キャリアを考える人のための就職情報ナビ

アビームコンサルティングの企業分析_売上・営利・純利益など

日系のコンサルティング企業、アビームコンサルティングの決算公告です。

アビームコンサルティングは監査法人トーマツから派生しており、以前はデロイト トーマツ コンサルティング株式会社として会計系のシステム導入のコンサル(会計系コンサル)として活動していました。その後、アメリカでのエンロン事件をきっかけに監査法人との資本関係を解消し、アビームコンサルティングとして独立しています。したがって、現在のデロイトトーマツコンサルティングとアビームコンサルティングは関係がありません。

2015年2月にNECとの簡易株式交換によりNECの完全子会社となっています。

アビームコンサルティング株式会社の業績

決算期 売上
[億円]
粗利
[億円]
営利
[億円]
経常利益
[億円]
当期純利益
[億円]
粗利率 営利率 経常
利益率
当期
純利益率
2015年3月 456.2 150.5 44.9 47.8 14.32 33.0% 9.8% 10.5% 3.1%
総資産
[億円]
株主資本
[億円]
利益剰余金
[億円]
株主資本
比率
ROE ROA
371.8 157.3 82.8 42.3% 9.1% 3.9%

売上456億円、営業利益45億円となっています。利益率は粗利率が33%、営利率は9.8%となっています。
その他のITコンサル企業との比較表は下記のとおりです。

決算期 売上 [億円] 粗利[億円] 営利 [億円] 粗利率 営利率
NTTデータ 2015/3 15,118 3,645 840 24.1% 5.6%
NRI 2015/3 4,060 1,168 515 28.8% 12.7%
MRI 2014/9 874 187 61 21.4% 7.0%
日本タタ
コンサルタンシー
サービシズ
2015/3 566 124 26 21.9% 4.7%
アビーム
コンサルティング
2015/3 456 151 45 33.0% 9.8%

売上高は他企業よりも小さいですが、利益率では上位に位置しています。(粗利率はダントツのトップ)アビームコンサルティング_20150616

この記事を読んだ人がよく見ています

同じカテゴリの記事

no image

定量的な企業分析の方法~IR情報から企業のビジネスを読み解く

企業を分析するにあたって皆さんは2種類の情報を得ることができる、 採用向け情報: 会社説明会、採用パンフレット、採用WEBサイト、OB訪問など 投資家向け情報: 有価証券報告書、株主説明会資料など 一般的に就活…

ソニーネットワークコミュニケーションズの企業分析 売上,利益,ROEなど

新規上場ベンチャーの業績比較

新規上場ベンチャーの「フリークアウト」「みんなのウェディング」「レアジョブ」について業績などの比較 ※数値には万全を期しておりますが、誤記載などの可能性がありますので、投資などの意思決定をする際は元データをご参照ください。…

プロ野球チームの業界分析_純利益・ROE・ROAなど

今回は各プロ野球チームについて、球場から離れて経営業績で比較していきましょう。 決算告示がなされているのは、広島東洋カープ、横浜DeNAベイスターズ、東京ヤクルトスワローズ、北海道日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズ…

モルガン・スタンレー グループ会社の企業分析_売上・営利・純利益など

外資系投資銀行のモルガン・スタンレーにはいくつかのグループ会社がありますが、その中で「モルガン・スタンレー・キャピタル・グループ」「モルガン・スタンレー・グループ」「モルガン・スタンレー・ビジネス・グループ」の3社について決算公…

  就活体験記記入キャンペーン