キャリアを考える人のための就職情報ナビ

アビームコンサルティングの企業分析_売上・営利・純利益など

日系のコンサルティング企業、アビームコンサルティングの決算公告です。

アビームコンサルティングは監査法人トーマツから派生しており、以前はデロイト トーマツ コンサルティング株式会社として会計系のシステム導入のコンサル(会計系コンサル)として活動していました。その後、アメリカでのエンロン事件をきっかけに監査法人との資本関係を解消し、アビームコンサルティングとして独立しています。したがって、現在のデロイトトーマツコンサルティングとアビームコンサルティングは関係がありません。

2015年2月にNECとの簡易株式交換によりNECの完全子会社となっています。

アビームコンサルティング株式会社の業績

決算期 売上
[億円]
粗利
[億円]
営利
[億円]
経常利益
[億円]
当期純利益
[億円]
粗利率 営利率 経常
利益率
当期
純利益率
2015年3月 456.2 150.5 44.9 47.8 14.32 33.0% 9.8% 10.5% 3.1%
総資産
[億円]
株主資本
[億円]
利益剰余金
[億円]
株主資本
比率
ROE ROA
371.8 157.3 82.8 42.3% 9.1% 3.9%

売上456億円、営業利益45億円となっています。利益率は粗利率が33%、営利率は9.8%となっています。
その他のITコンサル企業との比較表は下記のとおりです。

決算期 売上 [億円] 粗利[億円] 営利 [億円] 粗利率 営利率
NTTデータ 2015/3 15,118 3,645 840 24.1% 5.6%
NRI 2015/3 4,060 1,168 515 28.8% 12.7%
MRI 2014/9 874 187 61 21.4% 7.0%
日本タタ
コンサルタンシー
サービシズ
2015/3 566 124 26 21.9% 4.7%
アビーム
コンサルティング
2015/3 456 151 45 33.0% 9.8%

売上高は他企業よりも小さいですが、利益率では上位に位置しています。(粗利率はダントツのトップ)アビームコンサルティング_20150616

この記事を読んだ人がよく見ています

同じカテゴリの記事

IR情報からみる三井物産の企業分析

財閥系総合商社の三井物産についてIR情報から企業分析をしていきましょう。 IR情報を読み解くことで、新卒採用向けの情報には記載されていない配属の可能性やどの事業部が付加価値を生み出しているのかが見えてきます。  …

ティップネスの企業分析_売上・営利・純利益など

スポーツジムを展開しているティップネスの決算公告です。 現在は日本テレビホールディングスの100%子会社となっています。 株式会社ティップネスの業績 決算期 売上 当期純利益 当期 純利益率 …

UZABASE(ユーザベース)の企業分析_純利益・ROE・ROAなど

ユーザー向けのニュースキュレーションサービスのNewsPicksや、企業向けの情報提供サービスのSPEEDAを展開しているUZABASE(ユーザベース)の決算公告です。 ユーザベースは、グロービス・キャピタル・パートナーズ…

IRから読み解く7大商社-業界分析

総合商社7社についてIR情報から分析していきましょう。 三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅、双日、豊田通商のIR資料のうち、売上、粗利、営利などのデータをまとめた。 各社の業績を知る 三菱商事の業績 …

アップフロントグループの企業分析_純利益・ROE・ROAなど

芸能事務所のアップフロントグループの決算公告。 アップフロントグループによるアップフロントエージェンシー、アップフロント関西、アプタス、ディーシーファクトリーの合併広告です。 株式会社アップフロントグループ 平成26年3月…

  就活体験記記入キャンペーン