全体像

選考フロー ES、WEBテスト→GD→インターン参加

ES

ES設問 1.学生時代に頑張ったこと(400文字)

2.インターンシップを志望した理由(400文字)

注意した点 相手が読みやすいように、分かりやすい言葉で書くようにしました。目を引くように、見出しを付けるなど工夫しました。部分的に箇条書きにして、伝えたいポイントを強調しました。文字数いっぱいに描くようにしました。
ESの締切日 1月中旬
結果連絡 1月中旬

Webテスト・筆記試験

筆記試験の有無 あり
形式 TG-WEB
かなり難しいです。形式に慣れておく必要があると感じました。
試験日時 1月中旬
結果連絡 1月中旬

対策本はこちらから:

1次面接

形式 グループディスカッション
会場 東京
日時 1月下旬
面接官人数 1名
面接官の役職 人事インターンシップ担当
学生人数 6名
時間 1時間程度
面接全体の流れ 自己紹介→ディスカッション→発表→フィードバック
GDのテーマ 良い先生の条件3つ
進め方、与えられた資料の有無 始め自己紹介と最近はまっていることを発表、面接官からテーマと用紙とペンを渡されたら時間まで自由に使って良い、最後5分で発表
どんなことを評価していたか 同じグループの人たちへの気配りや議論へ積極的に参加する姿勢を評価していただきました。
選考の雰囲気 和やかな雰囲気だった。ディスカッションに参加していた学生も落ち着いている人が多かった。
結果連絡 1月下旬

実際のインターン情報

インターンシップの参加者

学生の参加人数 私が参加した回は36名でした。計5回あったので、全体で180名程度参加していると思われます。
学生の出身大学 旧帝大、早慶、MARCHが中心でした。
参加社員の人数 常にいらっしゃったのは2名。ワーク内容によってはさらに5名程度いらっしゃったこともありました。

インターンシップの内容

スケジュール 3日間。1日目は社内見学とグループワーク、2日目は社員さんの講演とグループワーク、3日目はグループワークと発表を行いました。
内容 「未来のあたりまえをつくる」のテーマでグループワークと発表を行いました。

ワーク内容は非常にしっかりしていて、仕上げるためには残って仕事をしたり、インターンシップ外の時間を使う必要がありました。人事の方が非常にフレンドリーで、困っているときにはヒントを与えてくださりました。

社員からのフィードバック 実際にビジネスになるかどうかなど、社員の方からのフィードバックがありました。
成果の発表 グループ発表の評価を順位付けされ、1位のグループにはDNペンギンの景品が渡されていました。実際に営業で活躍されている社員の方など、10名程度いらっしゃいました。

インターンシップを振り返って

どんな学生が活躍していたか 明るく活発で、素直に話を聞ける人が活躍していたように思います。臆することなく議論に参加し自分の意見も言うけれど、人の話も聞ける人が多かったです。体育会の部活などで活躍している人も多くいたように感じました。
参加する上で身につけておくべきスキルや知識 資格や特別なスキル、知識は必要ないと思います。印刷業界や印刷会社について全く知らないで参加している人もいました。DNPのインターンはグループワークが中心なので、周囲の人とうまくやっていける力があればよいと思います。

企業研究

OB訪問をしたか いいえ
参考図書 『図解入門業界研究 最新印刷業界の動向とカラクリがよーくわかる本』中村恵二

印刷業界の今後について詳しく書かれています。業界地図のようにもなっているので、企業を比較する際に役立ちました。

参考図書はこちらから:

選考通過のための参考記事

「学生時代に頑張ったこと」で差をつける6ステップ
「学生時代に力を入れたこと」を伝える6ステップと他の就活生との差別化テクニックをご紹介。ポイントを踏まえて伝えることで面接官の知りたいことをわかりやすく伝えることができます。「部活・サークル」「研究・勉強」「バイト」のパターン別に注意点を徹底解説
自分探し厳禁!自分の強みを見つける方法
ESや面接で聞かれる「自身の強み」について企業・人事の立場に立ってどのようにアピールしていけばよいのか。自己分析などの自分探しの旅に出ずに自信の魅力について伝える方法をご紹介。
志望動機を考えるの2つの要素~失敗しない志望理由の書き方
面接やESで求められる志望動機。そもそも企業は何故志望動機を確認するのかといった背景から、実際に志望動機を書くためのテクニックをご紹介。ポイントは「あなたのビジョンを明確にすること」と「企業のビジョンを理解すること」の2つです。

この記事を読んだ人がよく見ています

この記事が役に立ったらシェアしてください

同じカテゴリの記事

【18卒インターン】三菱東京UFJ銀行のES・面接の選考体験記 夏インターン5日間

三菱東京UFJ銀行の18卒インターン選考(夏インターン5日間)について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。 「文章として読みやすくなっていることに注意しました。例えば最初に結論を持ってきてそのあとに理由を述べるな…

【18卒採用選考】サントリーホールディングスのES通過例_面接参加 総合職

【18卒採用選考】新日鉄住金ソリューションズのES・面接の選考体験記 SE

新日鉄住金ソリューションズの18卒採用選考(SE)について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。 「企業研究をよくしたことを評価してもらったと思っている。JM1回目は逆質問がメインだったが、企業研究をしていないと逆質問も浮か…

【18卒採用選考】構造計画研究所のES通過例_内定 コンサルタント

【17卒インターン】博報堂のES通過例_インターン選考通過 総合職

  就活体験記記入キャンペーン