キャリアを考える人のための就職情報ナビ

アニプレックスの企業分析_純利益・ROE・ROAなど

アニメ配信を行っているアニプレックスの決算公告です。

アニプレックスは1995年に株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが出資していた、株式会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメントの制作事業本部として発足し、2003年にアニプレックスと社名を変更しています。
(個人的にアニプレックスは「かみちゅ」や「まどか☆マギカ」のイメージが強いですね。)

また、2005年にはアニメ制作会社A-1 Picturesを立ち上げています。

アニプレックスの業績

決算期 当期
純利益
[億円]
流動
資産
[億円]
固定
資産
[億円]
総資産
[億円]
流動
負債
[億円]
固定
負債
[億円]
株主
資本
[億円]
利益
剰余金
[億円]
株主
資本
比率
ROE ROA
2015年3月 38.69 233.61 16.78 250.39 79.82 0.56 170.11 129.20 68% 22.7% 15.5%

当期純利益は38.7億円、ROEは22.7%とかなりの高水準。
利益剰余金が130億円近くあり、資産の90%以上が流動資産を占めるキャッシュリッチな状態。

賞与引当金が3.01億円ありますが、会社概要によると社員数は80名とのことですので、単純に割って計算しても377万円になります。(そもそも80名の会社で純利益38.7億円という数字が驚異的です)

子会社のA-1 Picturesは2014年のブラック企業大賞の業界賞となっていますが、アニプレックスの方はかなり待遇は良さそうです。

アニプレックス_20150706

この記事を読んだ人がよく見ています

2017/08/08 企業分析

同じカテゴリの記事

東京大学エッジキャピタルの企業分析 純利益,ROEなど

ドコモ・アニメストアの企業分析_売上・営利・純利益など

アニメ配信会社ドコモ・アニメストアの決算公告です。 アニメ1,300作品が月額400円で見放題というサービスを展開しており、NTTドコモが60%、角川書店が40%の出資により設立されています。角川書店はドコモ・アニメストア…

三省堂書店の企業分析_売上・営利・純利益など

大型書店の三省堂書店の決算公告です。 Amazonの台頭により書店は苦戦を強いられていますが、今回も三省堂書店だけでなく本屋業界全体も見て行きたいと思います。 株式会社三省堂書店 平成26年8月31日 第86期決算公告 …

プロ野球チームの業界分析_純利益・ROE・ROAなど

今回は各プロ野球チームについて、球場から離れて経営業績で比較していきましょう。 決算告示がなされているのは、広島東洋カープ、横浜DeNAベイスターズ、東京ヤクルトスワローズ、北海道日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズ…

プロントの企業分析_売上・営利・純利益など

PRONTO・CAFE SOLARE・PRONTO IL BARなどの喫茶店チェーンを展開しているプロントコーポレーションの決算公告です。 株式会社プロントコーポレーション 平成26年12月31日 第28期決算公告 利益剰…

  就活体験記記入キャンペーン