キャリアを考える人のための就職情報ナビ

インターン選考体験記 冬インターン 5日間

  • 17卒
  • インターン参加

NTT東日本の17卒インターン選考(冬インターンシップ)について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。
「設問がひとつだけなので、インパクトがあって目に止まるような内容でなければならないと考えた。私は映像制作などを学生時代にやっており、コンテストでも賞をいただいていたのでそれを記入した。マスコミ系だとそういう学生は多いと思うが、こういった通信インフラなどであれば真面目な学生が多いと考えて、ひとつ頭が出るかなという作戦を立てたため。」との情報が集まっています。

協力いただいた方の情報

卒業年度 17卒
大学名 明治大学
文理 文系
学部 経営学部
性別
志望業界・企業 通信インフラ、ITベンチャー、広告
選考フェーズ インターン参加

インターン概要

企業名 NTT東日本
インターン名称 冬インターンシップ
インターン日数 4日間+1日間
開催時期 12月中旬と翌年の4月下旬
インターン報酬 なし

選考フロー

選考フロー ES提出のみ。設問もひとつだけなので、手軽に参加はできるものの通過率は低い。

ES

ESの設問 【設問】これだけは誰にも負けないと自負できる取り組みは?(400文字)
ES記入時に留意した点 設問がひとつだけなので、インパクトがあって目に止まるような内容でなければならないと考えた。私は映像制作などを学生時代にやっており、コンテストでも賞をいただいていたのでそれを記入した。

マスコミ系だとそういう学生は多いと思うが、こういった通信インフラなどであれば真面目な学生が多いと考えて、ひとつ頭が出るかなという作戦を立てたため。

締切日 10月下旬
結果連絡 2週間後

筆記試験・WEBテスト

筆記試験の有無 なし

面接

面接の有無 なし

実際のインターン情報

インターン参加者

参加学生の人数 40人ほど
学生の出身大学 MARCHレベル以上、早慶上智。MARCH7割、早慶上智2割、国立1割。
参加社員の人数 5名

インターンの内容

スケジュール 全体で5日間。まず年末に4日間あり、年明けの4月に1日間あった。

1日目は企業ないし業界説明があり、そこから業界アライアンスによる新規事業立案のグループワーク(6人ほどの規模)に入った。

2日目、3日目はそのワークを進め、4日目にグループごとにプレゼンをし、そのあとに懇親会で立食パーティ。

5日目は年末とは違ったテーマで法人営業の事業立案のグループワークを行った。

内容 年末の4日間では、他の業界とアライアンスを組む形での新規事業立案を提案するグループワークを行った。例えば、実例を出すとCCCと提携しフレッツ光の回線を利用したツタヤTVなど。

最終日に社員の前でプレゼンを行い、1〜3位まで順位をつけられた。人事の方々がフォロワーとして回ってくれているので、そこで進捗具合を報告し、フィードバックを頂く形でワークは進めていた。
翌年4月に行った1日間のものは、法人営業を想定した事業提案のグループワークだった。これも同じように社員の方の前で最終的にはプレゼンを行った。

社員からのフィードバック あった。定期的にグループのワークをみてくれていた人事の方から、個人個人で呼び出す形でひとりずつにフィードバックがあった。おそらくそこでも本採用選考の評価があったと思う。
社員との接点 インターン後に懇親会があった。ちなみにこのインターンでの担当人事の方が本採用選考でのリクルーターもやってくれた。
成果発表の有無 あった。パワポを使用して資料を作成し、1グループ5分ほどで発表を行った。発表をみていた社員は人事4名、課長クラスの現場社員2名だった。

インターンを振り返って

どんな学生が活躍していたか まじめな学生がほとんどなので、自己紹介などでどこかユニークで話し上手な学生が目立っていた。グループワークの中では、ビジネスコンテストに参加したことがあったりそういう思考が得意な学生が目立っていた印象だった。
必要なスキルや知識 身につけておくべきスキルはこれといってありませんが、強いて言うならばゼミの友人などと一緒にビジネスコンテストへ参加しておきましょう。

だいたいのインターンでのワークは「新規事業立案」なので、その思考回路を作っておくためにもビジネスコンテストは最適ですし、面接のネタにもなります。

感想 私はビジネスコンテストに参加していたので、こういった新規事業立案の脳みそができあがっていました。したがって、他の学生よりも頭の回転が比較的はやかったこともあり、チームのハンドリングをすることができたことが、人事から評価されていたとフィードバックで知りました。このインターンで力をつけることも必要ですが、あらかじめ力をつけておいてその力試しをする場としてインターンを利用すると、かなり有意義になるのではないでしょうか。
その他補足事項 もしかすると、就活における面接で「◯◯社でのインターンの経験を話したいからインターンに参加しよう!」などと考えている学生もいるかもしれませんが、それはやめたほうがいいです。インターンに参加するにも「ビジネスコンテストで優勝した」、「部活で全国大会で優勝した」などのネタが必要なのですが、そういったネタを作りましょう。インターンは就活の予行練習、という位置付けで考えた方が良さそうです(もちろん本採用選考に影響があるインターンもありますが)。がんばってください。

企業研究

OB訪問を実施したか いいえ
参考図書 なし

NTT東日本の選考体験記一覧

採用選考

インターン

通過ES

業界ランキング

同じ業界の企業一覧

同じカテゴリの記事

【16卒採用選考】三菱商事のES・面接の選考体験記 総合職

三菱グループの大手総合商社である三菱商事の本採用選考の体験記です。 三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅とあわせて、いわゆる五大商社の一つとなっています。 協力いただいた方の情報 卒業年度 16年卒 …

【18卒インターン】伊藤忠テクノソリューションズのES通過例_インターン参加 冬インターン1日間

【17卒採用選考】JR九州のES通過例_最終面接参加 総合職事務系

【18卒採用選考】読売テレビのES・面接の選考体験記 総合職

読売テレビの18卒採用選考(総合職)について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。 「読売テレビでしたいことは何かをはっきり言えることができていれば通過するのでは。時間も短く、その場で合否を決めているようだったので第一印象が…

【17卒インターン】野村総合研究所(NRI)のES・面接の選考体験記 冬インターン1週間

野村総合研究所の17卒インターン選考(冬インターン1週間)について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。 「GDは自分の考えを持っているかどうか。相手の考えを受け入れることができるか。この2つが大切だと思う」との情…

  就活体験記記入キャンペーン